タグ:現場監督 ( 50 ) タグの人気記事

時代は変われど。

工事部 堀野です。

気温が下がり始め、秋らしい日が続くようになりました。
現在常駐している施設現場も仕上げ工事に向けて進行中です。
気を引き締めなおして頑張ります。


昨日(10/7)に放送されたNHKスペシャル「マネー・ワールド 資本主義の未来」。
そう遠くない未来に、自分たちの仕事は無くなるかもしれない・・・・。
ロボットやAI技術の進化による「第4次産業革命」が私たちの生活をどう変えるのかという衝撃的な内容でした。



d0256297_16215361.jpg


建設現場にもAIやロボット技術の波が押し寄せています。
つい先日、日本の産業総合研究所(AIST)が開発したヒューマノイドロボット「HRP-5P」が公開されました。
積まれた石膏ボードの山から、ボードを一枚だけ運び壁に貼り付ける様は「大工ロボット」そのものです。


d0256297_16214801.jpg


ゼネコン大手の竹中工務店とソフトバンクロボティクスは、自律制御AIによる現場巡回・進捗管理や安全点検を行うロボットを
2019年夏以降までに本格活用することを発表しています。すでに今年6月から現場での実証実験を開始。そのロボットがこちら。



d0256297_16444999.jpg


・・・・・・・現場で何も知らないまま出会ったらトラウマ間違いなしですね(笑)。

住宅施工現場では、積水ハウスが天井の石膏ボード張りを行うロボットの実用化を目指して実証実験を進めています。
実用化予定は2020年との事。こちらは2台のロボットが作業を行います。


d0256297_16212873.jpg


平成という時代が終わり、新しい時代がやってくる今。
世界中で進みつつある新技術の波に、もはや逆らうことは困難と思われます。


しかし、技術がいくら進歩しても無くならないものがあります。
それはモノを作ることの楽しさ、その感動と驚きを共有することです。

数年前から、相羽建設では若手大工の育成を進めています。
棟梁の下で時に厳しく指導を受けながら日々腕を磨いている6人は、新技術に負けない
当社最大の戦力です。

いつの日か棟梁となった彼らと仕事をするのが楽しみです。
そのためにはAIに負けないように現場監督として日々精進しないといけませんね。


日々腕を磨く6人の活躍が見れる若手大工ブログはこちら。
気になる方は要チェックです。



次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!




[PR]
by aibakouzibu | 2018-10-08 17:43 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

あの映画でお馴染み。


工事部 堀野です。

初夏から始まった施設現場の工事は室内・室外共に進み、
毎日15名近い大工さん・職人さんが現場で活躍しています。

来月終わりの足場解体を目標に外部工事を進めたい・・・・のですが
最近は雨続き。中々上手くいかないですね。
頼むから晴れてほしいです。

先日現場に搬入された資材です。


d0256297_16570369.jpg

何だこれ?と思いましたがすぐに正体が分かりました。
調理室の天井裏に設置される排気ダクトです。

d0256297_16572832.jpg

ダクトの周りにあるクシャクシャした銀紙のようなものは断熱材です。


d0256297_16573391.jpg


ダクト工事はただ管を通す工事では終わりません。
より安全性や省エネ性を高められるように、断熱・保温工事を行います。
特に排気ダクトの断熱工事は消防法で義務付けられており、重要性が高い工事になります。

主にグラスウールやロックウール等の断熱材をダクトに巻くように設置し、ダクトが帯びた熱による火災発生を予防します。
また万が一火災が発生した場合、火が燃え広がるのを防ぐ役目もあります。


d0256297_16572156.jpg



ここから覗くと・・・



d0256297_16571471.jpg


こんな光景が見れます。

ダクトといえば、あの映画作品しかないでしょう。



d0256297_17160417.jpg


「世界一ついてない男」、ジョン・マクレーン刑事。
「ダイハード」1作目で高層ビルのダクト内を這いまくっていました。

因みに当社の監督は、お引渡し前には掃除の為、基礎下を同じ体勢で這っています。


※皆さんはダクト内を這うことは絶対に真似しないでください。



次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!





[PR]
by aibakouzibu | 2018-09-25 17:29 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

包むことも仕事です。

工事部 堀野です。

平成最後の夏にやって来た台風21号は、西日本を中心に甚大な被害を残していきました。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い日常への復旧をお祈りします。

昨日は帰宅途中、とあるビル建設現場の足場倒壊を目撃しました。
建設従事者として日常の安全点検・もしもの時に備える重要性と職務の重さを実感させられた帰り道でした。

今日は相羽建設の現場監督、その職務の一つにスポットを当てたお話をしましょう。

当社の現場監督の職務で他社では少ないであろう仕事の一つに、
「造作材」に搬入があります。

主に床の無垢フローリング以外(玄関框・各枠材・巾木等々)は全て当社の加工場にて担当大工が製作している当社では、
各現場担当の監督が自ら造作材を搬入しています。
一般的な工務店では、造作材はメーカー品が圧倒的多数。
問屋などの業者さんが直接現場搬入することが一般的なので驚かれる方も多いと思います。
自分もその一人でした。


d0256297_18365572.jpg

大工さんが丁寧に仕上げた造作材。
それをトラックで運搬するのですが、そんな時に限ってお天気が優れないのが「現場あるある」です。
そんなとき、とあるグッズが重宝します。
それがこちら。

d0256297_18364578.jpg
ラップです。
業務用ですが。

d0256297_18364077.jpg
こう巻いて.......


d0256297_18370172.jpg
はい、一丁上がり!
これから何かと雨の多い季節の変わり目には必需品です。
因みに同一寸法の長物等ならまとめて一気に運べるので、一石二鳥です。
ホームセンターなどで売っていますよ。
気になる方は是非。

次回のブログもお楽しみに!


[PR]
by aibakouzibu | 2018-09-05 19:08 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

青森県弘前城へ

こんにちは桑山です。

暑さもおさまって秋の陽気になり過ごしやすい時期になってきたかと思ったら、暑さがまた戻ってきて調子が狂いますね。

さて、ちょっと前になりますが夏休みを利用して久しぶりにお城巡りをしてきました。

今回見てきたのは5年前にも行った事のある最も北にある現存天守青森県の弘前城、なぜ一度行った場所に再度訪れたかと言いますと、弘前城5年前と大きく変わったところがあるからです。

どこが変わったかというと、先ずはこちらの写真をご覧ください。

d0256297_17280872.jpg
d0256297_17322015.jpg

上は2013年の写真、下は2018年現在の写真です、もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが大きな変化が起きています。

続いて下の写真こちらはかなり決定的に変わっています。

d0256297_17351762.jpg

d0256297_17354677.jpg


上が2013年、下が2018年の写真、手前の木に隠れて見えにくいですが、2018年の方では天守が消えています。

そうなんです、天守の写真何が違ったかというと、天守の位置が違ったのです。

本来天守が立っていた場所はこちら、3カ月かけて曳屋(ひきや)を行い敷地の中を70m移動させています。

d0256297_17404311.jpg

現在は、はらみが見られた石垣の改修工事中です。
d0256297_17454183.jpg

曳屋を行うにあたり建物内部を鉄骨で補強したり角度を少しづつ変えたり相羽建設で建てている
木造の住宅ではまず使わないような工法なので驚かされました。

元の位置に弘前城が戻るのは何年後になる事か、元の位置に戻ったら行ってみたいと思っています。


次回は新藤さんです

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-08-22 10:02 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

警察署へ行く理由。


工事部 堀野です。
お盆休みも終わり、以前よりも涼しい日が続いていますね。
急激な気温変化で体調を崩さないようにご注意くださいませ。


先日、担当現場近くの警察署へ行ってきました。
ご心配なく、悪いことは何もしていません。
「道路使用許可」の申請です。


d0256297_14235095.jpg


現場で工事を進める中、敷地内での作業が困難な為にやむを得ず道路での作業を行うことが少なくありません。
基礎工事の生コン打設、上棟時のラフター配置及び資材搬入、上下水道・ガスの引込工事......。
これらの工事の際に、好き勝手に道路を占領してしまっては近隣の交通に多大な迷惑をかけることになります。

道路交通法第76条でも、道路にみだりに交通の妨げになるものを置くこと・作業を行うことは禁止されています。しかし、第77条第2項に基づく次の3つに該当する場合は管轄する警察署長から許可を出してもらえます。

  1. 現に交通の妨害となるおそれがないと認められるとき
  2. 許可に付された条件に従って行われることにより交通の妨害となるおそれがなくなると認められるとき
  3. 現に交通の妨害となるおそれはあるが公益上又は社会の慣習上やむを得ないものであると認められるとき
専用用紙に必要事項を書き込み、現場案内図や作業配置図を添付して交通規制課に提出します。
「作業配置図」、簡単に言えば工事の際にどこに作業車両を停めてガードマンを配置するかという図面です。
まあ、あのトラックがこのぐらいだから.......なんて簡単に書いちゃダメ。
ここでいつも私が使っているデータをどうぞ。

d0256297_14243868.gif

d0256297_14240306.jpg


工事車両の寸法データです。
主に車両メーカーのサイトで公開されています。
数センチの細かい寸法と、現調にて計測した道路寸法を照らし合わせて
通行に支障がないか?作業に問題はないか?をシミュレーションします。

申請する際は毎回ドキドキな私です。


次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに。












にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-08-20 15:14 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

こんにちは、メンテナンス部の佐々木です。異様な暑さが続く毎日で、外の仕事はなかなか厳しいものがあります。この暑さの中で、例年と異なり状況が、給湯器の故障です。例年では冬場に調子が悪くなりやすいと感じている給湯器ですが、今年はこの暑さの影響なのか、給湯器故障の連絡が多くなっています。
d0256297_20581809.jpg
【写真 点検時に確認している給湯器とOMお湯取りタンク、暖房用給湯器】

毎日毎日、稼働している給湯器ですが、夏場は出番も少なく、故障も少ない印象ですが、今年は例年に比べると故障が多くなってきています。

とくに使用年数が10年を超えたものは、故障する可能性が高く、部品の供給が終了し、修理ができないこともあります。

d0256297_20583305.jpg
給湯器のカバーを見ると、このようなシールが貼ってあります。
(写真はノーリツさんの給湯器です。)

このシールには非常に重要な情報が、、、
品番はもちろんですが、製造年月も記載されています。
この機械は2000年12月ですね。都市ガスで、20号のオート機能ということがわかります。
すでに18年が経過していますね。
ここまで使用できたのはラッキーだと思います。
壊れるまで使用したいところですが、壊れてからの修理手配は、交換までに数日を要する場合が多く、とても不便です。
また突然の出費は痛いものです。
このシールを見てもらい、10年経過している場合は
交換を検討しておく必要があると思います。

相羽建設で建てたお客様は、給湯器の情報は顧客情報にありますので安心です。
10年点検の際にも、給湯器交換のご案内をしています。
何か不具合を感じたら相羽建設にご連絡ください。

それでは今回はこのへんで!

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-08-06 20:56 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)

こんにちは桑山です。

今週末は台風が迫ってきていますね、備えあれば患いなし。
現場の安全対策をしっかりして週末を迎えたいと思います。

さて、私、相羽建設に入社してかれこれ7年が経ちました。

7年も経つと自分が担当した物件以外にもいろいろお客様のおうちに伺うことが増えていきます。

カーナビがないとなかなかお客様のお宅にたどりつけないのでスマホのグーグルマップをカーナビにして日々訪問をしております。
d0256297_14305096.jpg
四年ほど前から、自分が訪問したお宅をグーグルマップを使ってマークしていくことを始めました。
自分でも何件訪問したのかわからなくなっていますが、黄色は以前訪問したことがあるお宅で、青いほうは直近2年ほどで訪問したお宅です。

登録しておくとメンテナンスが発生した際に素早く駆けつけることができるので重宝しています。

おまけ
d0256297_14304744.jpg
グーグルマップにはいろいろと地図を登録でき、オリジナルでマップを作成することができます。
私は趣味のお城巡り用に現存天守12か所の位置情報を登録したマップを作って活用していました。
旅好きは地図を眺めているだけで妄想が広がるので気をつけないとふらふらと旅に出かけてしまします。

次回はメンテナンスリフォーム部の和田さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-07-26 15:07 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

工事部 堀野です。
気がついたら梅雨が明けていましたね。

今年の梅雨の期間(梅雨入りした6月6日から梅雨明け前日の6月28日まで)の日数は23日。
気象庁によれば1978年の記録(6月11日から7月4日まで)に並んで一番の短さとのことです。

梅雨の現場にとって一番の脅威は雨。
一度降り始めたが最後、現場は養生等の作業に追われ工期にも影響が出ます。
自分の担当現場では水中ポンプ3台の臨戦態勢でした。

そしてこれからの季節、現場には新たな脅威がやってきます。
「暑さ」です。

いや暑い。ただただ暑い。分かっていても暑いです。
その暑さは熱中症の原因になります。

d0256297_14424986.jpg
  
 

熱中症を防ぐため、現場では積極的な水分・塩分の補給、日陰等でのこまめな休息等の指示を行なっています。
最近ではこの時期になると「熱中症対策キット」の常備を徹底している工務店・建設会社も少なくありません。
近年、死亡者も増加傾向にある熱中症。
建設現場では普段の安全管理のほか、この時期ならではの見えない敵とも戦っているのです。

d0256297_14500947.jpg

涼しい場所での休憩を指示、と言っても現場にはそんな場所がないことが圧倒的に多いことも事実。
これを書いている間にも「そんな場所無いわ!」という声が聞こえてきます........。

しかし、そんな現場の声に大きな救世主が最近誕生したとのニュースが。
それがこちら!

d0256297_14425613.jpg



大阪市東淀川区のベンチャー企業、クールスマイルが開発した「バケツエアコン」!大きさは直径30センチ、高さ約39センチ。
バケツの中にロックアイスや氷ペットボトル、水1リットルを入れておくと室温30度の環境下で約15度の冷気を噴き出すことが可能だとか。
一切の工事不要。7月18日から東京国際展示場で開催される「猛暑対策展」に出展されるとのことなので、気になる方は要チェックです。

しかしこのバケツエアコン、いいなあ。
担当現場に5つほど欲しい!
気になる値段がまだ未発表なのですごく気になります。

d0256297_14430249.jpg
 
 

明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!








d0157375_19495884.gif



あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-07-03 15:09 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

工事部 堀野です。

春先から担当している現場も遂に上棟が始まりました。
総勢11名の大工さんが集まる大所帯の現場です。
お天気が心配な梅雨の時期ですが、現場は元気一杯です。
現場にはラフテレーンクレーンも配置され、大工さんと阿吽の呼吸で作業が進んでいきます。


d0256297_18285423.jpg


上棟で構造躯体が立ち上がっていくにつれて、とある問題が発生します。
ラフテレーンクレーンの操縦席から、作業範囲が確認できないのです。
そのためここで新兵器の登場です。


d0256297_18290073.jpg



d0256297_18384210.jpg


クレーンのオペレーターさんと会話ができる無線です。
ヘルメットに取り付けて使用します。
オペレーターさんとの会話にはとある専門用語を使います。

巻き上げは「ゴーヘイ」。「Go A Head」の略です。
巻き下げは「スラー」。「Slack a Way」の略です。
主フック・ブームは「親」、補助フックは「子」と呼びます。

スピードは「高速」(はやく)、「チョイ」(ゆっくり)で調整指示します。

これらを組み合わせてオペレーターさんに作業場所から指示を出します。

と、書くのは簡単ですが実際にやってみると上手くいかないのがお約束ですね。
「親チョイゴーヘイ、左旋回、子スラー」なんていっても、
「逆だよ逆!」なんてツッコミが大工さんから飛びます。
何事も経験ですね。


次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに。

[PR]
by aibakouzibu | 2018-06-15 18:57 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

「現場監督」といえば。

工事部 堀野です。

まだ梅雨も明けていないのに、暑い日が続きますね。
今年もこの季節がやってきました。熱中症には十分注意しないといけませんね。

現場監督の職務の一つに、「工事写真の撮影」があります。
多くの部材を使用し、加工するなどして進んでいく建築現場。
重要な部分は完成後に土中や仕上げで見えなくなってしまう部分が多いです。
そのため施工が適切であったかを説明する資料の一つとして、写真を撮影し保存する必要があるのです。

撮影に使用するカメラですが、多くの現場監督は「工事カメラ」と呼ばれるカメラを所持しています。
この工事カメラは過酷な現場で酷使されることを想定し、様々な特徴を持たされています。

軍手をしたままでも操作・撮影が可能なシャッターボタン、建物全景を撮影できるように広角よりに設計されたレンズ、
強力なフラッシュ、防滴防塵等々。

カメラに詳しい方は「現場監督」と聞くと、このカメラを連想するのではないでしょうか。

d0256297_15173310.jpg

コニカ現場監督。工事カメラといえばこれ!といって過言では無いでしょう。
初代モデル発売は1988年。時代はバブル景気真っただ中。
高層ビルや巨大インフラ工事が盛んだったこの頃、汚れたら水洗いできるこのカメラはヒット商品になりました。

数多くの建設現場で活躍した現場監督ですが、時代の流れと共に記録媒体を銀塩フィルムからデジタルへと変え
2006年3月に合併したコニカミノルタの事業撤退と共に生産終了しました。


今でも工事カメラは販売されています。(参考: RICOH G600)

d0256297_15173878.jpg

最近ではスマホやタブレットで撮影し、すぐに営業・設計等とシェアする方法が盛んになってきました。
しかし、「現場を撮影する」ためだけに開発された道具としての魅力は、捨てがたいものがありますね!


次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2018-05-18 17:44 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)