家庭内の電気工事

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。
このところ朝夕はぐっと涼しくなり、寒いくらいですね。
ついこの前まで寝苦しかったのが嘘のようにすごしやすいです。
体調の崩したりしませぬように、皆様もお体にはお気をつけください。

さて今回は、前回の続きではなく飛び込みでお電話を頂いたお客様の案件をご紹介します。
お電話で伺った内容は、
「コンセントの差込口が割れてしまったので修理してほしい。」
「室内が暗いので明るく出来ないでしょうか?」
という2件の内容でした、順番に写真をご覧ください。

まず一つ目はコンセント‘プラグ‘をお客様が使用中に誤って折ってしまいビニールテープで補修してご使用されていました。

d0256297_08960.jpg


先っぽのプラグの部分だけの交換で、とのご依頼でしたが調べてみると既製品で同じコードを購入したほうが安くなることがわかったので新品に交換させていただきました。
写真ではわかりにくいと思いますが、テープをはがしてみると半分ほど断線していました。
もしこのままお使いになった場合、発煙や発熱、最悪の場合は火災になる恐れがあります。
もし皆様のお宅でも切れかけていたりテープでしのいでいるコードなどがありましたら点検や交換をお勧めします。
電源コードの定期点検の参考HP Panasonic(パナソニック 旧松下電工のホームページ)

二つ目はお部屋でシーリングペンダント型の照明器具をお使いになられており、
ランプは白熱電球の60Wが2本取り付けられている器具でした。
お話を伺うとまだしばらくこの器具をお使いになられたい、との事でしたので、
電球型蛍光灯の100型のものを取り付けさせていただきました。

d0256297_010559.jpg

d0256297_015183.jpg


写真がわかりにくくて申し訳ないのですが、
電球120W分から電球200W分の明るさ相当になり消費電力も120Wから50W相当にまで
減らすこともでき、室内がとても明るくなったとお客様にも大変喜んでいただきました。

今回のように部屋の真ん中に取り付けられているような電球の交換は比較的簡単に出来ますので皆様もぜひご参考になさってください。

また階段や吹き抜けや高所に取り付けられていてちょっと手が届かない、
どんな電球があるのか?いくらぐらいするのか分からない。とお考えの方がいらっしゃいましたら
どうか遠慮なさらずにお気軽にご相談ご連絡ください。

◎ソーラータウン西所沢ブログ
◎ソーラータウン多摩湖町ブログ
◎東京都のまちづくり・府中市での16棟分譲住宅「ソーラータウン府中」ブログ
◎暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム「あいばこ」HP ブログ
◎相羽建設の設計ブログ  

d0157375_19495884.gif

[PR]
トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/19683152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2013-09-20 00:19 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)