畳の切断

こんにちは桑山です。

先日 以前も記事にした畳屋さん に行ってきました。

普段、畳屋さんに持ち込みや引き上げてをしてもらう際は「表替え」と言って中のワラを残して外側のい草を新品に交換する事が多いのですが。

今回は畳をカットするという作業のために持っていきました。

なぜ?カットする事になったかと言いますと。

和室6畳の部屋でリフォームする際に部屋の形状が少し変わるため大きさが合わない畳が1枚出てしまいました。

どうしても大きさが合わないので、先ず考えたのは1枚だけ新しくして、大きさを現況に合わせた畳にしようかという事です。

しかし、そうすると日焼けの具合が変わってしまうので次に考えたのは1枚は新品にして大きさを合わせて残り5枚を「表替え」しようかという事です。

早速畳屋さんに以上の事を相談したら「い草」をそのままにカットが出来るという話を聞き畳を一枚持ち込むことになりました。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本編です。

まず、畳のヘリとい草の糸をほどき芯になっている藁を出していきます。

d0256297_18360915.jpg
次に大きさを合わせて切断です。


d0256297_18362203.jpg
機械で端の部分を縫っていき
畳のヘリを縫って完成です。


d0256297_18362777.jpg
傷んでいない畳だったので、畳1枚のカットで済んで助かりました。

やはり職人さんはすごいです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/27128582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2018-09-27 09:21 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)