「木造ドミノ住宅が出来るまで」番外編

梅雨の晴れ間も今日まで?
今日は気温が30℃を超えて真夏日を記録しました。
体感ではもっと暑い気がしますが現場では外部の仕事が捗ります。

新築の現場では外部を足場を組みシートで養生をしており、屋根の断熱材を入れている現場内は
風もとおり意外と涼しいんですよ!!

「木造ドミノ住宅が出来るまで」番外編をお送りいたします。

大工の手の家具について
竣工・お引渡しに合わせて事前にお打合せをさせて頂くと「大工の手」の家具も購入ができ
間に合うように手配させていただきます。
家を建てた大工が、誠実な素材でその家に似合う家具をつくり、家と一緒に永く愛着を持って
使ってもらう。「手仕事を広める運動」の一環です。
d0256297_1801929.jpg



ドミノ住宅の特長でもある配線長押(なげし)について
d0256297_17405671.jpg

上記のような配線を隠しているのが配線長押です。この配線長押により電気配線も施工しやすくなり
ました。お住まいになってからのTVやコンセントを増設したい方にも効率の良い配線長押です。
↓(中身は配線が固定されています。)
d0256297_17492630.jpg


玄関ポーチ前の目隠しのための板塀
d0256297_17505078.jpg
d0256297_17511088.jpg

無塗装のケースが多いですが事前に杉板に塗装して大工さんが施工します。
笠木の部分に水が溜まらないように勾配をつけています。
支柱となる柱の底部から水を吸わないように工夫をしています。

細かいところですが、AIBAのモノづくりの心遣いが感じれる部位です。

次回のブログはアーテックの野田さんです!!
[PR]
トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/24547611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2017-06-20 18:21 | 工事 新藤 | Trackback | Comments(0)