人気ブログランキング |

カテゴリ:メンテ・リフォーム桑山( 185 )

図面入れを改造

こんにちは桑山です。

梅雨入りしましたね、今年の梅雨は長引くらしいのですが本当でしょうか、
建築をやっている立場としては雨の日が多いと困りものですが、
農家さんとかは適度に振ってくれないと困ったりもするのでしょうか。
雨が降っても工事は進めなければならないので試行錯誤で段取りを変えて工事を進めていきます。

話は変わりまして、とある家具の工事
d0256297_08433729.jpg
なんてことはない図面入れなのですが、見た目を良くするために引き手部分に木材を当てがおうとしています。
d0256297_08432435.jpg

d0256297_08432764.jpg
指のかかり方などを考慮しないといけないので四苦八苦
d0256297_08433064.jpg
まだ完成していませんが次回の投稿の際に出来栄えをお伝えできればと思います。

by aibakouzibu | 2019-06-10 22:55 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

下請けでのOM工事

こんにちは桑山です。

年に1物件ぐらいですが、普段元請けとして住宅を建てている相羽建設ですが、下請けとしてOMソーラーのみを設置する工事の話が来ることがあります。

小学校の体育館や保育園の遊戯場、集合住宅につけるたりするのですが、普段木造の工事が多い中RC造や鉄骨造の建物で工事することもあり、普段のノウハウでは納まらない仕上がりもあるので、勉強になります。

写真は工事途中のOMソーラーのハンドリングボックス。
d0256297_08052727.jpeg

元請けの監督として仕事をしていると見失うこともある職人さんとのコミュニケーションを下請けの立場で現場に入ることで見えてきたりもします。

ルーティンとまではいかないまでも慣れた普段の業務とは違う下請けでのOM工事は勉強の場にもなっているので、今後も話があるときは積極的に取っていきたいと思います。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ

d0157375_19495884.gif


d0256297_19435773.jpg




あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-05-16 20:01 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

現存12天守

こんにちは桑山です。

平成終わって令和になりますね、元号変わる前から令和って結構言葉にしているので、すぐ馴染む気がします。

過去このブログでも何度か書いてきましたが。

平成も終わるので平成の内に達成できた趣味のお城巡りについてまとめてみました。

皆さん日本には数々のお城がありますが、そのお城の中にある「天守」という、お城と言われて多くの人がイメージする建物で築城当時から現在までその姿を残している天守がいくつあるかご存知でしょうか?

正解は12天守です。

現存12天守なんて呼ばれ方をしている、お城好きとしては訪れたい場所なのですが、私もお城好きの一人として2009年9月〜2017年8月までの8年間をかけてお城巡りをしてきました。

d0256297_14480675.jpg
1箇所目は2009年9月に訪れた兵庫県の姫路城、言わずと知れた国宝でもあり唯一世界遺産のお城、他の現存天守と比べても規模が大きくザ・お城と言ったお城です。
このお城があったからお城巡りが趣味になった思い出のお城です。
d0256297_14481443.jpg
2箇所目は2011年3月に訪れた愛媛県の伊予松山城、このあと出てくる備中松山城と区別するために伊予松山城と呼んでいますが松山城といえばこちらになると思います。
1602年築城で現存天守の中では1番新しく個人的には訪れたお城の中では姫路城に次いで、好きなお城ナンバー2のお城です。
d0256297_14482535.jpg
3箇所目は2013年8月に訪れた青森県の弘前城、東北唯一の現存天守で今はなんと孕んだ石垣の回収のために曳屋されて天守が移動しています。(2018年に移動した天守も訪れました。)
桜の名所としても有名なのですが、なかなか桜の時期に行くのが難しくいつか桜の時期に行ってみたいお城です。
d0256297_14482858.jpg
4箇所目2014年1月に訪れた島根県の松江城、このお城は2015年に現存天守では5つしかない国宝に認定されたお城です。
d0256297_14483014.jpg
5箇所目2014年2月に訪れた長野県の松本城、漆黒のお城で織田信長、豊臣秀吉の流れを組んだ織豊系(しょくほうけい)の国宝天守、お城は大別すると山城、平山城、平城と分けることができるのですが。
現存天守では唯一の平城です。
d0256297_14503331.jpg
6箇所目2015年9月に訪れた福井県の丸岡城、現存天守の中では最古のお城と言われていて、長い年月を耐えた石瓦の屋根のお城です。
d0256297_14504002.jpg
7箇所目2015年9月に訪れた滋賀県の彦根城、国宝天守の一つでひこにゃんが有名ですが、ものすごい人気で、見て回るのに2時間以上かかったのを覚えています。
d0256297_14504832.jpg
8箇所目2015年9月に訪れた愛知県の犬山城、木曽川のすぐ側に建っていて、貿易の拠点としても数々の武将が欲したお城、こちらも国宝天守です。
d0256297_14505385.jpg
9箇所目2017年1月に訪れた香川県の丸亀城、石垣が有名なお城で丸亀城だけで様々な種類の石垣と総高では日本一高い石垣を見ることができます。
d0256297_14505773.jpg
10箇所目2017年1月に訪れた高知県の高知城、雨の多い地域ということで石の樋などで雨から建物を守る工夫がされていました。
d0256297_14522159.jpg
11箇所目2017年1月に訪れた愛媛県の宇和島城、東京から行くには1番遠く現存天守では最も南にあるお城です。
d0256297_14522660.jpg
12箇所目2017年8月に訪れた岡山県の備中松山城、現存天守の中では1番高い場所に建てられた山城で、時期と運が良ければ雲海の中に建つ天守が見られるそうです。
丸8年かけてお城巡りした現存12天守ラストの城だったので感慨深いものがありました。

とまあ趣味のことなのでいつも以上に熱が入って長々と書いてしまいましたが、現存天守がないお城でも巡るのは楽しいので、次は生きてるうちに100名城を巡ろうかなと思っています。




にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif


d0256297_19435773.jpg





あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-04-23 14:39 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

こんにちは桑山です。

関東では桜が今まさに満開で明日は天気が良くて暖かく
絶好の花見日和になりそうですね。

そんな中ですが現在まさに見ごろというか今日から一週間しか見ることができないマンションリフォームの見学会が川越市(上福岡エリア)にて行われております。

本日4月6日(土)~4月12日(金)までお客様のご厚意で完全予約制の見学会を開かせていただけることになりました。

内容としてはいわゆるスケルトンの状態にしてのフルリノベーションでして、ビフォーアフターの写真を何枚か載せさせていただきます。

先ずはキッチン、工事前は食器棚や冷蔵庫を置くための空間でしたがキッチンを移設して窓辺に持ってきました。
d0256297_17005292.jpg

続いて本棚、間仕切りを移動したので以前より広いスペースが取れて収納量が格段にアップしています。
最後に畳スペース、もともと6畳の畳と押入れがあったスペースの間仕切りを移動してコンパクトに4畳半とオープン収納の空間に、押し入れ収納の変わりに小上がりにして畳の下に引き出しの収納と吊り棚の収納を設置。

部屋は小さくなりましたが、以前より収納量はアップしました。
d0256297_17093918.jpg
そのほかにも様々な仕掛けで見どころ満載のマンションリフォーム見学会。

是非ともいらしてください。

詳しくはこちら


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif


d0256297_19435773.jpg





あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-04-06 17:13 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

DIYでやってみた結果

こんにちは桑山です。

私事ですが、つい先日寝違えて首を痛めてしまい、市販の湿布を貼っていたのですが、3日間ほど何をするのもつらい状態が続いておりました、これはダメだなと思い病院に行って湿布を処方してもらい貼ったところ、見る見るうちに回復して今とても気分よく仕事をしております。
お医者さんすごい!処方された湿布すごい!そして本当に健康って大事だなと思った三日間でした。


さて、そんな大事な健康状態を保つ為に重要なのが住まいだと思います。

約1年前になりますが、引っ越しをしまして、せっかく住むところ、少しでも快適にしたいなと既存のクッションフロアの上に大工さんの道具を借りて無垢の床板を貼りました。
d0256297_20255165.jpg
悪戦苦闘しながら張って6畳ほどの部屋を3日かけて仕上げたのですが、まあ苦労しました、やはり本職には敵わないなと。
d0256297_20255317.jpg
最後はオイル塗装で仕上げて扇風機を使って乾燥させました、楽しかったんですが、労力と費用そして何よりも仕上がりを考えるとたぶん自分では二度とやらないと思います。
d0256297_20255564.jpg
楽しむ事が目的ならオススメですが、費用を浮かせようという気持ちでやるのはあまりオススメ出来ません。

ちなみに私は、これからも現場監督として頑張っていこうと思った次第です。

次回はメンテナンスリフォーム部の和田さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif


d0256297_19435773.jpg



あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-03-19 20:35 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

現場に合わせて

こんにちは桑山です。

久しぶりに連日の雨で、寒さがちょっと戻ってきたなと感じている今日この頃、花粉も飛んでいて体調の変化に気を付けなければなと思います。

さて今回は現場に合わせて作ったものをご紹介しようと思います。

それは、こちら!
d0256297_16014992.jpg
現場のエレベーターの高さや廊下の幅に合わせて作ったこの現場専用の台車です。
d0256297_16020603.jpg
マンションの最上階の部屋で通常の台車だと石膏ボードの搬入が困難だったので、エレベーターと廊下の幅などを実測して作成しました。

我ながらいい出来で搬入の効率がかなりアップしました。
この現場が終わったら、ばらさないとなので名残惜しいのですが、迅速に現場を終わらせたいと思います。

AIBAのイベント情報



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg




↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-03-04 16:05 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

プチリフォーム(障子窓)

こんにちは桑山です。

やっと体が寒さに慣れてきたと思ったら日中は日が出ていると車の中は暑いくらいの日差しの二月、徐々に日も伸びてきて梅の花も咲き始めて、もうすぐ春ですね。

さて、今回はちょっとしたプチリフォームのご紹介、和の雰囲気が好きな方がいたら必見です。

こちらの何の変哲もない窓
d0256297_20101272.jpg
このままでも暮らしに不便さはないのですが・・・
d0256297_20103227.jpg
トータル3日間の工事でこんな感じに障子窓にプチリフォームを行いました。
d0256297_20110486.jpg
工事の流れとしては

既存枠の採寸→図面作成→溝をついた枠の造作→枠の解体及び溝のついた枠の取り付け→障子の採寸→障子を製作して設置といった流れでした。

もともと和の雰囲気がお好きな方で部屋の雰囲気もがらりと変わり大変喜んでいただけました。



AIBAのイベント情報



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg




↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-02-19 20:16 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

三角スケール

こんにちは桑山です。

時代の変化は目覚ましいもので、私が入社した2011年はガラケーと呼ばれる携帯電話が主流でしたが、2019年の現在スマートフォン、スマホが大半を占めてきていますね。

いろいろな機能が集約されていて、カメラ、計算機、ボイスレコーダー、メモ帳、動画や音楽の視聴、雑誌も読めるし、お店の支払いも出来る様になってきて。
近い将来、免許証などの身分証明書、家や車のカギなど普段持ち歩くものはどんどんスマホに集約されていく気がします。

さて、そんなハイテクな時代ですが、アナログながら使い続けていいるお気に入りの道具は皆さんお持ちだと思います。

かく言う私もアナログだけど使い続けてるお気に入りの道具がいくつかありますが、その中でも一つ学生時代に購入してかれこれ12、3年使っている道具があります。

それがこちらの三スケです。
d0256297_19321134.jpg

正式名称でいうと「三角スケール」というものなのですが、何に使うものかというと、建物全体の図面、当たり前ですが原寸(実際の寸法)では描けません。

基本的には何分の一かに縮小して図面は描かれます、住宅の場合ですと家全体をA3の用紙に納めるなら大体1/50で描きます。
最近は図面を描くときはパソコンのCADと呼ばれるソフトで描く事がほとんどなのでパソコンの画面上で大きくしたり小さくしたり調整しますが印刷した図面で確認したい寸法を測るのに活躍するのが三スケです。
私が長年使っているものはオーソドックスな1/100~1/600の三スケで
d0256297_19321512.jpg
d0256297_19321872.jpg
建築図面で表現される1/30や1/50(目盛を10倍して読みます)1/3や1/5(目盛を100倍して読みます)などを網羅しています。
この三スケを駆使して入り口の幅や天井の高さ、壁の厚みなどを確認して現場を管理していきます。

ちなみに昨年六本木の森美術館でやっていた「建築の日本展」では「三スケ割」というものがありました、マイ三スケを持参すると入館料割引という割引でしたが建築を学ぶ人なら必ず持っている道具だから三スケが選ばれたのだと思います。


次回はメンテナンス部の和田さんです。


AIBAのイベント情報



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg




↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-02-05 10:00 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

現状(現況)に合わせる

こんにちは桑山です。

早いもので一月も残り1/3となりました、正月気分なんてとっくに抜けて今年もやりたいことが、たくさんあります。
私事ですが2日前に31歳になりまして年を重ねるごとに、この気持ちが増していくのですが

「やりたいことに対して1年て短い!」

去年やりたかったことが持ち越しで今年の目標に組み込まれたり、なんだったら、4年前に買って読んでなかった本が映画化されることになってネタバレされたくないから公開前に慌てて読もうと思ったりと年々やりたいことが増えて行くせいもありますが、1日1日を無駄にせず生活しようと思います。

さて前置き長くなってしまいましたが本題、現場の事を書いていきます。

このブログでは相羽建設の現場監督が自分の仕事について、いろいろ書いていますが、相羽建設には大別すると2種類の現場監督がいます。
一つは新築工事の現場監督、もう一つはリフォーム(改修工事)の現場監督です。

このブログのカテゴリで「工事○○」とついている方が新築工事担当で「メンテ・リフォーム○○」となっている方が改修工事の監督です。※○○のところには各監督の名前が入っています。

何が違うかと言いますと「新築工事」は何もない土地だけの状態から基礎を作り、骨格を作り、内部外部を仕上げます。
それに引き換え「改修工事」は建物により条件は違いますが、ほとんどの場合はすでに建っている建物の骨格を生かして内装を壊して作り替えたり、骨格を継ぎ足して増築したり、逆に減らして減築したりしながら、最終的に内部外部を仕上げます。
そして私は、「改修工事」の現場監督になります。

改修工事の現場監督に求められる能力の一つに「現状に合わせる」というものがあります。
改修工事には様々なパターンがあります、築年数が10年、20年、30年、構造が木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、戸建て、マンション、アパート、新築時の図面が残っている物件、残っていない物件など条件は様々です。
新築工事であれば0から作り上げていくので対応できることも、改修工事となると、そうもいかないことが出てきます。

とあるマンションの現場で床の高さの設定を現状に合わせるという事がありました。
d0256297_15022939.jpg
d0256297_15021968.jpg
d0256297_15023717.jpg
床の高さを決めるための検討事項とし下記のような項目を検討しました。
1.排水の勾配を取るために必要な床下空間の高さ
2.洗面所と廊下に段差をつけるかフラットに仕上げるか
3.バルコニーに出るためのサッシの敷居の高さ
4.レンジフードの高さ
5.廊下建具と梁との取り合い

ここからは興味がある方だけ読んでいただければと思うのですが、上記項目で肝になるのは床下空間の高さになります。
下の写真は解体直後の排水管に水平器を置いた写真になります。
ほとんど水平で勾配が取れていない状態です。
これだと配水管の中に水が残ってしまいます。
d0256297_15142374.jpg
この状態ではダメなのでやり直して水が流れるように排水の勾配を取ってあげます、しかし勾配を取る為には水下側を下げるか水上側を上げるしかありません。
マンションの場合水下側は上の階から下の階まで配水管が通っていて固定されているので下げることは出来ません、そうすると必然的に水上側を上げる事になります。
そして水上側を上げるという事は、床下空間が今までより必要になるという事です。
必要最低限の勾配を取った状態で配水管の一番高いところに干渉しない位置で床の高さを決めてあげます。
そして2.3.4.5.の項目も考慮したうえで極力バリアフリーで天井の高さをなるべくとれるようにして使い勝手がいい床の高さを決めていきます。

また、図面が残っておらず解体前は分からなかった壊すことのできない構造の梁に建具が当たってしまったり、新設の階段を開ける床に梁があったり、解体後に発覚する問題が多数あります。
その時に必要になるのが現状に合わせるという事です、梁に建具が当たってしまうのであれば建具の高さを梁の下にしたり、開き戸で開けたときに当たってしまうのであれば照明のスイッチの位置や部屋の使い勝手を考慮したうえで開く方向を変えたり、引き戸に変えたり。
設計者に相談しながら意匠的にも機能的にも予算的にも問題のない範囲で提案して施工をしていきます。

AIBAのイベント情報



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-21 15:27 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

京都観光

あけましておめでとうございます。

桑山です。

平成31年スタートしましたね、私2018年-2019年の年越しは京都に旅行に行ってまいりました。
2017年のGWにも行ったのですがやはり京都は奥が深い

到着して早々行ったのは渡月橋以前のブログにも書きましたがお城も好きですが橋も好きなので行ってみたかった場所の一つです。
d0256297_18220372.jpg
d0256297_18221174.jpg
そこから嵐電に乗りまして徒然草にも出てくる仁和寺、石庭で有名な龍安寺、雲竜図で有名な妙心寺などお寺巡りをしました。
d0256297_18291729.jpg
d0256297_18292619.jpg
d0256297_18293199.jpg
d0256297_18315932.jpg

そして中学時代の修学旅行で訪れることのできなかった慈照寺(銀閣)
d0256297_18312457.jpg
庭の作りがとてもよくて、かなり入り浸ってしまいました。
下の写真はたまたま撮れた残り一枚のカエデの葉っぱ、今回の旅のベストショットだと自負している一枚

d0256297_18313686.jpg

初詣は宿の近くにありました「護王神社」で行ったのですが、足腰にご利益にある神社でして、たまたま今年の干支「亥」イノシシが狛犬の代わりに狛亥としている神社でした。
由来に興味ある方は→こちら
d0256297_18184529.jpg
d0256297_18185502.jpg

元旦には改めて八坂神社でお参りもしました。
d0256297_18325723.jpg
d0256297_18330468.jpg

時間の許す限りいろいろ回ったのですが、やはり京都は奥深い、候補に挙げていた場所の1/3程しか巡れませんでした、しかも観光している先でも新たに情報を仕入れて候補が増えていくという飽きの来ない町でした。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー ブログ
AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

by aibakouzibu | 2019-01-09 18:35 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)