表現者たちの舞台。


工事部 堀野です。
あれだけ暑かった今年の夏が嘘のように、急に冷え込んできましたね。
布団のぬくもりが恋しい季節がやってきました。

春から常駐している保育園現場も、仕上げ工事で大詰めです。
保育園の離れには小さなアトリエがあり、そこでも大工さんの造作工事が進んでいます。


d0256297_16264213.jpg

皆さんはアトリエの意味はご存知でしょうか。
アトリエはフランス語「atelier」。
「木片が積み重なっている」という意味が転じ、「大工・木工の仕事場」を意味するようになったといわれています。
現在では画家・美術家・工芸家・写真家・建築家などの芸術家が仕事を行う専用の作業場を意味します。

そうなると当社の加工場も立派なアトリエですね。

ここのアトリエには小さなウッドデッキが付くのですが、
頭上には立派なビワの木があります。
毎年、黄色い実のなる季節が待ち遠しいですね。


d0256297_16264689.jpg


芸術家といえば、25日(日)まで造園家 小林賢二氏25周年記念イベントが「つむじ」にて開催中です。
小林氏が石と陶土で作る「道草のうつわ」は必見ですよ。皆様是非ともご来場くださいませ。




次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!



[PR]
トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/27223585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2018-11-17 17:40 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)