竹をつく!

都内で進めている住宅新築工事の近況です。

先日、基礎のコンクリート打設を行いました。壁の一部がコンクリート打ち放し仕上げで、

打設には私も立会い作業を行いました。

d0256297_15354735.jpg

一般的には、生コン打設ではバイブレーターやたたき棒を用いますが、今回はさらに竹を用いて打設を行いました。

約15年程前、私がはじめて担当した現場がコンクリート打ち放し仕上げでこの時に、竹をつくことで良質なコンクリート仕上げを

つくることができると身をもってを学びました。竹の節が生コンクリート中の気泡を抜いて密実なコンクリートをつくります。

d0256297_15354012.jpg
コンクリート打ち放し仕上げの施工での「竹つき」は、現場のものづくりにおいて私の原点でもあります。

当時は、設計の先生も打設前日に大阪から東京へ乗り込み、一緒になってコンクリート打設を行いました。

その姿勢から、強い想いをもってものづくりへ取り組むことの大切さを学びました。

自分の経験の大切な部分を今後も現場へ活かしていきたいと思います。
 
                            荻野






にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/26991874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2018-07-18 15:57 | 工事 荻野 | Trackback | Comments(0)