ノコギリのあれこれ

こんにちは桑山です。

以前の記事(123)で木材や大工道具について書いたものが何件かありましたが、
そういえば鋸(ノコギリ)について書いたことがなかったので
今回は大工さんにはなくてはならない道具、鋸について書いていきたいと思います。
d0256297_10104780.jpg

写真左から、金属を切る「金鋸」枝を切る「剪定鋸」残りが木材を切る「両刃鋸」「片刃鋸」「導突き鋸」

一口に鋸と言いましてもいろいろと種類があるのですが、木材用のものは
大きく分けると「縦挽き」と「横挽き」に分けることができます。

ほとんどの両刃鋸には縦挽き横挽きの両方がついています。
写真左の刃の目が荒いほうが縦挽き写真右の刃の目の細かいほうが横挽きです。
d0256297_10240008.jpg

さて縦挽き横挽きとは何か、それは切る木材の繊維の方向によって決まります。
繊維と平行に切るほうを縦挽き(写真左)、繊維と直交して切る(写真右)ほうを横挽きと言います。

同じ木材を切るのでも繊維の方向の違いで鋸を変える必要があります。

刃の形状の細かな話は省きますが、縦挽きは繊維を縦に削りながら切り進み、横挽きは繊維を横に断ち切りながら切り進みます。

ちなみに斜めに切る際は繊維を断ち切る切り方になるので横挽きの刃を使用します。
d0256297_10530239.jpg
DIYなどで木材を切断するために鋸を買う場合は切る方向のことを考えて購入されるといいかもしれません。

さて上記部分を知っているだけでもかなりのものですが、ここからはおまけで鋸のさらにディープな部分アサリ」について、これを知っているのは大工さんか金物屋さんぐらいだと思います。

下の写真は鋸の刃を正面から撮った写真で左が縦挽き右が横挽きです。
分かりにくいですが、印の方に鋸の刃一枚一枚が左右に分かれています。
d0256297_11464868.jpg
これは同じ方向に刃が寄っていると木材を切る際に力が片方にかかり斜めになってしまうためで左右に分かれていることで力が分散されて真っ直ぐ切ることができます。
また、本体部分より左右に刃が少し出ていることで、切り進んでも木材に挟み込まれるのを防止しています。
この刃が左右に出ている部分を「アサリ」と言います。

長々と書きましたが、前半部分の縦挽き横挽きだけでも理解していれば、DIYでの木材加工が少し楽になると思います。

次回はメンテナンスリフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-09-11 10:00 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

工事部 堀野です。
今年は残暑が厳しいのでは?という予報とは裏腹に、
過ごしやすい気温の日が続いていますね。雨だけはご勘弁願いたいですが.....。
このまま秋になればいいなと思っている今日この頃です。

現場巡回中に、ソーラータウン西所沢へ立ち寄りました。

d0256297_17581754.jpg


玄関から整理されている現場は気持ちがいいですね。
担当している大工さんの心遣いが嬉しいです。
現場では社員大工のイケメンコンビ・長井大工と本多大工が汗を流していました。

d0256297_18044897.jpg


「親方は加工場で仕事していますよ」との事。
親方がいなくともコンビで段取りを決めながら現場施工を進める二人に頼もしさを感じたある日の午後でした。


d0256297_18055105.jpg


そんな2人が活躍しているソーラータウン西所沢にて、
完成見学会と販売会を実施致します。
ご興味のある方は是非ともご参加くださいませ。




明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!





[PR]
by aibakouzibu | 2017-09-07 18:14 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

大工調べ

こんにちは桑山です。

実はわたくし趣味の一つに落語を聞くというものがありまして、
なんとなくですが就職するまでは職人さんのイメージは落語をもとにしていたような
気がしますし、未だにかっこいい職人さんといえば江戸っ子が啖呵を切る感じを思い描きます。

写真は新宿にある寄席の末廣亭。
d0256297_10523244.jpg
落語の演目に「大工調べ」という演目があります。
40分くらいのネタなのですがざっくりとした内容を書くと

与太郎という大工さんが棟梁に仕事に誘われたのに道具がないから仕事ができないという
棟梁がなぜ道具がないかと話を聞くと家賃を滞納していたところ家賃が払えるまでの質草として
大家さんに大工道具を取られてしっまたという、仕事ができない状況を見かねた棟梁が
お金を貸すけど少し足りない道具がなけりゃ仕事ができないからとまずは道具を返してくれと
大家さんと話すけど、返してくれない仲裁に入ったはずの棟梁が大家さんとケンカになってしまい・・・
といった内容です。

大工調べのサゲ(落語のオチ)に「細工は流々、仕上げを御覧(ごろう)じろ」という言葉が出てきます。
なんか職人さんっぽくてかっこよくないですか?
意味としては「仕事の仕方はいろいろあるから、途中で口は出さずに仕上げを見て判断しろ」という感じです。
現在職人さんでそんな言い回しをする方にはあったことがないですが、
やはりどの職人さんも、口には出さずとも根底にはこの考え方があるように思います。

現場監督の仕事としては職人さんのやり方に途中で口を出さなければならない場面が発生します。
それを元に軽い口論になる事がありますが、それはお互いの仕事にプライドを持っているからこそ起こる口論だと思うので、しっかりと話し合って職人さんとの信頼関係を築いて良い物作りをしていくのが大事だと感じております。


明日のブログはメンテナンスリフォーム部の林さんです。

AIBAのイベント情報

「小川団地リノベーション」お披露目会・販売会

d0256297_20565866.jpg


日付

99-10日(土-日)

時間

10:00-17:00

会場

東京都小平市小川東町二丁目13-7-7-402(小川団地7号棟402号室)

定員:なし

参加費:無料

*ご予約不要。お好きな時間にお越し下さい。

詳しくは→こちら


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-08-29 10:04 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

アイバワークスにて

相羽建設には「アイバワークス」と呼ばれる大きな加工場があります。
普段別々の現場で仕事をしている大工さんも窓枠や鴨居・家具などの加工はここで行います。

この日は益子大工さんと柳原大工さんがそれぞれに作業をしていました。

d0256297_17535347.jpg
益子大工さんは機械とお手製の治具(ジグ)を使い加工中
d0256297_17540860.jpg


d0256297_17541683.jpg


d0256297_17542179.jpg


d0256297_17542686.jpg
どうやら垂木を掛けるための部材の加工をしていたようです。
d0256297_17543095.jpg
柳原大工さんは山と詰まれた材料の奥で家具の加工中
これら全てが一軒の家の家具として使われます。
d0256297_17543695.jpg
図面を読み込み、家具の部材を一枚一枚正確に切り出していきます。
d0256297_17544047.jpg
現場でカタチになる前のここでの作業が現場での丁寧な仕事に繋がっていきます。

■イベント情報
今週の土曜日は2学期最初のつむじ市 があります!
お時間ありましたらぜひ遊びに来てください。

明日はメンテナンスリフォーム部イチの落語通、桑山さんです。
お楽しみに~!!

[PR]
by aibakouzibu | 2017-08-28 18:21 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

先日の新藤さんのブログにもありましたが、

まだまだ暑い日が続きそうですね。

夏ばてや天候変化に負けないようにしっかり体調管理していきたいと思います。


さて、そんな夏の暑さにも負けるそぶりも微塵に感じさせない

相羽建設の若手大工さんの現場での様子を一部ご紹介します。

d0256297_07032776.png

写真は、大工さん2年目の金成拓郎君です。

このときは現場にて親方の秋山大工さん(写真奥)の指導の下

床板張りの作業をしていました。


ご存知の方もまだ少ないかと思いますが

金成君を含む若手大工さんたちも実はブログを書いています。

棟梁への道 ー東村山市 相羽建設 若手大工ブログー http://aibadaiku.exblog.jp/

彼らは現場や学校などで覚えることがいっぱいですが、

毎日現場にて、一生懸命楽しそうに仕事をしています。

現場やイベントなどで見かけましたら、

「ブログみてますよ」と声をかけていただければ

彼らも励みになると思います。

よろしくお願いします。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!






にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-08-24 07:07 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

アイバの夏フェス

今年で4回目を迎えた手しごとフェスタ

毎年この時期は普段お昼ごはんで通っているお店や、つながりあるお店にポスターを貼らせてもらっています。
最近はこのポスターを貼っていると「今年も夏フェスがきたなぁ・・・」と感じます。
d0256297_16094414.jpg
アイバの夏フェスは今回もいろいろなワークショップをご用意いています。

■バードコール(当日先着順受付)
d0256297_16112655.jpg
■木の小物(当日先着順受付)
d0256297_16120694.jpg
■カスタネット(当日先着順受付)
d0256297_16130911.jpg
■木のこども椅子・木の学童椅子(事前予約) ※小泉誠さんデザインの椅子を職人さんと一緒に作ることができます。
d0256297_16143881.jpg
■木の表札(事前予約) ※普段は住宅の設計を行っている。建築家チーム『あいらぼ』との木の表札作り
d0256297_16192714.jpg
■木のドリップスタンド(事前予約)
d0256297_16273429.jpg
事前予約のものは、既に締め切りになっているものもありますので、興味あるワークショップがありましたらお早めに連絡いただければと思います。

手しごとフェスタ2017「思い出の道具」

d0256297_16430669.jpg

明日はメンテナンスリフォーム部の桑山さんです。





[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-27 16:27 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

モノづくりの拠点。

工事部 堀野です。
雨のあまり降らない梅雨が明けたと思ったら、突然のゲリラ豪雨に
現場の進行を妨げられて頭が痛い毎日です。

当社には建具や造作材の加工を行う加工場があります。
名前は「相羽ワークス」。

d0256297_18194554.jpg



住宅現場では、建材メーカーによる既製品の造作材を使うのが当たり前になっている今日現在。
自社で窓枠や家具などの材料を製材する工務店は珍しくなりつつあります。


d0256297_18193876.jpg


創業当初から職人が持つ技をこだわりとしてきた相羽建設。
今でも施工する住宅で使われる造作材のほぼ全てが、この加工場で作られています。
お引渡しの際にお施主様へお渡しする「大工の手」もここで作られます。

このモノづくりの舞台で今週末の30日(日)、「てしごとフェスタ2017」が開催されます。
相羽建設が誇る創造の舞台を見てみたい方、インダストリアルな空間が好きな方、製材加工機械マニアな方。
是非是非お越しくださいませ!



私、堀野は「木のドリップスタンド」を担当しています。
ただいま絶賛準備中.......。ご期待ください!

d0256297_18193385.jpg

明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!

[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-26 18:55 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

こんにちは。メンテナンス部の佐々木です。
暑い暑いと思っているうちに梅雨があけそうですね。
涼しくて、一気にくる夏も厳しいですが
ずっと暑いのも現場には厳しいもんですね。

さて先日、点検でお伺いしたお客様より
キッチン周りでカビが出てしまったという相談を受けました。
d0256297_19515002.jpg
こんな感じで、カビが出ていました。

カゴを置いて、知らないうちに水が染み込んでしまったようです。

塗装や材料の交換なども検討しましたが・・・・

今回はこんな感じで仕上げました。
d0256297_20151853.jpg
タイルです!!!

もともと正面はタイルにて仕上げていたので、デザインを合わせてタイルにしました。

相羽建設のタイル屋さんは本当に器用で、いつも綺麗におさめてくれます。


ありがたいですね。

タイルのリフォームは相羽建設にお任せ下さい。

それでは今回はこのへんで!!!




[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-15 19:43 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)


工事部 堀野です。

最近は朝晴れていても、夕刻になると土砂降りの雨が降るような天気が続いていて
現場養生の方法と、朝出かける際に傘を持つか否か?で悩んでいる私です。


遊園地のある町の片隅で、担当現場の基礎工事が進んでいます。

d0256297_13193980.jpg



結束線という金属製の紐を使い、鉄筋をつなぎ合わせていきます。


d0256297_13195826.jpg



結束線のつなぎに必要なものが「ハッカー」です。
人様のパソコンに悪さをすることでお馴染みの.....。

いえ違います。


d0256297_17535360.jpg



これがハッカーです。
先端が曲がっている部分がクルクルと回転することで、結束線をネジる仕組みになっています。
簡単そうに見えますが、綺麗・正確・スピーディにネジるには、経験と技が必要です。

この日の最高気温は35度。立っているだけで汗が流れます。
しかも鉄筋は熱を帯びて、素手で持ったら火傷します。

灼熱の中、正確かつ丁寧に鉄筋を組み上げていく職人さん達は
まさにプロハッカーですね。

しかしあまり集中すると熱中症になる恐れが。
こまめな水分補給と塩分補給、日陰での休憩を忘れないようにしなければいけませんね。
職人さんの健康管理も、現場監督の職務です。
えっ、お肌の紫外線対策ですか?それは自己管理でお願い致します。


次回は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!







[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-07 18:44 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

なさんこんにちは、アーテックの野田です。
日中はとても暑い日であったり、
急に天気が崩れて雨が降ってきたりと
天気が変わり易い日が続いています。
現場作業をするものとしては晴天や恵みの雨に一喜一憂したりという日々が続いています。
今日も急な雨が降ってきましたが仕上げ工事などの内部仕事が多いので予定通り進んでいます。
車での移動などにも気を付けて安全運転でまいります。
さて、今週は仕上げ工事を行っています。
d0256297_17202281.jpg
ドミノ住宅の仕上げ工事途中の様子です。
壁のコンセントの穴や配線長押からまだ電線が垂れ下がっています。
この後、壁の穴の部分にはコンセントを取り付けたり、
長押部分には、ショップライン(配線ダクトレール)を取り付けます。
お引渡しまであとわずかですので、気を緩めず作業していきます。
また、先週末に別の上棟したばかりの現場において上棟式を行いました。
お施主様のご家族ご親族と、弊社の方から大工さんをはじめ、監督設計者、
それに自分も今回は出席させていただきました。
式の途中にて、お施主様のお子様たちと餅まきもさせていただきました。
d0256297_17203865.jpg
相羽会長が撒いたお餅を子供たちが夢中になって追いかけている様子はとても可愛らしかったです。

上棟おめでとうございます。

次回の工事部ブログは渡邉さんです。
ぜひご覧ください。
お楽しみに








にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-05 17:27 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)