人気ブログランキング |

大工さんの言葉

こんにちは桑山です。

今回は以前書いた記事の尺貫法についてもう少し詳しく書いてみたいと思います。

現在も木造の住宅ではよく使用される尺貫法ですが、現場では大工さんがいろいろと省略した

言葉で話をしています。

例えば、在来工法の垂木の間隔は主に一尺五寸(455mm)なんですが。
d0256297_1993298.jpg
大工さんは一尺五寸の事を「しゃくご」と言ったりします。

他にも一寸五分(45mm)の事を「いんご」と言ったり。

三寸五分×一寸五分(105mm×45mm)の材料を「いんごのさんご」

なんて言い方をしたりします。

初めて聞いた時は、何の話をしているのかわからず混乱して、自分で初めて口にしたときは

別の国の言葉を話すような恥ずかしさがありましたが、慣れてくると自然と口をついて出てきて

共通の言語を使う仲間のようになった気がしてきます。

それではまた。


d0157375_19495884.gif

トラックバックURL : https://aibakouzib.exblog.jp/tb/17043011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2012-10-23 20:04 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)