人気ブログランキング |

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。
さて、今回はインターホンの交換工事に伺ってきましたので
その様子をご紹介します。
今回、工事のご相談を受けたお客様のお宅は
少々年数が経っていて、インターホンではなく呼び鈴(ブザー)のみとのお話し
来客や、防犯でご不便されているとのお話なので、
カラーモニターインターホンを提案させていただき、施工しました。
工事前はこんなかんじの押しボタンと
d0256297_16313986.jpg
こんなかんじの呼び鈴(ピンポン)
d0256297_16343083.jpg
これらを交換作業していきます。懐かしいですね、若い方はご存じないかもしれませんね。
まず外部の押しボタンを外して、
d0256297_16314792.jpg
取り付けていきます。
d0256297_16315302.jpg
d0256297_16341985.jpg
室内側も、取り外して
d0256297_16344166.jpg
交換していきます。
d0256297_16345145.jpg
出来上がり。
d0256297_16351003.jpg

今回は条件が良かったので作業時間は約1時間でした。

次回の工事部ブログは渡邉さんです。
ぜひご覧ください。








にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-31 16:42 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

加工場での家具つくり

こんにちは新藤です。

今年のブログ初投稿です!
昨年の12月にブログアップしてからほぼ雨らしい雨が降らずとても乾燥する毎日を
過ごしていますが皆様風邪などは大丈夫でしょうか。

インフルエンザも丁度ピークを迎えており、出来る限り人の多いところを避け手洗や
うがい、加湿器をつけ23時には就寝して睡眠を多くとるようにしています。


本題です。

建物が完成に近づいてくると、弊社の加工場では大工さんが細かい図面を見ながら
何やら目を細めながら削っています。

これは何でしょうか?
d0256297_19391869.jpg
d0256297_19400797.jpg
午後に加工場に戻るとこんなカタチになっていました。
組み方は教えてもらえませんでしたが、カットした溝に(ビスケット)という木のチップを埋め込んで
組み立てていました。気の遠くなる細かい作業です。
d0256297_19490690.jpg
d0256297_19542084.jpg
組み立てが終わり次の日には塗装を行いしっかり養生をしてからトラックに積込み新築現場に運び込みます。
我々が一番緊張するのが2階に搬入する時です。(階段から運べたらラッキーと考えます)

d0256297_20021639.jpg
家具には作り手の気持ちも一緒に届けています!!




次回アーテックの野田さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-30 20:05 | 工事 新藤 | Trackback | Comments(0)

代沢保育園 竣工!

昨年末、約9ヵ月間にわたり進めてきました世田谷の代沢保育園が無事に竣工しました。

延床面積 約180坪 木造2階建ての保育園です。

設計監理は袴田喜夫建築設計室さん。 

今日は竣工時の様子の一部をご紹介します。

d0256297_19393415.jpg
4、5歳児保育室から中庭を望む。庭の奥はホールとランチルーム。
とても奥行を感じる私の好きなアングルです。

d0256297_19394747.jpg
4,5歳児保育室。家具も入り、春の開園を待ちます。


d0256297_19395507.jpg
ホール。
天井は秋山棟梁はじめ大工さんの手による木ルーバー造作です。

d0256297_19400394.jpg
幼児用のロッカー。

d0256297_19402582.jpg
チェリー材のこども椅子。各保育室に家具が納められました。

d0256297_19403495.jpg
家具屋さんによるまるいローテーブル。エッジの加工はやはり上手です。

この保育園は、「くつろぎ」が大切なテーマとして計画されたと聞きます。

だからいろんな場所に子供たちがくつろげる空間が散りばめられています。

工事期間中は、常に追われている感覚でしたが無事に竣工お引渡しすることができてなによりです。

関係者の皆様 ありがとうございました!
                                荻野


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-29 20:10 | 工事 荻野 | Trackback | Comments(0)

こんにちは樋口です。

今日は現場から少し離れて、週末のお話を。
先日のお休み、こんなところへ行ってきました。

d0256297_19204786.jpg

チームラボの展示です!

普段建築施工に携わっていると様々な照明に出会います。
が、こんな壮観な景色は住宅では見られないですね。

上の写真はLED照明を使った展示なのですが、とても圧巻の景色でした。
私も初めてチームラボの展示を見てきたのですが、まだの方はぜひ!

そして、まだの方はぜひ!といえばこちら!
現場監督による「家の性能まるわかりセミナー」です。
建物の構造材が立ち、断熱材が施工された段階の建物の「中身」を見ることができます。
もう家を建てた方も、これからの方も、なかなか見られない部分ですので、「まだの方はぜひ!」お越しください。


明日のブログは荻野さんです。
お楽しみに!


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-28 19:34 | 工事 樋口 | Trackback | Comments(0)

こんにちは!メンテナンス部の佐々木です。
暖冬と言われている今年の冬ですが
今週は強い寒気が南下して、寒い日が続きそうです。
とはいえ、昨年のような凍結事故は今年はなさそうな雰囲気ですね。

さてさて、時々お客様からご相談があるのが、壁に穴をあけてしまった!
という相談です。

階段で転んだ際に、膝で穴をあけてしまったとのこと、、、泣
d0256297_17472034.jpeg
左官壁なので、本来なら壁一面を塗り替えなければ、綺麗な仕上がりになりません。
今回はお客様とも相談して、工事費用を抑えるために部分補修となりました。

まずは大工さんが、壊れた下地をカットして、新たな下地ボードを施工します。

その後に左官屋さんが同じ左官壁を利用して仕上げていきます。

d0256297_17474440.jpeg

どうしても、補修痕が出てしまいます。

今回は階段ということもあり、壁一面が広いこともあり、部分補修になりました。
今後もお客様と相談しながら対応をしていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で!

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-24 20:48 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)

リフォーム現地調査


メンテナンス・リフォーム部の和田です。



お正月も明け、どの業者さんにもエンジンが掛ってきました。
今年は、年明けから新規のリフォーム着工が重なっております。

私自身は、勤務形態を少し変えて、心機一転で進めて行きます。
宜しくお願い致します。



さて今日のご紹介するのは、リフォームの事前調査です。
業界用語では、現調“ゲンチョウ”※現地調査の略 と呼ばれています。


お客様の許可を得て、寸法の他にも色々と調べて行きます。

d0256297_22195764.jpg
ユニットバスの天井裏はもちろん。






d0256297_22201184.jpg
換気扇のフードの向き。





d0256297_22202667.jpg
排水管の方向など・・・





項目を決めて調べる事で、その後の打ち合わせ、見積もりがスムーズになります。


そして数ある調査の中でも、最も調査らしいのが、コレ!

d0256297_22205754.jpg



レーザー測定です! 




d0256297_22210822.jpg


据え付け位置を調整して電源を入れると、赤いレーザー光線がでます! 未来っぽいです!!(笑)

水平方向と垂直方向が投影されるので、現在の床や壁の傾きが分かります。
d0256297_22214141.jpg


カッコいいだけではなく、この傾き調査が、内部の異常を発見する大切な検査になります。

また調査の結果は、その後のリフォームプランや・工事金額に関わっていくので工事予算的にも重要です。



実際に住んでいる家では調査が難しい場合も多いですが、工事後のトラブルを減らす為に、これからも大事にして行きたいと思います。


それでは。今日のブログはここまで。


次の担当はメンテナンス・リフォーム部の佐々木さんです。

お楽しみに!





















にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-22 22:47 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)

現状(現況)に合わせる

こんにちは桑山です。

早いもので一月も残り1/3となりました、正月気分なんてとっくに抜けて今年もやりたいことが、たくさんあります。
私事ですが2日前に31歳になりまして年を重ねるごとに、この気持ちが増していくのですが

「やりたいことに対して1年て短い!」

去年やりたかったことが持ち越しで今年の目標に組み込まれたり、なんだったら、4年前に買って読んでなかった本が映画化されることになってネタバレされたくないから公開前に慌てて読もうと思ったりと年々やりたいことが増えて行くせいもありますが、1日1日を無駄にせず生活しようと思います。

さて前置き長くなってしまいましたが本題、現場の事を書いていきます。

このブログでは相羽建設の現場監督が自分の仕事について、いろいろ書いていますが、相羽建設には大別すると2種類の現場監督がいます。
一つは新築工事の現場監督、もう一つはリフォーム(改修工事)の現場監督です。

このブログのカテゴリで「工事○○」とついている方が新築工事担当で「メンテ・リフォーム○○」となっている方が改修工事の監督です。※○○のところには各監督の名前が入っています。

何が違うかと言いますと「新築工事」は何もない土地だけの状態から基礎を作り、骨格を作り、内部外部を仕上げます。
それに引き換え「改修工事」は建物により条件は違いますが、ほとんどの場合はすでに建っている建物の骨格を生かして内装を壊して作り替えたり、骨格を継ぎ足して増築したり、逆に減らして減築したりしながら、最終的に内部外部を仕上げます。
そして私は、「改修工事」の現場監督になります。

改修工事の現場監督に求められる能力の一つに「現状に合わせる」というものがあります。
改修工事には様々なパターンがあります、築年数が10年、20年、30年、構造が木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、戸建て、マンション、アパート、新築時の図面が残っている物件、残っていない物件など条件は様々です。
新築工事であれば0から作り上げていくので対応できることも、改修工事となると、そうもいかないことが出てきます。

とあるマンションの現場で床の高さの設定を現状に合わせるという事がありました。
d0256297_15022939.jpg
d0256297_15021968.jpg
d0256297_15023717.jpg
床の高さを決めるための検討事項とし下記のような項目を検討しました。
1.排水の勾配を取るために必要な床下空間の高さ
2.洗面所と廊下に段差をつけるかフラットに仕上げるか
3.バルコニーに出るためのサッシの敷居の高さ
4.レンジフードの高さ
5.廊下建具と梁との取り合い

ここからは興味がある方だけ読んでいただければと思うのですが、上記項目で肝になるのは床下空間の高さになります。
下の写真は解体直後の排水管に水平器を置いた写真になります。
ほとんど水平で勾配が取れていない状態です。
これだと配水管の中に水が残ってしまいます。
d0256297_15142374.jpg
この状態ではダメなのでやり直して水が流れるように排水の勾配を取ってあげます、しかし勾配を取る為には水下側を下げるか水上側を上げるしかありません。
マンションの場合水下側は上の階から下の階まで配水管が通っていて固定されているので下げることは出来ません、そうすると必然的に水上側を上げる事になります。
そして水上側を上げるという事は、床下空間が今までより必要になるという事です。
必要最低限の勾配を取った状態で配水管の一番高いところに干渉しない位置で床の高さを決めてあげます。
そして2.3.4.5.の項目も考慮したうえで極力バリアフリーで天井の高さをなるべくとれるようにして使い勝手がいい床の高さを決めていきます。

また、図面が残っておらず解体前は分からなかった壊すことのできない構造の梁に建具が当たってしまったり、新設の階段を開ける床に梁があったり、解体後に発覚する問題が多数あります。
その時に必要になるのが現状に合わせるという事です、梁に建具が当たってしまうのであれば建具の高さを梁の下にしたり、開き戸で開けたときに当たってしまうのであれば照明のスイッチの位置や部屋の使い勝手を考慮したうえで開く方向を変えたり、引き戸に変えたり。
設計者に相談しながら意匠的にも機能的にも予算的にも問題のない範囲で提案して施工をしていきます。

AIBAのイベント情報



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-21 15:27 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

奈良のお寺

パソコンを整理していたら8年前に奈良を訪れた際の写真が出てきました。
d0256297_19224726.jpg
法隆寺
宮大工の小川三夫さんが書かれた。「宮大工と歩く奈良の古寺」 という本を片手に
法隆寺・法輪寺・法起寺、薬師寺などのお寺さんを回りました。
d0256297_19275972.jpg
薬師寺

当時私は、千葉で大工仕事をしていた事もあり、いろいろと感じることも多く面白い旅でした。

そして今は、東村山の相羽建設で現場監督をしているのですが、
同じ場所を訪れたとしても、きっと感じることは違うのだと思います。
d0256297_19254480.jpg
十輪院
写真を見ていたらまた行ってみたくなりました。

橋詰

次回のブログはメンテナンス・リフォーム部の桑山さんです。

by aibakouzibu | 2019-01-19 08:00 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

いつか来る日に備えて。


工事部 堀野です。
先日は都内でも初雪が観測されるなど、寒い日が続きますね。
インフルエンザが流行っています。
帰宅後の手洗い・うがいを忘れずに、夜は温かくして休みましょう。


1995年1月17日、早朝5時46分52秒。
神戸を中心とした近畿地方を激しい地震が襲いました。
阪神淡路大震災です。
6434人の尊い命が失われ、4万人以上が負傷した震災から24年が経ちました。

先日放送されたドラマ「BRIDGE」。
震災当時、崩落した駅を復旧させるため奔走する工事所長とそれに関わる人たちのヒューマンドラマでした。
自らが被災し家を失いつつも、復旧作業に全力を注ぐ現場責任者。
これは決してTVドラマの中での話ではなく、いつか本当にやって来ることかもしれないと考えさせられました。

テレビドラマ「BRIDGE」公式サイト 
https://www.ktv.jp/bridge/
 
d0256297_08330811.jpg

阪神淡路大震災で亡くなられた方の死因、その9割が住宅倒壊等による圧死でした。
いつ来るか分からない「いつか来る日」に備えて自分たちが出来ることは、それが来ても
安心な建物を作る事。当たり前な話ですが、それを再確認させていただきました。

d0256297_08391005.jpg
(神戸新聞HPより)

神戸新聞 阪神淡路大震災特集 HP https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/



皆さんも是非、今週末は家族でもしもの時に備えて話し合ってみてはいかがでしょうか。
自分も日曜日に非常持ち出し袋の点検をします。


次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに。






AIBAのイベント情報



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-18 09:21 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

仮設計画。

こんにちは渡辺です。

本年もよろしくお願いします。


新しい現場が始まる際の

現場監督がしごとののひとつに

仮設計画があります。


仮設電気のポールをどこにたてるか

トイレはどこに置くか

足場はどこまでの範囲にするか

建て方レッカーはどこに設置するか

コンクリート打設は

駐車スペースは

などなど

d0256297_09014203.jpg
この計画がしっかりできていないと

トイレが邪魔!

建て方のレッカーが設置できない!

毎日道路掃除!

などなど、問題が発生してしまいます。


一年の計は元旦にあり。

と言いますが、

工事の計は仮設にあり。と言うとか言わないとか。




次回は工事部の堀野さんです。

お楽しみに。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-17 09:02 | 工事 渡邉 | Trackback | Comments(0)