造園

先週末、つむじがオープンいたしました。

私のこれからの楽しみは「つむじ」の植物がどのように成長していくかです。

なんと、つむじには住宅の庭におススメする植物が150種以上ひしめいており、さらに名札までついているのです。
d0256297_21233881.jpg
d0256297_21235235.jpg
d0256297_21240948.jpg
d0256297_21241763.jpg

普段街で見かける植物が何という種類なのか?四季でどんな表情を見せてくれるのか?
これから暖かくなって、緑に色づく季節がやってきます。

皆さんもお気軽につむじに足を運んで、楽しみ方を見つけてみてください。
橋詰

次回はメンテナンス・リフォーム部の桑山さんです。
お楽しみに。

[PR]
by aibakouzibu | 2016-03-25 21:27 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

ミヤマカエデ

ちょっと前の話になりますが、昨年の12月の初旬。

一年ほど前にお引渡しさせていただいたお客様の家の樹木が綺麗に色づいていました。

d0256297_22431057.jpg

「ミヤマカエデ」という楓の一種です。

d0256297_22413177.jpg

昨年の冬にお引渡しさせていただいた頃は、葉がついておらず枝だけでした。

春から夏にかけて緑の葉が付き、

そして12月、綺麗に色づいておりました。

d0256297_22433663.jpg

ただいま建設中の現場が近いため、

植物の成長の様子を観察する機会に恵まれております。

完成時から成長し、根付いた庭の様子を見ることが出来るのも建築というシゴトの醍醐味です。

橋詰


次回のブログは、工事部の渡邉さんです。

お楽しみに。


[PR]
by aibakouzibu | 2016-01-16 06:00 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

セダム

こんにちは、橋詰です。

先日「つむじモデル」にて、つむじ全体の造園デザインを手掛ける造園家の小林賢二さんのトークショウが開催されました。

私にはある気になる植物がありました。

つむじの飛び石の間に石の間を埋めるように生えているコイツです。
d0256297_08167.jpg

d0256297_081661.jpg

名は「セダム」といいます。
条件が良ければ、繁殖の範囲をどんどん拡大していくそうです。

石と石の間を埋める植物というと「芝生」「タマリュウ」が頭に浮かんできますが、「セダム」もいいなぁと思いました。

アイバのイベントは、私にとっても新たな発見を得る貴重な機会だと思いました。

そんな、相羽の秋のイベントはこれから目白押しです。
くわしくはこちら


明日のブログは、そんな相羽の秋のイベントの一つ
「AIBA 家づくり学校メンテナンスリフォーム部編」を開催する。
メンテナンス リフォーム部の桑山さんです。

おたのしみに。
[PR]
by aibakouzibu | 2015-10-29 00:13 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

樹木の選定


こんにちは、橋詰です。

先日、秋津園芸さんの案内で国立の造園農家さんの畑に
建築家の伊礼智さんとお客さんとで樹木の選定に行ってきました。
d0256297_19133749.jpg
うっそうと茂った畑の中はまるでジャングルのようでした。
そんな中で、伊礼さんは敷地のイメージにあう樹木を探していました。
d0256297_19143053.jpg
木という自然モノ、必ずしも欲しいものが手に入るわけではありませんが、
運よく目当てものが見つかったときの喜びは、宝物を手に入れたときの喜びに近いものがあるかもしれません。
d0256297_19144749.jpg
家の雰囲気を大きく左右する造園。


月曜日のブログは、メンテナンスリフォーム部の桑山さんです。
お楽しみに!





[PR]
by aibakouzibu | 2015-09-12 19:16 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

ミツバツツジ

こんにちは橋詰です。

前回の長野さんより春の思い出ということで、今日は春を感じるお話を一つ

先日、1月に引渡しを終えたH様の家にお伺いすると嬉しい変化がありました。
引渡しの頃、まだ色味の無かった植栽にピンクの綺麗な花が咲いていたのです。
その花は、道路に面して植えられたミツバツツジという一本の木に咲いていました。
d0256297_22561565.jpg

そして、この木にはチョッとした偶然がありました。
ある日、
Hさんが庭の手入れをしていると、お向かいの奥さんに
「あなた、この木(ミツバツツジ)をよく植えてくれたわね、ありがとう!」
とお礼を言われたそうです。
理由を聞くと、実は以前H様の土地に住んでいた方も道路に面して一面のミツバツツジを植えていたそうで、お向かい奥さんは毎年その花が咲くのを大変楽しみにしていたのです。

このような偶然はめったにないと思いますが、引渡しの頃はまだ根付いていなかった植栽が、これから時間の経過とともに花や葉を付け、家・街・地域に馴染んでいく様子を見守っていけるのもまた、現場監督の楽しみだなと感じた仲春の候でした。

明日のブログはメンテナンスリフォーム部の桑山さんです。
実は、今週末の4月4日(土)は桑山さんが設計~管理まで担当した現場の完成見楽会があります。
題して「空き家リノベーション」
空き家でリノベーションってどういうことでしょうか?
気になりますね!
しかも
なんと!
DIY教室も同時開催するというじゃありませんか!
これぞまさに
[PR]
by aibakouzibu | 2015-03-31 23:03 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)