人気ブログランキング |

相羽建設の日替わり現場ブログです。
by AIBA
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
タグ:城 ( 9 ) タグの人気記事
現存12天守
こんにちは桑山です。

平成終わって令和になりますね、元号変わる前から令和って結構言葉にしているので、すぐ馴染む気がします。

過去このブログでも何度か書いてきましたが。

平成も終わるので平成の内に達成できた趣味のお城巡りについてまとめてみました。

皆さん日本には数々のお城がありますが、そのお城の中にある「天守」という、お城と言われて多くの人がイメージする建物で築城当時から現在までその姿を残している天守がいくつあるかご存知でしょうか?

正解は12天守です。

現存12天守なんて呼ばれ方をしている、お城好きとしては訪れたい場所なのですが、私もお城好きの一人として2009年9月〜2017年8月までの8年間をかけてお城巡りをしてきました。

d0256297_14480675.jpg
1箇所目は2009年9月に訪れた兵庫県の姫路城、言わずと知れた国宝でもあり唯一世界遺産のお城、他の現存天守と比べても規模が大きくザ・お城と言ったお城です。
このお城があったからお城巡りが趣味になった思い出のお城です。
d0256297_14481443.jpg
2箇所目は2011年3月に訪れた愛媛県の伊予松山城、このあと出てくる備中松山城と区別するために伊予松山城と呼んでいますが松山城といえばこちらになると思います。
1602年築城で現存天守の中では1番新しく個人的には訪れたお城の中では姫路城に次いで、好きなお城ナンバー2のお城です。
d0256297_14482535.jpg
3箇所目は2013年8月に訪れた青森県の弘前城、東北唯一の現存天守で今はなんと孕んだ石垣の回収のために曳屋されて天守が移動しています。(2018年に移動した天守も訪れました。)
桜の名所としても有名なのですが、なかなか桜の時期に行くのが難しくいつか桜の時期に行ってみたいお城です。
d0256297_14482858.jpg
4箇所目2014年1月に訪れた島根県の松江城、このお城は2015年に現存天守では5つしかない国宝に認定されたお城です。
d0256297_14483014.jpg
5箇所目2014年2月に訪れた長野県の松本城、漆黒のお城で織田信長、豊臣秀吉の流れを組んだ織豊系(しょくほうけい)の国宝天守、お城は大別すると山城、平山城、平城と分けることができるのですが。
現存天守では唯一の平城です。
d0256297_14503331.jpg
6箇所目2015年9月に訪れた福井県の丸岡城、現存天守の中では最古のお城と言われていて、長い年月を耐えた石瓦の屋根のお城です。
d0256297_14504002.jpg
7箇所目2015年9月に訪れた滋賀県の彦根城、国宝天守の一つでひこにゃんが有名ですが、ものすごい人気で、見て回るのに2時間以上かかったのを覚えています。
d0256297_14504832.jpg
8箇所目2015年9月に訪れた愛知県の犬山城、木曽川のすぐ側に建っていて、貿易の拠点としても数々の武将が欲したお城、こちらも国宝天守です。
d0256297_14505385.jpg
9箇所目2017年1月に訪れた香川県の丸亀城、石垣が有名なお城で丸亀城だけで様々な種類の石垣と総高では日本一高い石垣を見ることができます。
d0256297_14505773.jpg
10箇所目2017年1月に訪れた高知県の高知城、雨の多い地域ということで石の樋などで雨から建物を守る工夫がされていました。
d0256297_14522159.jpg
11箇所目2017年1月に訪れた愛媛県の宇和島城、東京から行くには1番遠く現存天守では最も南にあるお城です。
d0256297_14522660.jpg
12箇所目2017年8月に訪れた岡山県の備中松山城、現存天守の中では1番高い場所に建てられた山城で、時期と運が良ければ雲海の中に建つ天守が見られるそうです。
丸8年かけてお城巡りした現存12天守ラストの城だったので感慨深いものがありました。

とまあ趣味のことなのでいつも以上に熱が入って長々と書いてしまいましたが、現存天守がないお城でも巡るのは楽しいので、次は生きてるうちに100名城を巡ろうかなと思っています。




にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif


d0256297_19435773.jpg





あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-04-23 14:39 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
青森県弘前城へ
こんにちは桑山です。

暑さもおさまって秋の陽気になり過ごしやすい時期になってきたかと思ったら、暑さがまた戻ってきて調子が狂いますね。

さて、ちょっと前になりますが夏休みを利用して久しぶりにお城巡りをしてきました。

今回見てきたのは5年前にも行った事のある最も北にある現存天守青森県の弘前城、なぜ一度行った場所に再度訪れたかと言いますと、弘前城5年前と大きく変わったところがあるからです。

どこが変わったかというと、先ずはこちらの写真をご覧ください。

d0256297_17280872.jpg
d0256297_17322015.jpg

上は2013年の写真、下は2018年現在の写真です、もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが大きな変化が起きています。

続いて下の写真こちらはかなり決定的に変わっています。

d0256297_17351762.jpg

d0256297_17354677.jpg


上が2013年、下が2018年の写真、手前の木に隠れて見えにくいですが、2018年の方では天守が消えています。

そうなんです、天守の写真何が違ったかというと、天守の位置が違ったのです。

本来天守が立っていた場所はこちら、3カ月かけて曳屋(ひきや)を行い敷地の中を70m移動させています。

d0256297_17404311.jpg

現在は、はらみが見られた石垣の改修工事中です。
d0256297_17454183.jpg

曳屋を行うにあたり建物内部を鉄骨で補強したり角度を少しづつ変えたり相羽建設で建てている
木造の住宅ではまず使わないような工法なので驚かされました。

元の位置に弘前城が戻るのは何年後になる事か、元の位置に戻ったら行ってみたいと思っています。


次回は新藤さんです

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2018-08-22 10:02 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
京都へ
こんにちは桑山です。

先週の連休中に親戚の結婚式があり京都に行ってきました。
d0256297_16590264.jpg
しっかりと京都市内を訪れたのは中学の修学旅行以来だったので実に15年ぶりでした。
当時は建築を仕事にするとは考えていなかったのでぼんやりと見ていて思い出として残っているのは歴史的な建物よりは太秦の映画村のだったりします。

と、まぁそんな感じの修学旅行だったのでせっかくだから大人になった今同じ場所を訪れてみたらみたらどう感じるのか?と中学時代修学旅行で訪れた先をトレースして観光してみました。

京都市内はいくつものバスが循環していて1日500円でバス乗り放題でした。
d0256297_17122342.jpeg

移動手段も手に入れたので、まずは朝一番に「二条城」を訪れました。

入場口になっている「東大手門」
d0256297_16571606.jpg
装飾の美しい「唐門」
d0256297_16572458.jpg


d0256297_17041827.jpg
内部は撮影禁止でしたが鴬張りの床で有名な「二の丸御殿」
d0256297_16573413.jpg
お城好きの私としてはかなり見ごたえのあるお城でした。

次に訪れたのは鹿苑寺(金閣寺)
言うまでもなく金ぴかの「金閣舎利殿」
d0256297_16581581.jpg
金閣寺はとにかく人の数がすごかった、京都市内は外国人観光客がたくさんいるんですが金閣寺周辺は特に多くいたんじゃないかと感じました。

最後に清水寺
「清水の舞台」
d0256297_16585772.jpg
学問、恋愛、長寿のご利益で有名な「音羽の滝」
屋根の吹き替え工事中で、足場は丸太で組まれていてこれはこれでいいものを見たなと感じました。


滞在したのは2日間でしたが京都を感じた充実の2日間でした。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2017-05-12 09:30 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
お城めぐり
こんにちは桑山です。

2017年になりましたね、ついこの前まで年末で忙しいと言っていた気がしますが・・・

さて、ちょっと前になりますが皆様は正月休みいかがお過ごしだったでしょうか?
私、今年の正月は実家から離れて四国でお城めぐりをしてきました。

以前から何度かお城についての記事① を投稿してきましたが、今回なぜ四国にしたかといいますと、
全国各地に城跡はいくつもあるのですが天守が築城当時から残っている現存天守は全国に12天守で
その内4つが四国にあり、香川県の丸亀城、高知県の高知城、愛媛県の宇和島城と松山城この4つの城の
天守が現存天守となっていて、8年前に天守が現存するお城の一つ姫路城に行った時に
とりあえず現存天守は全て見ておこうと思ったので今回は四国でお城めぐりをすることに決めました。

以前松山城だけは行ったことがあったので、今回は行ったことのなかった丸亀城、高知城、宇和島城に
焦点を当ててお城めぐりをしてきました。

①丸亀城
d0256297_14444865.jpg
石垣・・・丸亀城といえば石垣が有名で一つのお城で様々な石垣の手法を見ることができます。
d0256297_14460275.jpg

②高知城
d0256297_14474660.jpg
石垣の石樋・・・雨の多い高知県ならではの工夫で石垣に設けられた石の樋です。

③宇和島城
d0256297_14501283.jpg
天守に設けられた装飾
d0256297_15100440.jpg
全国いろんなところにお城の跡はありますが四国なかなか楽しいところでした。

次回はメンテナンスリフォーム部の林さんです。


AIBAのイベント情報

「AIBA家づくり学校」
d0256297_13383795.jpg

相羽建設の拠点「つむじ」にて「AIBA家づくり学校」が開催されます!
木の家づくり、地域での活動など、「誠実なものづくり」を目指している
相羽建設の取り組みを ご紹介させていただく月に一度の場です。

日時:1月22日(日)10:00-12:00
会場:つむじ…東京都東村山市久米川町4-34-6 >案内図
定員:8組(予約制)
参加費:無料
詳しくは→こちらをクリック


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2017-01-11 15:15 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
国宝「松江城」
こんにちは桑山です。

今回は久々にお城の話。

実は最近知ったのですが、島根県にある松江城が去年(平成27年)国宝になったらしいのです。
お城好きとしては国宝になろうがなるまいが、仮に姫路城のように世界遺産になろうがなるまいが関係なく足を運ぶわけなのですが。

d0256297_23315742.jpeg
なぜ急に国宝になったのかが面白かったので書いていきたいと思います。

そもそも国宝とはなんなのか?

読んで字のごとく国の宝なのですが、その前段階として有形文化財(重要文化財)に指定されて、
その中でも世界的見地から見て国民の宝である物が国宝とされるらしいのです。

さて松江城の話に戻りますと、実は松江城の天守は昭和10年~昭和25年までは国宝でした。
しかし昭和25年文化財保護法により国宝から重要文化財に改称されました。
ざっくり言いますと昭和25年までは「国宝」も「重要文化財」もすべて「国宝」だったのを改めて仕分けして名称を変えたという事で歴史的価値が変わったわけではないのだそうです。
今までも現存天守(築城当時の姿で残っている)としては知られてきた松江城で重要文化財だったわけですが。
なぜ国宝に指定されていなかったかといいますと、実は建てられた正確な年が分からなかった事が一つの要因でした。

そんな事とはつゆ知らず2年前(平成26年)国宝に指定される前の松江城へふらふらと訪れていた私(当時のブログ)松江城が国宝になっていたことを知って写真を整理していたらこんな1枚が見つかりました。
d0256297_23315635.jpeg
2年前のその時は「えっ500万円!」と思って写真に撮っていたのだと思います。
どうやらこの懸賞金500万円をかけて探していたのが歴史的価値のある資料であり、結果的に見つかったのが慶長16年(1611年)の記載があった天守の祈祷札で、その祈祷札に空いていた釘穴と、天守の柱の釘が打たれていた跡が同じ位置だという事が証明されて、竣工年が分かる歴史的価値のある建造物とみなされて国宝に指定されたとのことなのです。

最初に書きました、国宝になろうがなるまいが足を運ぶわけですが、国宝になった松江城にも改めて行ってみたいものです。

明日のブログはメンテナンスリフォーム部の和田主任です。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ「つむじi-works」 ブログ「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2016-05-16 23:58 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
お城の金具
こんにちは桑山です。

今回は久しぶりにお城ネタでブログを書いていきたいと思います。

私はちょっとした連休があれば遠くに出かけて現地のものに触れるという事が好きなのですが、その中でもとりわけお城には並々ならぬこだわりを持っております。

お城の何がいいかと問われれば一言では語りつくせ無い程数々の魅力があるのですが、今回はその中でも大きなお城の小さな細部「金具」に注目して紹介したいと思います。

下の写真は犬山城の扉の金具です。
d0256297_22072660.jpg
d0256297_22073676.jpg
紹介したいのはこの丁番です、これかなり「潔い金具」だと思うのです。
何がいさぎよいかと言いますと、この丁番は見て頂いたら分かるとおり扉を突き抜け開くように作られていて、おそらく最初は釘のような形状で扉を打ち抜き先端を折り曲げて留めたかなりシンプルな作りです。
そしてもう一つ扉側の金具を受ける金具が柱に打ち込んであります。
ここからは想像ですがおそらく先に扉側の金具を取り付けてその高さに合わせて柱側の金具を打ち込んだのだと思います。
これ簡単に見えて実はかなり大変です。
上下の位置は簡単に出ますが左右と前後は正確な位置に打ち込まなければ扉が閉まらなくなったり隙間が出来てしまいます。

つまり「金具はもうこれ以上の精度は出せないから後は職人さんの腕で調整してね」という潔さがあると思うのです。

その他にも扉をあけておくつっかえ棒とその棒を留める為の金具もなんだかシンプルで見ていて楽しくなってきます。
d0256297_22073398.jpg
d0256297_22074285.jpg
現在は用途に合わせて様々な金物があって金物を選ぶのが仕事になっていたりしますが、当時は扉に合わせて金物を作り金物に合わせて職人さんが取り付けたのだと思うと、どっちが良い悪いではなく歴史ロマンを感じます。

明日はメンテナンスリフォーム部の和田主任です。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ「つむじi-works」 ブログ「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2016-02-24 22:50 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
古いものに触れる
こんにちは桑山です。

仕事が始まってあっという間に3日が経過しましたが、
皆様は正月休みをいかがお過ごしだったでしょうか?

私は大晦日に埼玉を出発して元日は三重県の伊勢神宮で初詣を行い。
d0256297_16242737.jpg

その足で本州最南端の和歌山県串本町に出向き初日の出を拝んできました。
d0256297_16233574.jpg
正月は普段足を運べない所に行くのが楽しくていろいろ見て周るのですが。
やっぱり欠かせないのが、お城めぐりです。

今回は和歌山県の和歌山城を観光してきました。
d0256297_16271052.jpg
天守は近年復元された物でしたが、当時からの形で城門が一つ残っていました。
d0256297_16300194.jpg
お城の南西に位置する岡口門は1621年ごろに設置された門とのことなので
400年近い時を過ごしてきたことになります。

大きな扉を支える武骨な鉄の金物
d0256297_16353088.jpg
柱の補修の跡とみられる継手など
d0256297_16370278.jpg
歴史を感じられて新年早々いい経験をしてきました。

ほとんどの住宅の基礎であるコンクリートの寿命が50~100年と
言われているので、400年持つ住宅はさすがに現実味がありませんが。
2007年には当時の首相である福田元首相が200年住宅を提唱していました。

400年や200年とは言いませんが、先ずは100年3世代は住みつづけられるような
家づくりを目指して、そのお手伝いとしてのメンテナンス業務を今年も行って
いきたいと思います。

明日のブログ当番はメンテナンスリフォーム部の和田主任です。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ「つむじi-works」 ブログ「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2016-01-08 17:01 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
城と言えば天守?
こんにちは桑山です。

私以前このブログでお城を巡るのが好きと書いたのですが、趣味でお城めぐり
と言いますと、こう聞かれます。「お城の何がいいの(-_-)?」とそんな時は
いろいろ言葉を尽くすのですが、なかなか伝わらない、これはホントに何とも
言えない悔しさです(>_<)
自分が好きだからいいじゃんと開き直るのですが、やっぱり少しでも多くの方に
お城の魅力を知っていただきたい。
私もまだまだ、お城愛好家とは言い切れない知識量ですが、
今回は日本のお城について書きたいと思います。

●お城とは
戦闘用の砦であり権力の象徴、政治の拠点です。
お城を構成する要素には、お堀、石垣、虎口(門)、櫓、塀、天守があり
建てられている場所により山城、平山城、平城に分けられます。
私のお城の楽しみ方の一つに、どうやってこのお城に攻めようか、逆にこういう
攻め方をされた時の守り方は?などと考えながら見学するという物があります。
塀に設けられた鉄砲狭間(小窓)や石落し(小さな穴)を見ながら当時の戦闘を
想像するとワクワクしてきます。
d0256297_21351984.jpg
●天守とは
お城と言って多くの方が想像するのが天守の事だと思います。
下の写真のような物が天守と呼ばれる建物で、お城=天守ではないのですが
その壮大さには、やはり惹き付けられる物がありますね。(写真は姫路城の天守)
d0256297_17583443.jpg
●石垣にはロマンがある
お城の中でもう一つ注目して頂きたいのが石垣です。
石垣の高さ、使っている石の種類、積み方による年代の違い等見どころは
いろいろあるのですが、これはもう理屈抜きに単純に想像していただきたい。
機械や重機がない時代に石を切り出し、加工して、運んで高く積み上げる
いったいどれくらいの人数で、何年かけて積み上げたのか、まさにロマンです。
d0256297_19235767.jpg

★これを知っているとお城ツウ

#1大雑把な分類
大雑把なお城の分類に織田信長、豊臣秀吉の流れを組んだお城か、
徳川家康の流れを組んだお城かという分類の仕方があります。
これを見分ける方法には外壁の色を見るという方法があります。
織田信長と豊臣秀吉の城は黒色(土壁、板塀、黒塗り)の仕上げが多く色だけの
分類ではないですが、これらは織豊系城郭(しょくほうけいじょうかく)と呼ばれ
徳川家康の城は外壁が白い(漆喰)仕上げになります。
もっと大雑把に言えば黒が古い、白が新しいという事です。

#2天守の分類
実は天守は下記のような分類が出来ます。
Ⅰ現存天守 Ⅱ復元天守 Ⅲ復興天守 Ⅳ模擬天守 Ⅴ外観復元天守

Ⅰは読んで字のごとく築城当時から現在まで現存している天守で現在は12城しかありません。
姫路城、弘前城、松江城、松本城、犬山城、丸岡城、彦根城、丸亀城、高知城、宇和島城、
伊予松山城、備中松山城

Ⅱ~Ⅴは近年再建されたものですが、再建のされ方により分類されます。
Ⅱ資料図面古写真があり位置規模が史実に基づいた再建(白石城、白河小峰城など)
Ⅲ位置規模が同じだが外観が史実と違う再建(大阪城、小田原城など)
Ⅳ位置規模ともに史実と異なる再建(清州城、伊賀上野城など)
Ⅴ外観のみほぼ同じ姿での再建(熊本城、名古屋城など)

「おまけ」
実は、ほとんどのお城にはスタンプが置いてあります。(写真は私のスタンプ帳)
d0256297_20152912.jpg
行ったお城のスタンプを押して回るのも面白いものですよ(^^)

明日はメンテナンスリフォーム部の和田さんです。
和田さんには何か譲れないこだわりありますか?



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ「ソーラータウン府中」:東京都のまちづくり・府中市での16棟分譲住宅 ブログ「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2014-09-03 07:35 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)
城、城、城
1月ももう半ばですが、明けましておめでとうございます。

メンテナンスリフォーム部の桑山です。

いきなりですが私今回の正月休みは趣味であるひとり旅に出てまいりました。

お城を巡るのが好きなのですが、今回は熊本城と松江城を見てきました。

熊本城
d0256297_17374923.jpg
松江城
d0256297_17373939.jpg


お城には日本人の心をくすぐるロマンがありますね。

今回の旅ではないですが他にもお城を巡っていて

兵庫県姫路城
d0256297_17373379.jpg
現在は平成の大改修を行っていて明日まで天空の白鷺という見学スペースで工事をまじかで見られるそうです(見たかった!)

福島県小峰城
d0256297_17375538.jpg
写真は4年前の物ですが、現在は東日本大震災の影響で石垣が崩れ入場出来ないようです。

大阪城
d0256297_1812240.jpg
大阪城外堀
d0256297_1885654.jpg
個人的には新しく作られた天守よりは外堀や石垣に歴史のロマンを感じます。

まだまだ行っていない犬山城、彦根城、広島城など、お城が沢山あるので、

いろんなお城を巡りたいと思います。

◎AIBA家づくり予備校ブログ
◎ソーラータウン多摩湖町ブログ
◎東京都のまちづくり・府中市での16棟分譲住宅「ソーラータウン府中」ブログ
◎暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム「あいばこ」HP ブログ
◎相羽建設の設計ブログ  

d0157375_19495884.gif

by aibakouzibu | 2014-01-14 18:13 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)