秘密兵器投入。

工事部 堀野です。

先日年が明けたと思ったら、もう師走。
一年はあっという間ですね。
平成最後のクリスマスまで、あと3週間です。

常駐している保育園の工事もいよいよラストスパート。
メインのホール天井には全て木製のルーバーが設置されるのですが、
取付方法が難点でした。

そこで役に立つのが、現場に立つ大工さんや職人さんの情報です。
餅は餅屋、大工は大工といった具合でしょうか。

「・・・・アレ使えるんじゃない?」

そんな訳で「アレ」が現場に投入されました。
それがこちら。

d0256297_10281597.jpg

「気圧アッパー」というこのマシン。
主に空調機器の設置や重量物の高所への持ち上げに使用されます。
早速現場でテスト。


d0256297_10280750.jpg

コンプレッサーを作動させ、手元のノズルを調整するとアームがスルスルと伸びていきます。
上棟からずっと現場担当していただいた秋山棟梁もご満悦。


d0256297_10275416.jpg


「いいなこれ。会社で買おうよ」

私も同感です。
それはさておき、いよいよ実戦投入です。

今年入社した志村大工と、ベテラン棟梁の共同作業。
微調整しながら、ルーバー材が天井に固定されていきます。



d0256297_10282209.jpg


仕上がった天井がこちら。
照明が付くと、隙間に光が分散して天井全体が柔らかい光に包まれます。
このルーバー材は秋山棟梁の自信作。
最終的な仕上がりは、また後日ご紹介いたします。




d0256297_10274956.jpg


次回もお楽しみに!



[PR]
by aibakouzibu | 2018-12-05 10:00 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

タイル屋さんの技

こんにちは桑山です。

11月に入り寒さもぐっと増してきて、早朝は息も白くなる時期ですね。

先日、担当している現場の玄関の扉を入れ替えるため床のタイルを一部壊したのですが、なかなか同じタイルはないという事で、タイルやさんが今回の改修で見えなくなる部分のタイルを再利用してきれいに張ってくれました。

文章にするとあっという間ですが、とても手間がかかっていて、

まず既存のタイルの剥がし、サンダーを目地に入れて剥がします。
この段階では裏面にモルタルと接着剤がついた状態です。
d0256297_18462885.jpg
次に一枚一枚タイルを割らないように裏に碁盤の目状に切り込みを入れて
d0256297_18463789.jpg
少しずつ裏についたモルタルと接着剤をはがしていきます。
d0256297_18463323.jpg
d0256297_18490797.jpg
d0256297_18491601.jpg

そしてきれいに下地を作りタイル張りの完成です。
d0256297_18462573.jpg
d0256297_18463098.jpg

私も手伝うつもりで、一枚やってみましたが割ってしまってお役御免になりました。
やはり職人さんの技術はすごいです。

次回はメンテナンスリフォーム部の和田さんです。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-11-06 18:49 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

必要な工具

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。
今回は、日々の作業においてなくてはならない工具をご紹介します。
d0256297_18553026.jpg


これは、VVFケーブルストリッパー等と呼ばれる工具です。
屋内配線作業で、エフケーブルをスイッチや電灯、コンセント等に配線したものを
結線作業する際に電線の外装の被服を剥くのに使います。

電工ナイフとペンチを使ってもできるのですが、
この工具を使うとガシャッと一発できれいに決まります。

このストリッパーは2代目になりますが、15年くらいになります。
可動部分が多いので使い始めは動きが硬いのですが、
使いこんできてだいぶ動きが軽くなってきました。
これからも大事に使い続けていきたいと思います。

次回の工事部ブログは渡邉さんです。
ぜひご覧ください。
おたのしみに!!




にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-10-04 19:01 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

畳の切断

こんにちは桑山です。

先日 以前も記事にした畳屋さん に行ってきました。

普段、畳屋さんに持ち込みや引き上げてをしてもらう際は「表替え」と言って中のワラを残して外側のい草を新品に交換する事が多いのですが。

今回は畳をカットするという作業のために持っていきました。

なぜ?カットする事になったかと言いますと。

和室6畳の部屋でリフォームする際に部屋の形状が少し変わるため大きさが合わない畳が1枚出てしまいました。

どうしても大きさが合わないので、先ず考えたのは1枚だけ新しくして、大きさを現況に合わせた畳にしようかという事です。

しかし、そうすると日焼けの具合が変わってしまうので次に考えたのは1枚は新品にして大きさを合わせて残り5枚を「表替え」しようかという事です。

早速畳屋さんに以上の事を相談したら「い草」をそのままにカットが出来るという話を聞き畳を一枚持ち込むことになりました。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本編です。

まず、畳のヘリとい草の糸をほどき芯になっている藁を出していきます。

d0256297_18360915.jpg
次に大きさを合わせて切断です。


d0256297_18362203.jpg
機械で端の部分を縫っていき
畳のヘリを縫って完成です。


d0256297_18362777.jpg
傷んでいない畳だったので、畳1枚のカットで済んで助かりました。

やはり職人さんはすごいです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-09-27 09:21 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

ガス配管工事

こんにちは桑山です。

いよいよ秋到来といった気候で涼しくなってきましたが、平成最後の夏なんだか名残惜しい感じもします。

さて今回は、建築とは深くかかわりつつも普段あまり見ることのない土木の分野ガス配管の引き込みについて書いていきたいと思います。

今回行ったのはプロパンガスから都市ガスへの切り替え工事、都市ガスに切り替えるために道路から敷地内までガス配管を引き込む必要があります。

通常であれば道路と敷地内を掘削してガス配管を埋設といった工程で進むわけですが、今回は配管を通す部分にコンクリートの駐車スペースがあったので、極力補修が少なく済む方法ということで、「穿孔工事」を行いました。

どういった工事かというと、まず道路を通っているガスの本管の辺りを掘削します。
d0256297_18045547.jpg
次にガスメーターをつける敷地内にも穴をあけます。
d0256297_18054195.jpg

ここまでが下準備でここからが本番!
d0256297_18054659.jpg

満を持して登場するのがこの機械「自走式貫孔機」中が空洞になっていてエアの力で中のハンマーが先端部分に衝撃を与えてバネの力でハンマーが後方に戻ってきてまたエアの力で先端に衝撃を加えることを繰り返しグングン前に進んでいきます。

今回は7mの距離でしたが最初に進む角度を∠1°でも間違えると7m進むころには12㎝のズレが生じてしまうので、職人さんの腕の見せ所です。

無事貫通したら細いワイヤーを通して徐々に太い管に変えていき見事貫通です。
d0256297_18060231.jpg




この工事がうまくいかない場合は道路をもっと大きく掘削して配管を行う必要があったので本当にうまくいってよかった!

次回は和田さんです。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-09-12 10:00 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

包むことも仕事です。

工事部 堀野です。

平成最後の夏にやって来た台風21号は、西日本を中心に甚大な被害を残していきました。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い日常への復旧をお祈りします。

昨日は帰宅途中、とあるビル建設現場の足場倒壊を目撃しました。
建設従事者として日常の安全点検・もしもの時に備える重要性と職務の重さを実感させられた帰り道でした。

今日は相羽建設の現場監督、その職務の一つにスポットを当てたお話をしましょう。

当社の現場監督の職務で他社では少ないであろう仕事の一つに、
「造作材」に搬入があります。

主に床の無垢フローリング以外(玄関框・各枠材・巾木等々)は全て当社の加工場にて担当大工が製作している当社では、
各現場担当の監督が自ら造作材を搬入しています。
一般的な工務店では、造作材はメーカー品が圧倒的多数。
問屋などの業者さんが直接現場搬入することが一般的なので驚かれる方も多いと思います。
自分もその一人でした。


d0256297_18365572.jpg

大工さんが丁寧に仕上げた造作材。
それをトラックで運搬するのですが、そんな時に限ってお天気が優れないのが「現場あるある」です。
そんなとき、とあるグッズが重宝します。
それがこちら。

d0256297_18364578.jpg
ラップです。
業務用ですが。

d0256297_18364077.jpg
こう巻いて.......


d0256297_18370172.jpg
はい、一丁上がり!
これから何かと雨の多い季節の変わり目には必需品です。
因みに同一寸法の長物等ならまとめて一気に運べるので、一石二鳥です。
ホームセンターなどで売っていますよ。
気になる方は是非。

次回のブログもお楽しみに!


[PR]
by aibakouzibu | 2018-09-05 19:08 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

こんにちは桑山です。

今週末は台風が迫ってきていますね、備えあれば患いなし。
現場の安全対策をしっかりして週末を迎えたいと思います。

さて、私、相羽建設に入社してかれこれ7年が経ちました。

7年も経つと自分が担当した物件以外にもいろいろお客様のおうちに伺うことが増えていきます。

カーナビがないとなかなかお客様のお宅にたどりつけないのでスマホのグーグルマップをカーナビにして日々訪問をしております。
d0256297_14305096.jpg
四年ほど前から、自分が訪問したお宅をグーグルマップを使ってマークしていくことを始めました。
自分でも何件訪問したのかわからなくなっていますが、黄色は以前訪問したことがあるお宅で、青いほうは直近2年ほどで訪問したお宅です。

登録しておくとメンテナンスが発生した際に素早く駆けつけることができるので重宝しています。

おまけ
d0256297_14304744.jpg
グーグルマップにはいろいろと地図を登録でき、オリジナルでマップを作成することができます。
私は趣味のお城巡り用に現存天守12か所の位置情報を登録したマップを作って活用していました。
旅好きは地図を眺めているだけで妄想が広がるので気をつけないとふらふらと旅に出かけてしまします。

次回はメンテナンスリフォーム部の和田さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-07-26 15:07 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

筋交い(すじかい)

こんにちは桑山です。

早いもので7月に入り梅雨明けも迎え夏真っ盛りかと思えば梅雨のような長雨、ちょっと調子が狂いますね。

さて本題です。

皆さんは「筋交い(すじかい)」というものをご存知でしょうか?

木造の建築では昔から筋交いというものを柱と柱の間に斜めに入れて建物を地震から守っていました。

なぜ筋交いを入れることで地震から家を守ることができるかと言いますと、ちょっと難しい話なのですが。

簡単に説明しますと、柱と柱は土台と梁(はり)で繋がって四角形を形成します。
d0256297_16225175.png
しかしこの四角形、実は不安定です。土台は基礎にしっかり繋がれて固定されている場合、梁に横からの力(地震や風)がかかると歪んでしまいます。
d0256297_16360276.png
さてそこで登場するのが筋交いです。
筋交いを入れることで不安定な四角形から安定した三角形2つを作り出すことが出来て、横からの力に耐えられるようになります。
d0256297_16482777.png

新築の場合はプレカット工場から長さの決まった筋交い材が入ってきますが、リフォームの場合は構造補強で筋交いを足すことがあります。

筋交いは、梁と土台の高さや柱と柱の間隔によって角度が変わります。

そこで登場するのが筋交い用の定規です。
d0256297_16555942.jpg
この定規を筋交いを入れたいところに合わせて固定します。
d0256297_16564588.jpg
この状態で定規を取り外して筋交いになる部材に墨付けをしてカットすると隙間なく筋交いが設置できます。
d0256297_16573104.jpg
新築の現場ではあまり出番のない道具ですが、時短がはかれる便利グッズです。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-07-06 17:01 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

工事部 堀野です。
気がついたら梅雨が明けていましたね。

今年の梅雨の期間(梅雨入りした6月6日から梅雨明け前日の6月28日まで)の日数は23日。
気象庁によれば1978年の記録(6月11日から7月4日まで)に並んで一番の短さとのことです。

梅雨の現場にとって一番の脅威は雨。
一度降り始めたが最後、現場は養生等の作業に追われ工期にも影響が出ます。
自分の担当現場では水中ポンプ3台の臨戦態勢でした。

そしてこれからの季節、現場には新たな脅威がやってきます。
「暑さ」です。

いや暑い。ただただ暑い。分かっていても暑いです。
その暑さは熱中症の原因になります。

d0256297_14424986.jpg
  
 

熱中症を防ぐため、現場では積極的な水分・塩分の補給、日陰等でのこまめな休息等の指示を行なっています。
最近ではこの時期になると「熱中症対策キット」の常備を徹底している工務店・建設会社も少なくありません。
近年、死亡者も増加傾向にある熱中症。
建設現場では普段の安全管理のほか、この時期ならではの見えない敵とも戦っているのです。

d0256297_14500947.jpg

涼しい場所での休憩を指示、と言っても現場にはそんな場所がないことが圧倒的に多いことも事実。
これを書いている間にも「そんな場所無いわ!」という声が聞こえてきます........。

しかし、そんな現場の声に大きな救世主が最近誕生したとのニュースが。
それがこちら!

d0256297_14425613.jpg



大阪市東淀川区のベンチャー企業、クールスマイルが開発した「バケツエアコン」!大きさは直径30センチ、高さ約39センチ。
バケツの中にロックアイスや氷ペットボトル、水1リットルを入れておくと室温30度の環境下で約15度の冷気を噴き出すことが可能だとか。
一切の工事不要。7月18日から東京国際展示場で開催される「猛暑対策展」に出展されるとのことなので、気になる方は要チェックです。

しかしこのバケツエアコン、いいなあ。
担当現場に5つほど欲しい!
気になる値段がまだ未発表なのですごく気になります。

d0256297_14430249.jpg
 
 

明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!








d0157375_19495884.gif



あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-07-03 15:09 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

スマート家電

こんにちは桑山です。

梅雨入りしまして台風も発生して現場監督としてはつらい時期に入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私事ですが最近引っ越しまして、どうせ引っ越すならいろいろと家を快適にできないかと思い色々調べてスマート家電を導入してみました。

と言っても購入したのは一つだけ「スマートリモコン」というもので、既に持っていた赤外線リモコンで操作できる家電(エアコン、テレビ、レコーダー、照明)をスマートリモコンに学習させて操作するというもの。
d0256297_17042560.jpg

d0256297_12544514.gif

操作はリンクさせたスマートフォンでネット環境が整っていれば外出先から操作ができます。
d0256297_11581306.jpg



スマートリモコンには温度計、湿度計、照度計が内蔵されていて、自宅の状況をリアルタイムで見ることができます。
d0256297_11580553.jpg

さて、ではこれがどのように快適につながるかと言いますと、まず一つはリモコンをまとめられるという事。
赤外線のリモコンであれば学習させることでスマートフォン一つにまとめられるので、リモコンを置く場所を取られません。

もう一つは外出先からの操作、例えば夏の帰宅1時間前に自宅の状態をチェックして温度が30度を超えている場合は外出先からエアコンを起動すれば帰宅するころには涼しい部屋にできたり、照明を消し忘れたかもしれないと思えば照度をチェックして外出先から消すことができます。

なんだかちょっと未来の家に住んでいる気分を味わっています。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-06-18 09:14 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)