2018年 11月 05日 ( 1 )


工事部 堀野です。
春先から担当させていただいた施設現場も仕上げ工事が進み、
引渡しまでの追い込みに入っています。
最後まで気を抜かずに頑張ります。


突然ですがここでクイズです。
「使えば使うほど、溜まるものって何?」

答えはゴミです。
お金とは真逆ですね。一回ぐらい逆転しないかな?なんて
くだらない事は考えないでおきましょう。

一般生活の中で必ずゴミが出るように、建設現場でも毎日のようにゴミが出ています。
木片、金属くず、梱包材のダンボールにビニール、接着剤の容器、塗料缶・・・・
それらは「建設廃棄物」と呼ばれ、専門業者さんにより回収・処理が行われます。
これらを業者さんに回収してもらう際、必ず発行されるのが「マニュフェスト」と呼ばれる伝票です。
どこの現場から出たゴミか?どこの業者が回収・搬送したか?どこで最終処分を行うか?
それらの詳細が記載された重要書類です。マニュフェストは5年間の保管義務があります。


d0256297_14162228.jpg

d0256297_14162858.jpg

「良い現場は産廃置場が綺麗」、というのは私の持論ですが。
良い現場を見分ける方法のひとつでもあります。

次回は担当現場が綺麗な橋詰さんのブログです。
お楽しみに。






[PR]
by aibakouzibu | 2018-11-05 14:29 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)