人気ブログランキング |

2019年 03月 07日 ( 1 )

美しい階段

先月竣工した住宅の階段をご紹介します。

今回の階段はあまり携わることのないスチール階段でした。

d0256297_17203880.jpg
完成形① 踏み板や笠木にはナラの無垢材を用いています。
木造作は中山棟梁によるもの。

d0256297_17204576.jpg
施工中① 踊り場やささら板を木軸梁にかけて固定しています。

d0256297_17205178.jpg
完成形② 手摺は一体でつながっているように設えています。

d0256297_17205608.jpg
施工中② 実はスチールの接続部は溶接を行いその後サンダーかけをしてなめらかに仕上げています。

d0256297_17210129.jpg
完成形③ 手前味噌ですがちょっとうっとりする空間です。

d0256297_17210612.jpg
施工中③ 建て入れ精度を出すために何度も何度も調整作業を行いました。
取りつけを行うのは赤川鉄工のかば原さんら。

d0256297_17211333.jpg
ささら板と踏み板がどう固定されているのか不思議な納まり。
踏み板は厚みを36ミリとしていますが、正面の見つけ面はテーパーをつけて
24ミリとしています。軽やかに見せる工夫です。

d0256297_17214131.jpg
とても手触りのよい手摺笠木。

d0256297_17230997.jpg
小倉さんによる手摺笠木の原寸図スケッチ。

施工の難しさはありましたが、日常の上り下りが楽しくなるような実用的で
かつ美しい階段に仕上がったのではと思います。

                          荻野











by aibakouzibu | 2019-03-07 18:09 | 工事 荻野 | Trackback | Comments(0)