包むことも仕事です。

工事部 堀野です。

平成最後の夏にやって来た台風21号は、西日本を中心に甚大な被害を残していきました。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い日常への復旧をお祈りします。

昨日は帰宅途中、とあるビル建設現場の足場倒壊を目撃しました。
建設従事者として日常の安全点検・もしもの時に備える重要性と職務の重さを実感させられた帰り道でした。

今日は相羽建設の現場監督、その職務の一つにスポットを当てたお話をしましょう。

当社の現場監督の職務で他社では少ないであろう仕事の一つに、
「造作材」に搬入があります。

主に床の無垢フローリング以外(玄関框・各枠材・巾木等々)は全て当社の加工場にて担当大工が製作している当社では、
各現場担当の監督が自ら造作材を搬入しています。
一般的な工務店では、造作材はメーカー品が圧倒的多数。
問屋などの業者さんが直接現場搬入することが一般的なので驚かれる方も多いと思います。
自分もその一人でした。


d0256297_18365572.jpg

大工さんが丁寧に仕上げた造作材。
それをトラックで運搬するのですが、そんな時に限ってお天気が優れないのが「現場あるある」です。
そんなとき、とあるグッズが重宝します。
それがこちら。

d0256297_18364578.jpg
ラップです。
業務用ですが。

d0256297_18364077.jpg
こう巻いて.......


d0256297_18370172.jpg
はい、一丁上がり!
これから何かと雨の多い季節の変わり目には必需品です。
因みに同一寸法の長物等ならまとめて一気に運べるので、一石二鳥です。
ホームセンターなどで売っていますよ。
気になる方は是非。

次回のブログもお楽しみに!


トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/27091790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2018-09-05 19:08 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)