タグ:現場 ( 166 ) タグの人気記事

こんにちは、メンテナンス部の佐々木です。
暖かい12月が続いていますが、ようやく寒波がやってきそうです。

さてこの冬一番の寒気到来!などのニュースが流れると、、、
決まって連絡が来るのが、給湯器の不調の連絡です。
寒い冬にお湯が出なくなるのは、なんとも切ないものです。
d0256297_21570775.jpg
給湯器のリモコンにエラーが出てしまった場合はわかりやすいのですが、エラーが出ない場合もあります。

例えば、浴室、キッチン、洗面などの全てのお湯が出ないのに、ガスコンロの火がつく場合は給湯器の不具合の可能性が高いです。

逆にお湯も出ないし、ガスコンロも点火しないとなると、ガスのトラブルの可能性もあります。給湯器の不具合の場合、外部にある本体のコンセント(赤丸)の抜き差しでリセットできる場合もあります。
お湯が出ない!などのトラブル時は相羽建設にご連絡ください。

d0256297_21573092.jpg
10年を過ぎた給湯器は、メーカーでの修理が不可能な場合があります。
写真の赤丸部分に日付が記載されています。

相羽建設では、給湯器の在庫を持つことで緊急対応できるように備えています。
10年を過ぎた給湯器のトラブルはメーカーではなく相羽建設にご連絡ください。

それでは今回はこのへんで!


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-12-07 21:49 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)

秘密兵器投入。

工事部 堀野です。

先日年が明けたと思ったら、もう師走。
一年はあっという間ですね。
平成最後のクリスマスまで、あと3週間です。

常駐している保育園の工事もいよいよラストスパート。
メインのホール天井には全て木製のルーバーが設置されるのですが、
取付方法が難点でした。

そこで役に立つのが、現場に立つ大工さんや職人さんの情報です。
餅は餅屋、大工は大工といった具合でしょうか。

「・・・・アレ使えるんじゃない?」

そんな訳で「アレ」が現場に投入されました。
それがこちら。

d0256297_10281597.jpg

「気圧アッパー」というこのマシン。
主に空調機器の設置や重量物の高所への持ち上げに使用されます。
早速現場でテスト。


d0256297_10280750.jpg

コンプレッサーを作動させ、手元のノズルを調整するとアームがスルスルと伸びていきます。
上棟からずっと現場担当していただいた秋山棟梁もご満悦。


d0256297_10275416.jpg


「いいなこれ。会社で買おうよ」

私も同感です。
それはさておき、いよいよ実戦投入です。

今年入社した志村大工と、ベテラン棟梁の共同作業。
微調整しながら、ルーバー材が天井に固定されていきます。



d0256297_10282209.jpg


仕上がった天井がこちら。
照明が付くと、隙間に光が分散して天井全体が柔らかい光に包まれます。
このルーバー材は秋山棟梁の自信作。
最終的な仕上がりは、また後日ご紹介いたします。




d0256297_10274956.jpg


次回もお楽しみに!



[PR]
by aibakouzibu | 2018-12-05 10:00 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

表現者たちの舞台。


工事部 堀野です。
あれだけ暑かった今年の夏が嘘のように、急に冷え込んできましたね。
布団のぬくもりが恋しい季節がやってきました。

春から常駐している保育園現場も、仕上げ工事で大詰めです。
保育園の離れには小さなアトリエがあり、そこでも大工さんの造作工事が進んでいます。


d0256297_16264213.jpg

皆さんはアトリエの意味はご存知でしょうか。
アトリエはフランス語「atelier」。
「木片が積み重なっている」という意味が転じ、「大工・木工の仕事場」を意味するようになったといわれています。
現在では画家・美術家・工芸家・写真家・建築家などの芸術家が仕事を行う専用の作業場を意味します。

そうなると当社の加工場も立派なアトリエですね。

ここのアトリエには小さなウッドデッキが付くのですが、
頭上には立派なビワの木があります。
毎年、黄色い実のなる季節が待ち遠しいですね。


d0256297_16264689.jpg


芸術家といえば、25日(日)まで造園家 小林賢二氏25周年記念イベントが「つむじ」にて開催中です。
小林氏が石と陶土で作る「道草のうつわ」は必見ですよ。皆様是非ともご来場くださいませ。




次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!



[PR]
by aibakouzibu | 2018-11-17 17:40 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

まずは、今週末は、イベントが2件ございます。

まずは

d0256297_20412438.jpg

   あいばの家づくり学校「楽しい家づくりの基本講座」


日付   11月18日(日)
時間    10:00-12:00
会場   つむじ…東京都東村山市久米川町4-34-6 >案内図
定 員: 5組(予約制・託児コーナーあり)
参加費: 無料
    *駐車場あり

そして

d0256297_20350793.jpg

  「concaveハウス」完成見楽会

日付   11月17-18日(土-日)
時間   10:00-17:00
会場   埼玉県所沢市(ご予約の際に詳しい案内図をお送りします)
*駐車場あり(台数限定)。または、公共交通機関をご利用ください。
*当日のご連絡先【090-7738-2593】


どちらも予約制となっています、ご連絡お待ちしています。



もう11月半ばです。まだ今年を振り返るには少し早い気もしますが

年内の目標と来年へ向けて準備も必要なのでしょうか、

次々回くらいのブログの時には書けるのかもしれません。



日中は、天気がよければ作業などで体を動かしていればそれほど寒さは感じませんが

早朝や日没後などは、暖房器具を使う方も多いと思います。

こわいはなしなのですが、消防庁の発表を見ると火災の総数における電気火災の割合が

毎年、約20パーセントくらいを締めているそうです。

参照 東京消防庁の広報のページ  電気火災を防ごう のページより
   

電気ストーブによるもののほかに、コンセントに照明器具、コードなどからの出火もあるそうです。

電気ストーブや電気コタツなどの暖房器具をお使いになっている方もおおいとおもいますが、

ぜひ、もう一度、日常点検などを行って事故などに遭われないようにお気をつけください。







にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-11-15 20:49 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

タイル屋さんの技

こんにちは桑山です。

11月に入り寒さもぐっと増してきて、早朝は息も白くなる時期ですね。

先日、担当している現場の玄関の扉を入れ替えるため床のタイルを一部壊したのですが、なかなか同じタイルはないという事で、タイルやさんが今回の改修で見えなくなる部分のタイルを再利用してきれいに張ってくれました。

文章にするとあっという間ですが、とても手間がかかっていて、

まず既存のタイルの剥がし、サンダーを目地に入れて剥がします。
この段階では裏面にモルタルと接着剤がついた状態です。
d0256297_18462885.jpg
次に一枚一枚タイルを割らないように裏に碁盤の目状に切り込みを入れて
d0256297_18463789.jpg
少しずつ裏についたモルタルと接着剤をはがしていきます。
d0256297_18463323.jpg
d0256297_18490797.jpg
d0256297_18491601.jpg

そしてきれいに下地を作りタイル張りの完成です。
d0256297_18462573.jpg
d0256297_18463098.jpg

私も手伝うつもりで、一枚やってみましたが割ってしまってお役御免になりました。
やはり職人さんの技術はすごいです。

次回はメンテナンスリフォーム部の和田さんです。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-11-06 18:49 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)


工事部 堀野です。
春先から担当させていただいた施設現場も仕上げ工事が進み、
引渡しまでの追い込みに入っています。
最後まで気を抜かずに頑張ります。


突然ですがここでクイズです。
「使えば使うほど、溜まるものって何?」

答えはゴミです。
お金とは真逆ですね。一回ぐらい逆転しないかな?なんて
くだらない事は考えないでおきましょう。

一般生活の中で必ずゴミが出るように、建設現場でも毎日のようにゴミが出ています。
木片、金属くず、梱包材のダンボールにビニール、接着剤の容器、塗料缶・・・・
それらは「建設廃棄物」と呼ばれ、専門業者さんにより回収・処理が行われます。
これらを業者さんに回収してもらう際、必ず発行されるのが「マニュフェスト」と呼ばれる伝票です。
どこの現場から出たゴミか?どこの業者が回収・搬送したか?どこで最終処分を行うか?
それらの詳細が記載された重要書類です。マニュフェストは5年間の保管義務があります。


d0256297_14162228.jpg

d0256297_14162858.jpg

「良い現場は産廃置場が綺麗」、というのは私の持論ですが。
良い現場を見分ける方法のひとつでもあります。

次回は担当現場が綺麗な橋詰さんのブログです。
お楽しみに。






[PR]
by aibakouzibu | 2018-11-05 14:29 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

朝夕が寒いと思う時期になってしまいました。
朝起きると朝日の太陽の位置もずいぶん低くなりました。

さて、今日この頃の現場の様子ですが、
d0256297_16532102.jpg


現在、大工さんの木工事仕上がり待ちな様子です。続けて仕上げ工事に入ります。

d0256297_16530442.jpg

別のお台所をリフォームする現場では新設される食器洗い機用の電源工事も行いました。
益子大工さんがガス台の後ろの下地補強工事を行っている様子です。
こちらは、この後にシステムキッチンが入り、その後に電源接続工事を行います。

さて、週末の11月3日・4日のサヤマヒルズデイ、そして暮らしの文化祭と、大きなイベント
もお天気にに恵まれそうです。
みなさまぜひ足をお運びください。


AIBAのイベント情報

つむじ、暮らしの文化祭2018

日付
11月4日(日)
時間
9:00-16:00
会場
つむじ…東京都東村山市久米川町4-34-6 >案内図

*どなたでもお気軽にご来場ください。
*駐車場が少ないため、徒歩か自転車、または公共交通機関をご利用ください。


詳しくはこちらをご覧ください。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-11-01 17:02 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

時代は変われど。

工事部 堀野です。

気温が下がり始め、秋らしい日が続くようになりました。
現在常駐している施設現場も仕上げ工事に向けて進行中です。
気を引き締めなおして頑張ります。


昨日(10/7)に放送されたNHKスペシャル「マネー・ワールド 資本主義の未来」。
そう遠くない未来に、自分たちの仕事は無くなるかもしれない・・・・。
ロボットやAI技術の進化による「第4次産業革命」が私たちの生活をどう変えるのかという衝撃的な内容でした。



d0256297_16215361.jpg


建設現場にもAIやロボット技術の波が押し寄せています。
つい先日、日本の産業総合研究所(AIST)が開発したヒューマノイドロボット「HRP-5P」が公開されました。
積まれた石膏ボードの山から、ボードを一枚だけ運び壁に貼り付ける様は「大工ロボット」そのものです。


d0256297_16214801.jpg


ゼネコン大手の竹中工務店とソフトバンクロボティクスは、自律制御AIによる現場巡回・進捗管理や安全点検を行うロボットを
2019年夏以降までに本格活用することを発表しています。すでに今年6月から現場での実証実験を開始。そのロボットがこちら。



d0256297_16444999.jpg


・・・・・・・現場で何も知らないまま出会ったらトラウマ間違いなしですね(笑)。

住宅施工現場では、積水ハウスが天井の石膏ボード張りを行うロボットの実用化を目指して実証実験を進めています。
実用化予定は2020年との事。こちらは2台のロボットが作業を行います。


d0256297_16212873.jpg


平成という時代が終わり、新しい時代がやってくる今。
世界中で進みつつある新技術の波に、もはや逆らうことは困難と思われます。


しかし、技術がいくら進歩しても無くならないものがあります。
それはモノを作ることの楽しさ、その感動と驚きを共有することです。

数年前から、相羽建設では若手大工の育成を進めています。
棟梁の下で時に厳しく指導を受けながら日々腕を磨いている6人は、新技術に負けない
当社最大の戦力です。

いつの日か棟梁となった彼らと仕事をするのが楽しみです。
そのためにはAIに負けないように現場監督として日々精進しないといけませんね。


日々腕を磨く6人の活躍が見れる若手大工ブログはこちら。
気になる方は要チェックです。



次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!




[PR]
by aibakouzibu | 2018-10-08 17:43 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

必要な工具

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。
今回は、日々の作業においてなくてはならない工具をご紹介します。
d0256297_18553026.jpg


これは、VVFケーブルストリッパー等と呼ばれる工具です。
屋内配線作業で、エフケーブルをスイッチや電灯、コンセント等に配線したものを
結線作業する際に電線の外装の被服を剥くのに使います。

電工ナイフとペンチを使ってもできるのですが、
この工具を使うとガシャッと一発できれいに決まります。

このストリッパーは2代目になりますが、15年くらいになります。
可動部分が多いので使い始めは動きが硬いのですが、
使いこんできてだいぶ動きが軽くなってきました。
これからも大事に使い続けていきたいと思います。

次回の工事部ブログは渡邉さんです。
ぜひご覧ください。
おたのしみに!!




にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-10-04 19:01 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

畳の切断

こんにちは桑山です。

先日 以前も記事にした畳屋さん に行ってきました。

普段、畳屋さんに持ち込みや引き上げてをしてもらう際は「表替え」と言って中のワラを残して外側のい草を新品に交換する事が多いのですが。

今回は畳をカットするという作業のために持っていきました。

なぜ?カットする事になったかと言いますと。

和室6畳の部屋でリフォームする際に部屋の形状が少し変わるため大きさが合わない畳が1枚出てしまいました。

どうしても大きさが合わないので、先ず考えたのは1枚だけ新しくして、大きさを現況に合わせた畳にしようかという事です。

しかし、そうすると日焼けの具合が変わってしまうので次に考えたのは1枚は新品にして大きさを合わせて残り5枚を「表替え」しようかという事です。

早速畳屋さんに以上の事を相談したら「い草」をそのままにカットが出来るという話を聞き畳を一枚持ち込むことになりました。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本編です。

まず、畳のヘリとい草の糸をほどき芯になっている藁を出していきます。

d0256297_18360915.jpg
次に大きさを合わせて切断です。


d0256297_18362203.jpg
機械で端の部分を縫っていき
畳のヘリを縫って完成です。


d0256297_18362777.jpg
傷んでいない畳だったので、畳1枚のカットで済んで助かりました。

やはり職人さんはすごいです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-09-27 09:21 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)