冬なのにアリの話

こんにちは。メンテナンス部の佐々木です。
今年も宜しくお願い致します。

お正月は五歳の息子のスキーデビューを決行しました。
昨年まではスキー場に行っても、ソリなどで遊ばせ
自分から『スキーやりたい!』と言うまでデビュー見送っていました。
こちらの思惑通り、今年は『リフトに乗りたい!』とのこと笑
やった!と思いデビューさせるとあっという間に滑るようになりました。
それにしても、小さな子供とスキーにいくのは、忍耐もお金も必要だと改めて思う今日このごろです。

さてさて話を本題に戻し
今回のブログは『冬なのにアリの話』をさせていただきます。

先日に点検にお伺いしたお客様に『秋頃に大量に黒アリが室内に発生してとても困りました。』
という相談を受けました。
例年では春から夏にかけて黒アリ発生の相談を受けることが多いのですが
秋に相談を受けることが多かった珍しい年です。
どうやらお盆休み後の長雨が原因で、雨を嫌がった黒アリが、建物内に侵入するケースが多かったようです。

私が黒アリの相談を受けた場合に一番最初にチェックするのが現場の外の基礎周りです。

今日も基礎周りをチェックしに行くと・・・

d0256297_15285822.jpg



基礎の立ち上がり部分になにやら蟻道のようなものが見えます。

もっとよく見てみましょう!

d0256297_15305285.jpg



あっと!黒アリの蟻道を発見しました。

どうやらここから建物の中に侵入しているようです。

現在は黒アリの存在は確認できませんでしたが

蟻道を撤去して、お客様に春に再度復活していないか確認して欲しいとお願いしました。

今回のように蟻道ができるのは稀なことだと思います。

ほとんどの場合がこのような蟻道を形成せずに建物内に侵入されています。

10分ほどじっと基礎を見ていると、同じ場所をいったりきたりする蟻を発見できます。

そのような場所を発見し、下記のようなもので対策することも効果があります。

d0256297_15412590.jpg



虫除け用のチョークになります。

これで基礎に結界をはり、地面からの侵入を阻止します。

他にも・・・・

定番のアリの巣コロリ

d0256297_15443380.jpg



設置する場所は室内ではなく、室外のほうが効果があると思います。
先ほど述べたように室外の侵入経路を確認し、その付近に設置してみましょう。

また効果がなかった場合は他のメーカーのものも併用してみましょう。

日本のアリは260種類ほどいるらしく、効果が出るものと出ないものがあるようです。

複数メーカーの商品で対応すると効果が高いようです。

そして最後に・・・

庭の雑草が伸びてきたり、物が多くなっていると

日陰が多くなり、アリさんの活動もしやすくなるそうです。

まずは建物外周部の不必要なものは処分し、雑草のお手入れをしましょう。

ということで今回のこのへんで!
[PR]
トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/22771309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2016-01-13 15:34 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)