床の断熱材

こんにちは桑山です。

リフォームの現場で床下に断熱材が入っていない現場がありました。
d0256297_19455080.jpg
現在ある床を壊して断熱材を入れる事はできるのですが、費用がかさんでしまいます。

床下に空間がある場合は発泡ウレタンを吹き付けての断熱を行うこともあるのですが、
今回は床下の空間もなかったので、LIXILのフロアインプラスを採用しました。
d0256297_19451300.jpg
厚さ15mmという薄さですが真空断熱材というもので十分な断熱性能を発揮してくれます。
d0256297_19445807.jpg
ピンク色の部分にだけ釘を打つことができるので慎重に穴をあけないようにしながら床を貼って完成です。
底冷えのする床からの改善ができたのではないかと思います。

建築業界いろんな建材が出ているので、カタログを見ているだけでも勉強になります。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-25 19:56 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

インターホンの移動工事

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

今日も天気は暑い位にとても良い天気でした。

今年最初の夏用作業着(空調服)を着用して過ごしました。

もうすぐ6月、高温多湿の季節がやってきますので体調不良にならないように努めていきます。


さて、今回はOBのお客様宅にて玄関先にサインポストを増設するために

既存のインターホンの移設を行った様子をご紹介します。

既設の玄関インターホン子機を後ろに見える玄関扉の脇から配線を延長して移動します。

d0256297_18510759.jpg


写真は工事後の様子になります。この後表札を取り付けて完成です。


植栽もこの後に手を入れられるとのことですので、

ますます良い雰囲気の入り口になると思われます。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!



[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-20 18:57 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

こんにちは!
メンテナンス部の佐々木です。
新緑の気持ち良い季節ですね。
緑がまぶしいです!!

さて今回は木製建具の塗装の時期は???

実は住まいによって塗装時期は変わります。

例えば玄関ドアの位置が南側よりも、東側ドアの方が劣化が進む場合があります。

紫外線や風雨の影響の受け方で劣化状況は大きく変わります。

その中でも安定しているのが建物北側の玄関ドアですね。

紫外線が受けにくく、大きな庇が出ている場合は、10年経過しても良い状態の場合もあります。

d0256297_19213866.jpg





にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ




















この玄関ドアの写真をみると・・・

風雨のあたるハンドル付近及びドアの下の方にグレー色に変色している部分が見えます。

このグレー色が出てくる部分が見えたら、塗装をする時期と言えます。

自分で塗装する場合はグレー色が出る前に塗装すると良いかと思います。
d0256297_19262187.jpg



























塗装屋さんが仕事をする場合は、しっかりと下地の調整を行います。

しっかりと調整してグレー色が綺麗になっているのが写真でわかるかと思います。

このサンダーがけによる下地調整が自分で行うのはなかなか大変です。

d0256297_19291698.jpg



























入念な下地調整が終わると、塗装になります。

多くのお客様がDIYで玄関塗装にチャレンジしています。

玄関は住まいの顔と思いますので、早いうちに塗装を行うことをオススメします。

点検時にも確認してアドバイスしています。

気になる方はメンテナンス部にご相談ください。






d0157375_19495884.gif





あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-16 19:34 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)

桜が咲いた現場。

工事部 堀野です。
連休も終わり、夏に向けて気温もぐんぐん上がりつつありますね。
皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか。
私は家族と新潟方面へ行ってきました。
久しぶりの撮影旅行です。

d0256297_19471427.jpg
8×10というカメラ。木製です。




転職してから最初の現場がいよいよお引渡しになります。
何もない敷地に徐々に建物が立ち上がっていく光景は何度見ても壮観です。


d0256297_19491081.jpg
2016.12.1  何もない敷地。



d0256297_19531758.jpg
2017.1.8  基礎完成 (施工・小林土木)



d0256297_19571475.jpg
2017.1.18 上棟



d0256297_19591076.jpg
 


d0256297_19591818.jpg


d0256297_19585723.jpg

現場施工を担当したのは、秋山大工と金成大工。
我が社が誇る腕利きの2人に美しい家を仕上げてもらいました。



d0256297_19592950.jpg
外壁には全てガルバリウム鋼板で仕上げています。
職人仕事の丁寧さ・迅速さは圧巻でした。(施工・丸伸鋼商)



新年幕開けと同時に始まった初現場。
仕上げ工事の頃には見事な桜が目の前に広がっていました。
大きな窓と広いウッドデッキがあるこの家では、
春が来るのが待ち遠しくなりますね。

d0256297_19594174.jpg


d0256297_19594950.jpg

この素敵な家の完成見学会が、
いよいよ今週末の13日(土)・14日(日)にあります。
要予約制のイベントです。
ご興味のある方は是非ともお申し込みの上、おいで下さいませ。
詳細は当社ホームページをご覧ください。

明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!




[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-10 20:18 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。


連休も終わってしまいましたが、楽しまれた方も多いと思います。

自分も仲間と長野県にある有名なお食事処へ行ってきました。

仲間の益子大工さんの注文した中華丼です。すごい迫力のどんぶりです。

d0256297_21154536.jpg

自分は無難にラーメンと餃子を頂いてきました。

どちらもとても美味しかったです。

また行こうか?と仲間と盛り上がりました。


今回は現場で引込柱を立てる作業の様子を少しお伝えします。

まず、柱を立てるための穴を掘るのですが、直径30cm位で深さが1.2m位掘らなければいけません。

普通のスコップで掘ると地面付近が広がってしまい、地面付近も1m位の穴になってしまうと思います。

そこで縦に細い穴を掘るためのスコップがこれです。

d0256297_21143809.jpg

これは2本の細いスコップをはさみのように蝶番でつないだ形をしています。

掘ってみましょう。

d0256297_21145637.jpg

先の方に土が挟まっているのがわかると思います。

d0256297_21150396.jpg

繰り返してどんどん掘ります。

d0256297_21151144.jpg

スコップの柄の頭が潜るくらいまで惚れました

d0256297_21151882.jpg

穴が掘れたので、引込柱を立てます。
このとき、長さが全長7m近くあり、重さも60kg以上あるので

現場に入っている仲間の力も借りて一気に穴に柱を落とし込んで立てます。

d0256297_21152882.jpg

無事に立ちましたので、向きや曲りを確認してコンクリートを流し込んで寝巻き(柱の基礎)をします。

d0256297_21153774.jpg

内部外部の仕上げもすべて終わった後、電力会社さんが引き込み線を繋ぎに来てくれれば無事に受電となります。

以上、現場の作業の様子でした。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!





[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-08 21:21 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

リフォームして残すもの

こんにちは桑山です。

今回はリフォームして残したものについて。

下の写真1枚目はリフォーム前の状態写真中央やや左に写っている柱、こちらが今回残したものです。

d0256297_16192440.jpg

2枚目の写真はリフォーム後、全体の雰囲気が変わっているのでわかりづらいですが、近くのアングルから撮った写真です、右から二本目の柱が残した柱です。

柱の位置が変わっているのがお分かりになるでしょうか?

d0256297_16193119.jpg

そのままだと新しいキッチンのシンクにぶつかってしまうので撤去することになった柱を保管しておいて別の場所に移設しました。

なぜそうしたのか?

材料がもったいないから移設したわけではなく。

実はお子さんの成長記録を刻んだ柱だったのです。

d0256297_16300060.jpg

リフォームの現場だと「使えるものは使う」「使えないものは処分する」という判断を迫られます。

しかし、それとは別に「残したいから残す」という選択をすることがあります。

お客様の思い出をどうやったら残せるだろうという事を考える時間もリフォームのやりがいであり楽しいところです。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-24 17:07 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

光る泥だんご

今年で6周年を迎えた先日のこども工務店。

私は今年も左官屋さんのお手伝い

増田左官工業さんと二階堂左官さんには
毎年本当に趣向をこらした面白い体験を準備していただいております。

そんな今年の左官屋さんブースの体験は、
子供だけでなく、大人もはまってしまいまうという噂の
「光る泥だんご」作りでした。

そしてこの体験、
単に面白いだけではなく、
実は左官屋さんのシゴトが凝縮されたモノなのでした。

泥だんごの芯(下地)になるのは、荒木田土(あらきだつち)と呼ばれる土。
よく田んぼの土などに使われる粘土質のモノ。

実際の左官仕事でも、漆喰の下地であったり、土蔵などに使われます。
よく見ると、こちらの泥だんごにも実際の壁と同じ様に割れ止めの藁すさが混ぜてあります。
d0256297_11255742.jpg

こども達が来る前に、泥だんごに一度漆喰の下塗りをします。
(下地の土の色が透けるのを防ぐため)
d0256297_11270618.jpg


d0256297_11272291.jpg
いよいよこども達に色付けをしてもらいます。
色は漆喰に水性絵の具を混ぜたもの。

実際のシゴトでは、漆喰にベンガラなどの色粉をまぜたりしまずが、原理は同じです。
(色粉か絵の具かの違いだけです)
色粉・絵の具と漆喰を混ぜることで磨くと光るようになるのです。

d0256297_11285346.jpg


d0256297_11291457.jpg


d0256297_11292747.jpg

色を塗ったらいよいよ磨きに入ります。
はじめは優しく手でさすり...
d0256297_11304168.jpg

乾いてきたら、ビンの口でゴリゴリとしごきます...

実際の左官仕事では、ビンではなく鏝を使い、
何度も何度もしごいて仕上げます。
d0256297_11305765.jpg

最後は
手を使い、指紋で擦って磨き上げます。

実際の左官仕事でも鏡のように仕上げる鏡面仕上げの場合、
最後は同じく手の指紋と脂で仕上げます。
d0256297_11311524.jpg

磨けば磨くほどに輝く泥だんごに終わりは無いのです...
d0256297_11313914.jpg
写真:広報部 吉川
今年もおかげさまで忙しく
あまり他のブースは回れませんでしたが、
どのブースの体験もとても魅力的でした。
その様子はまた後日

今年もありがとうございました。

明日の担当は堀野くんです。
お楽しみに!




[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-20 17:13 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。
先日はこども工務店6に多くの方のご来場ありがとうございました。
こどもたちに体験してもらう電気の出し物も毎回変えているのですが
始まる直前まで、これで喜んでくれるのかと不安になるのですが、
「えいえいおー!」の掛け声が終わって走ってくる子供たちのきらきらした
笑顔をみるとそんな杞憂も忘れてしまいます。

d0256297_20074006.jpg

それでも、午前中だけでも50組からのお子さんのエネルギーには
圧倒されてしまいます。
昼食休憩時に、ちょっと休んだつもりだったのですが
他のスタッフから「野田さん、寝過ぎ!笑」と笑われてしまいました。
午後の部も無事に終わり、みなさん笑顔で帰宅されました。
今回は地上波アンテナと衛星アンテナの取付を体験してもらいましたが
次回のこども工務店7はなにを体験してもらおうかと今から悩んでいます。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。
ぜひご覧ください。
お楽しみに!!






にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-17 20:14 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

角波 外装材

現場では、

板金屋さんが外壁の施工をしていました。
カタチは角波、色はガンメタ(銀黒)

一枚一枚がフローリングの本実と同じ様な形状になっています。
本実(ホンザネ):2014年10月28日のブログより

d0256297_19224400.jpg

そのため、2枚並べると

d0256297_19245856.jpg


d0256297_19251453.jpg

継ぎ目が分かりません

d0256297_19254110.jpg

実際に施工するとこのような感じです。

職人さんが1枚1枚
窓、パイプや屋根の形に加工します。

d0256297_19270108.jpg


d0256297_19271256.jpg


d0256297_19273121.jpg


d0256297_19272152.jpg

職人さんが手際よく作業している様子は見ていてカッコイイです。

そしてそんな職人さんになれるチャンス、今年もやってきます!!
今年でなんと6回目!!!!!!

d0256297_19501608.jpg
お申込はお早めに!

明日はメンテナンスリフォーム部の桑山さんです。

お楽しみに~!





[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-06 19:51 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

前回の新藤さんや樋口さんのフレッシュな記事が続きましたが

自分は3月の仕上げ工事&お引渡しラッシュを仲間の応援のおかげで
無事に乗り越えることができました。
そんないつも頼りになるパートナーさん達にはいつも感謝しています。

そんな中「じゃあ、リフレッシュにちょっと出かけよう!」と
いつもの仲間からお声がかかり、静岡県伊東市まで出かけてきました。

d0256297_17153067.jpg

午前中は少々肌寒かったのですが目的地に無事到着。

頂いた料理に参加者全員で「美味しい美味しい!」と舌鼓を打ってきました。

d0256297_17154135.jpg



とても美味しい食事を頂きまして大変満足でした。

これをまた明日からの仕事の励みにしたいと思います。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!






にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-03 17:41 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)