2018年 10月 08日 ( 1 )

時代は変われど。

工事部 堀野です。

気温が下がり始め、秋らしい日が続くようになりました。
現在常駐している施設現場も仕上げ工事に向けて進行中です。
気を引き締めなおして頑張ります。


昨日(10/7)に放送されたNHKスペシャル「マネー・ワールド 資本主義の未来」。
そう遠くない未来に、自分たちの仕事は無くなるかもしれない・・・・。
ロボットやAI技術の進化による「第4次産業革命」が私たちの生活をどう変えるのかという衝撃的な内容でした。



d0256297_16215361.jpg


建設現場にもAIやロボット技術の波が押し寄せています。
つい先日、日本の産業総合研究所(AIST)が開発したヒューマノイドロボット「HRP-5P」が公開されました。
積まれた石膏ボードの山から、ボードを一枚だけ運び壁に貼り付ける様は「大工ロボット」そのものです。


d0256297_16214801.jpg


ゼネコン大手の竹中工務店とソフトバンクロボティクスは、自律制御AIによる現場巡回・進捗管理や安全点検を行うロボットを
2019年夏以降までに本格活用することを発表しています。すでに今年6月から現場での実証実験を開始。そのロボットがこちら。



d0256297_16444999.jpg


・・・・・・・現場で何も知らないまま出会ったらトラウマ間違いなしですね(笑)。

住宅施工現場では、積水ハウスが天井の石膏ボード張りを行うロボットの実用化を目指して実証実験を進めています。
実用化予定は2020年との事。こちらは2台のロボットが作業を行います。


d0256297_16212873.jpg


平成という時代が終わり、新しい時代がやってくる今。
世界中で進みつつある新技術の波に、もはや逆らうことは困難と思われます。


しかし、技術がいくら進歩しても無くならないものがあります。
それはモノを作ることの楽しさ、その感動と驚きを共有することです。

数年前から、相羽建設では若手大工の育成を進めています。
棟梁の下で時に厳しく指導を受けながら日々腕を磨いている6人は、新技術に負けない
当社最大の戦力です。

いつの日か棟梁となった彼らと仕事をするのが楽しみです。
そのためにはAIに負けないように現場監督として日々精進しないといけませんね。


日々腕を磨く6人の活躍が見れる若手大工ブログはこちら。
気になる方は要チェックです。



次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!




[PR]
by aibakouzibu | 2018-10-08 17:43 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)