基礎に溜まった水抜きについて

こんにちは新藤です。
夏季休暇後一週間経ちましたが、また暑さが戻ってきましたが皆様は
体調など崩していませんか。

2カ月近く暑さ対策で冷たいモノの飲みすぎや寝るときのエアコンの
当り過ぎが原因で身体がだるい日も有ったりします。
まだ残暑が厳しいと思いますので自分で体調管理をしっかりしたいと
思います。

本題です。
この時期の日本は台風の通り道になり、雨で思うように現場が進まない
こともあり天気予報を見ながら頭を悩ませます。

特に基礎に溜まった雨水を抜くのに苦労します。
d0256297_19000126.jpg
約15㎝位基礎に水が溜まっています。しかも気温は35度を超えていて日陰の無い状態です。
通常だと1時間~1時間半くらいの作業で水中ポンプと云う電動で水を吸って排出する機械を設置して、
ポンプでは吸えない水は人力で掻きだします。
47歳の現場監督がこの猛暑の中水を掻くのは厳しので考えました。

偶然この現場は道路から1mくらい高いところに建物が建っているので高低差を使って水を掻きだすことにしました。

長いホースを用意して、基礎の水の中にセットします。ホースが動かないように錘で固定します。
d0256297_19134252.jpg
d0256297_19135813.jpg
高低差を利用して出口側のホースも固定します。
d0256297_19153443.jpg
d0256297_19155362.jpg
最後に出口側のホースを口で一気に吸出だします。吸い過ぎると雨水を飲み込んでしまいますので気を付けて吸います。
するとホースの出口から勢いよく水が排水させました。
d0256297_19200284.jpg
設置の作業は汗もかかずに10分くらいで終わり、お陰様で水掻きをすることなく他の現場の管理に向かうことが
できました。
二日後現場に戻ると見事に水は排出されていました。この猛暑で乾くのも早かったこともあり、時間を有効に使う
ことができました。
d0256297_19255843.jpg
平成最後の夏に、昭和生まれの現場監督の助言は聞くものだと改めて感じた出来事でした。




※このブログ記事は役に立ちますね。





にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/27069223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2018-08-23 19:39 | 工事 新藤 | Trackback | Comments(0)