ノコギリのあれこれ

こんにちは桑山です。

以前の記事(123)で木材や大工道具について書いたものが何件かありましたが、
そういえば鋸(ノコギリ)について書いたことがなかったので
今回は大工さんにはなくてはならない道具、鋸について書いていきたいと思います。
d0256297_10104780.jpg

写真左から、金属を切る「金鋸」枝を切る「剪定鋸」残りが木材を切る「両刃鋸」「片刃鋸」「導突き鋸」

一口に鋸と言いましてもいろいろと種類があるのですが、木材用のものは
大きく分けると「縦挽き」と「横挽き」に分けることができます。

ほとんどの両刃鋸には縦挽き横挽きの両方がついています。
写真左の刃の目が荒いほうが縦挽き写真右の刃の目の細かいほうが横挽きです。
d0256297_10240008.jpg

さて縦挽き横挽きとは何か、それは切る木材の繊維の方向によって決まります。
繊維と平行に切るほうを縦挽き(写真左)、繊維と直交して切る(写真右)ほうを横挽きと言います。

同じ木材を切るのでも繊維の方向の違いで鋸を変える必要があります。

刃の形状の細かな話は省きますが、縦挽きは繊維を縦に削りながら切り進み、横挽きは繊維を横に断ち切りながら切り進みます。

ちなみに斜めに切る際は繊維を断ち切る切り方になるので横挽きの刃を使用します。
d0256297_10530239.jpg
DIYなどで木材を切断するために鋸を買う場合は切る方向のことを考えて購入されるといいかもしれません。

さて上記部分を知っているだけでもかなりのものですが、ここからはおまけで鋸のさらにディープな部分アサリ」について、これを知っているのは大工さんか金物屋さんぐらいだと思います。

下の写真は鋸の刃を正面から撮った写真で左が縦挽き右が横挽きです。
分かりにくいですが、印の方に鋸の刃一枚一枚が左右に分かれています。
d0256297_11464868.jpg
これは同じ方向に刃が寄っていると木材を切る際に力が片方にかかり斜めになってしまうためで左右に分かれていることで力が分散されて真っ直ぐ切ることができます。
また、本体部分より左右に刃が少し出ていることで、切り進んでも木材に挟み込まれるのを防止しています。
この刃が左右に出ている部分を「アサリ」と言います。

長々と書きましたが、前半部分の縦挽き横挽きだけでも理解していれば、DIYでの木材加工が少し楽になると思います。

次回はメンテナンスリフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-09-11 10:00 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

みなさん今日は、アーテックの野田です。

今週末は「小川団地リノベーション」お披露目会・販売会」 そして  あいばの家づくり学校【基本講座】とイベントがめじろ押しであります。

ぜひ会場へ足をお運びください。

9月に入りましてかなりすごしやすくなってきています。

体調を崩さないようにお気をつけください。


今回は8月27日につむじにて開催させていただいたイベントの様子をご紹介します。

d0256297_19571725.jpeg

「ノダの涼しげランプづくりなノダ」



2年ぶりに開催させてもらった事と、大勢の方のご参加で終始緊張しっぱなしでした。

今回は半田こてなどの工作が時間の半分と

残りの時間は写真にあるようにビー玉による瓶の飾り付けを行いました。


みなさん、思い思い色とりどりにビー玉を組み合わせて

完成時のイメージを膨らませながら夢中に作業されていました。

接着剤の都合で当日は前面半分の完成での集合写真です


d0256297_19561660.jpg


みなさんに喜んでもらえて自分もとてもうれしいです。


夕方に残りも完成しました、と写真を送ってきてくれた方がいましたと

モデルスタッフからメールで連絡が来ました。

d0256297_19562568.jpg

完成して光らせて喜んでもらえてとてもよかったです。

次回は未定ですが、また開催させてもらえればと考えております。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!













AIBAのイベント情報

「小川団地リノベーション」お披露目会・販売会

d0256297_20565866.jpg


日付

99-10日(土-日)

時間

10:00-17:00

会場

東京都小平市小川東町二丁目13-7-7-402(小川団地7号棟402号室)

定員:なし

参加費:無料

*ご予約不要。お好きな時間にお越し下さい。

詳しくは→こちら


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-09-05 20:01 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)


工事部 堀野です。

最近は朝晴れていても、夕刻になると土砂降りの雨が降るような天気が続いていて
現場養生の方法と、朝出かける際に傘を持つか否か?で悩んでいる私です。


遊園地のある町の片隅で、担当現場の基礎工事が進んでいます。

d0256297_13193980.jpg



結束線という金属製の紐を使い、鉄筋をつなぎ合わせていきます。


d0256297_13195826.jpg



結束線のつなぎに必要なものが「ハッカー」です。
人様のパソコンに悪さをすることでお馴染みの.....。

いえ違います。


d0256297_17535360.jpg



これがハッカーです。
先端が曲がっている部分がクルクルと回転することで、結束線をネジる仕組みになっています。
簡単そうに見えますが、綺麗・正確・スピーディにネジるには、経験と技が必要です。

この日の最高気温は35度。立っているだけで汗が流れます。
しかも鉄筋は熱を帯びて、素手で持ったら火傷します。

灼熱の中、正確かつ丁寧に鉄筋を組み上げていく職人さん達は
まさにプロハッカーですね。

しかしあまり集中すると熱中症になる恐れが。
こまめな水分補給と塩分補給、日陰での休憩を忘れないようにしなければいけませんね。
職人さんの健康管理も、現場監督の職務です。
えっ、お肌の紫外線対策ですか?それは自己管理でお願い致します。


次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!







[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-07 18:44 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。


連休も終わってしまいましたが、楽しまれた方も多いと思います。

自分も仲間と長野県にある有名なお食事処へ行ってきました。

仲間の益子大工さんの注文した中華丼です。すごい迫力のどんぶりです。

d0256297_21154536.jpg

自分は無難にラーメンと餃子を頂いてきました。

どちらもとても美味しかったです。

また行こうか?と仲間と盛り上がりました。


今回は現場で引込柱を立てる作業の様子を少しお伝えします。

まず、柱を立てるための穴を掘るのですが、直径30cm位で深さが1.2m位掘らなければいけません。

普通のスコップで掘ると地面付近が広がってしまい、地面付近も1m位の穴になってしまうと思います。

そこで縦に細い穴を掘るためのスコップがこれです。

d0256297_21143809.jpg

これは2本の細いスコップをはさみのように蝶番でつないだ形をしています。

掘ってみましょう。

d0256297_21145637.jpg

先の方に土が挟まっているのがわかると思います。

d0256297_21150396.jpg

繰り返してどんどん掘ります。

d0256297_21151144.jpg

スコップの柄の頭が潜るくらいまで惚れました

d0256297_21151882.jpg

穴が掘れたので、引込柱を立てます。
このとき、長さが全長7m近くあり、重さも60kg以上あるので

現場に入っている仲間の力も借りて一気に穴に柱を落とし込んで立てます。

d0256297_21152882.jpg

無事に立ちましたので、向きや曲りを確認してコンクリートを流し込んで寝巻き(柱の基礎)をします。

d0256297_21153774.jpg

内部外部の仕上げもすべて終わった後、電力会社さんが引き込み線を繋ぎに来てくれれば無事に受電となります。

以上、現場の作業の様子でした。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!





[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-08 21:21 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

緑色の手帳。

工事部・堀野です。

桜が徐々に花を咲かせつつある今日この頃。
移動中に満開に向かっている桜をみると、春になったという事を実感させてくれます。


さて、あっという間に4月。
外を歩けば新しいスーツに身を包んだ新社会人の方を沢山お見掛けいたします。
社会人たるものメモは大事!
というわけで今回は普段私が愛用しているモノをご紹介いたします。
d0256297_21050614.jpg

コクヨさんが販売している測量野帳です。
普段から作業着に入れて持ち歩いているため、ボロボロですね。
しかし水に濡れてもボロボロにならない・片手で持ってメモが可能など、
ハードな現場ではなかなか頼りになる優れものです。

測量野帳が発売されたのは1959年。発売の10年前(1949年)に測量法が制定されたのをきっかけにニーズが増大した
測量業務の現場の声を反映し開発されました。発売当時からデザインはほとんど変更されていないそうですよ。

d0256297_21051384.jpg


中身です。
3㎜方眼の帳面が使いやすくて愛用しています。
何だ白紙じゃないか!と思われるかもしれませんが、色々書き込んでいます。

現場の大工さんやお施主様との打ち合わせ、納まり方法のスケッチ、地図、部材寸法、発注メモ、
現場スケジュール、かわいいあの子の電話番号等々・・・。

なので中身は秘密です。


d0256297_21052029.jpg


















測量野帳は文具マニアの方々にも人気みたいですね。
野帳の使い手を「ヤチョラー」というのだとか。

会社内にもヤチョラーがもっと増えたら嬉しいと思った堀野でした。


明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-05 21:23 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

こんにちは桑山です。

だんだんと日も長くなってきて温かくなり、もうそろそろ桜も満開になりそうな今日この頃。

駐車場のコンクリ打ちをやっている現場で面白いものを見つけました。

d0256297_21245753.jpg
「網ゴテ」と呼ばれる道具でコンクリを打設した後に粗均しの際に使用する道具で大きな面積を均一に押さえることができます。
d0256297_21244476.jpg
網ゴテや木ゴテ、金ゴテを使いながらきれいに均して駐車場を作っていきます。
d0256297_21251975.jpg
使っているところを写真に収められなかったのですが忍者が水面を歩くような草履を使いながら奥から徐々に整えていました。

完成した状態だとわかりにくいですが、だんだんと平滑になっていくところは見ていて飽きない作業です。

来週はメンテナンスリフォーム部の林さんです。



AIBAのイベント情報

小泉誠と仲間たちが考える「郊外のすゝめ」展覧会

d0256297_20521445.jpg
OZONE・相羽建設の共催イベント「郊外のすゝめ」。
新宿パークタワー1Fアトリウムに小泉誠さんが会場構成をした展示が登場します。
連動イベントとしてシンポジウムや実際に郊外で暮らし仕事をする方々が出展するマーケットも開催。

日付

316-28日(木-火)*水曜休館

時間

10:3019:00

会場

リビングデザインセンターOZONE…東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー1Fアトリウム

*ご予約不要・入場無料。どなたでもご自由にお越しください。


詳しくは→こちら


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-03-24 10:00 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

昨日今日ととてもよい天気でだいぶ暖かさを感じるようになりました。

そうなると、現場仕事もいいのですが、ツーリングなどにも出かけたくなります。

ですが、今月は進行中の現場のほかにお引渡しが3件ありますので遊んでいるわけには参りません。

無事に受電してお引渡しを済ませて喜んでいただきたいと思っています。


さて、その仕上げ工事ですが、使う材料は照明器具と呼ばれる電灯や

配線器具と呼ばれるスイッチコンセント類、そのほかインターホンや換気扇などを取り付けます。


さて、ここでクイズ?です。下の写真は何でしょう?

普段は見えない背面からの写真になります。


d0256297_203597.jpg


答えはちょっとした下へスクロール






















d0256297_2034090.jpg


答えは2口コンセントとアースつきコンセントでした。

簡単でしたでしょうか?

これを壁のボックス穴から取り出した電線を、本体につないで壁に取り付けます。

左のアースつきコンセントは下のほうにも電線をつなぐ穴があるのがわかりますでしょうか?

これらのコンセントを住宅1件でおおよそ30個から多いときは50個以上使います。

さて、次はもう少し難しいかもしれません。

何かわかるでしょうか?

d0256297_204998.jpg


よく見比べると後姿が3個ともちょっとづつ違うのがわかるかとおもいます。

正解は次回のブログ当番のときに発表しますので、おたのしみに。

あまり深く考えないで、クイズののりで考えていただければ幸いです。



次回、月曜日の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!!







にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-03-04 20:10 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

配線長押の配線作業

みなさんこんばんは、アーテックの野田です。

本日はドミノ住宅の現場にて配線工事の様子を少しお伝えします、

ドミノ住宅は内部に設けられた配線長押に電線を固定することで配線作業を行います。

そして、固定された電線の外装被服を剥き、結線するのですが、

その作業に使うのがこちら

d0256297_18533188.jpg


色とりどりの飴玉ではないです。接続コネクターと呼ばれる電線同士を繋ぐための部品です。

これらの部品はよく見てみると

d0256297_1853474.jpg


電線を差し込む為の穴が開いておりますので、適切な穴の数のものを

組み合わせて電線を繋いでいきます。

d0256297_1854574.jpg


後は電線を折り返して

d0256297_18541899.jpg


ジョイントボックスをかぶせて作業終了です。

d0256297_18543843.jpg


配線作業はこのような作業の繰り返しになっていきます。

ここは電源の分岐作業だけの結線ですので電線の数が少ないですが、

照明やスイッチなどが集まる場所では、もっと多くの電線同氏をつながなくてはいけませんので

注意が必要です。

標準的な住宅ではこの作業が20から30か所くらいになる事があります。

次回の工事部ブログは渡邉さんです。
ぜひご覧ください。
お楽しみに!!





AIBAのイベント情報

「AIBA家づくり学校」
d0256297_13383795.jpg

相羽建設の拠点「つむじ」にて「AIBA家づくり学校」が開催されます!
木の家づくり、地域での活動など、「誠実なものづくり」を目指している
相羽建設の取り組みを ご紹介させていただく月に一度の場です。

日時:2月19日(日)10:00-12:00
会場:つむじ…東京都東村山市久米川町4-34-6 >案内図
定員:8組(予約制)
参加費:無料
詳しくは→こちらをクリック


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-02-18 19:02 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

こんにちは、堀野です。


関東は暖かい日が続いていますが、依然としてインフルエンザが猛威をふるっていますね。
帰宅後のうがい・手洗いを忘れずに、夜は温かくしてお過ごしくださいませ。
個人的には就寝前の柚子湯がおすすめです。


先日、とある現場に足を運ぶと大工さんが間仕切壁と天井の造作を行っていました。
当社では間仕切壁と天井の下地に、高さ40㎜・幅45㎜の軽天材(正式名称:軽量壁天井下地材)を使用します。

d0256297_18343668.jpg
 
d0256297_18350915.jpg


この軽天材は専門業者さんが壁や天井寸法を確認したのち、必要寸法に加工して搬入しています。
しかし、思い通りにいかないのが現場の難しいところ。
そこで大工さんが現場で細部を加工しながら造作を進めていきます。


寸法の調整は軽天材を現場でカットして行います。
材質は鉄なので、切断加工する際は沢山の火花と砂鉄状の切り粉が発生します。
そのため現場で加工する際は、徹底した養生と作業場所を確保してから作業を行います。

d0256297_18425247.jpg
(切断した軽天材の断面です。)



しかしこの現場は切り粉はおろか、切断加工する際に発生する独特の匂いもしません。
あれれ、どうなってるんだろうと思ったら。
大工さんがこんな道具を使っていました。

d0256297_18475148.jpg


板金屋さんが使用する専門のハサミです。薄い鉄板なら簡単に切ることができます。
軽天材をパチンパチンと切り、大工さんはあっという間に必要な寸法の部材を仕上げていきます。

その美しい仕上がりがこちら!

d0256297_18522861.jpg


天井が組まれると完成した際には二度と見ることが無くなってしまう場所。
そんな細かい場所にも気を使って家を作る大工さんや職人さんが、この会社には沢山います。
優れた技能を持つ人の仕事を目の前で見れるのも、この仕事だけの特権です。

現場は面白いですよ!



明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに。










AIBAのイベント情報

「AIBA家づくり学校」
d0256297_13383795.jpg

相羽建設の拠点「つむじ」にて「AIBA家づくり学校」が開催されます!
木の家づくり、地域での活動など、「誠実なものづくり」を目指している
相羽建設の取り組みを ご紹介させていただく月に一度の場です。

日時:2月19日(日)10:00-12:00
会場:つむじ…東京都東村山市久米川町4-34-6 >案内図
定員:8組(予約制)
参加費:無料
詳しくは→こちらをクリック


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-02-07 18:59 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

顕微鏡で見た世界

こんにちは桑山です。

今回は前回のブログで予告していた顕微鏡について書いていきたいと思います。
d0256297_18024954.jpg
お気に入りの部分は照明付きなところ、観察対象をしっかりと見ることができます。
d0256297_18084321.jpg
購入した用途としてはキクイムシやシロアリのチェックに使えるかなと思っての購入でしたが、
時期がズレてしまったのでまた来年の発生する時期に活躍させたいと思います。

しかしながら、せっかく購入したので、木材に顕微鏡を当てて観察してみました。
d0256297_18033560.jpg
今回観察してみたのは針葉樹の杉(左)と広葉樹のナラ(右)です。
d0256297_18142980.jpg
それぞれの木口(切断した断面)を観察して見ました。

杉は年輪の移り変わりをはっきりと見ることができ、
ナラは広葉樹の特色でもある水の通り道「道管」を観察できました。

プリント合板では見ることのできない無垢材ならではの木口に
ワクワクする私はちょっと変わっているのでしょうか?

今後も面白いミクロの世界があればご紹介できればなと思います。

次回はメンテナンスリフォーム部和田主任です。

AIBAのイベント情報

「トトロの森を望む家」完成見楽会
d0256297_10514055.jpg

日時:11月26-27日(土日)10:00-17:00
会場:東京都東村山市諏訪町(ご希望の方には詳しい案内図をお送りします)
設計:中村 健一郎(相羽建設)
*駐車場なし。お近くのコインPか公共交通機関をご利用ください。

トトロの森として親しまれる八国山緑地が寄り添う土地。
すごく緑豊かで素敵な場所だなぁ、と感じたのが第一印象でした。その後、施主のN様からご要望をお聞きして、緑地の景色を楽しみたい、窓辺に座れるベンチが欲しい、外観のデザインにこだわりたいなどが計画のポイントになりました。

暮らしの学校体感ツアー その七「ウチとソトをつなぐ暮らし展Ⅱ」

d0256297_17485643.jpg
日時:11月27日(日)10:00-17:00
会場:埼玉県川越市広栄町
*ご予約の際に案内図をお送りします。
*入場無料・ご自由にいらして下さい(トークイベントのみ要予約)。
*駐車あり。

あいらぼメンバーが設計した実際のおうちを見学しながらウチとソトのつながりを感じてみませんか?
こちらのお住まいは大小4つの庭があり、いろいろな場所でソトを感じることができます。
掃出し窓から掃出し窓へ床を這う風を感じながらお昼寝してみてください。

詳しくは→こちらをクリック



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2016-11-19 18:23 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)