タグ:現場 ( 117 ) タグの人気記事

インターホンの移動工事

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

今日も天気は暑い位にとても良い天気でした。

今年最初の夏用作業着(空調服)を着用して過ごしました。

もうすぐ6月、高温多湿の季節がやってきますので体調不良にならないように努めていきます。


さて、今回はOBのお客様宅にて玄関先にサインポストを増設するために

既存のインターホンの移設を行った様子をご紹介します。

既設の玄関インターホン子機を後ろに見える玄関扉の脇から配線を延長して移動します。

d0256297_18510759.jpg


写真は工事後の様子になります。この後表札を取り付けて完成です。


植栽もこの後に手を入れられるとのことですので、

ますます良い雰囲気の入り口になると思われます。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!



[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-20 18:57 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

こんにちは!
メンテナンス部の佐々木です。
新緑の気持ち良い季節ですね。
緑がまぶしいです!!

さて今回は木製建具の塗装の時期は???

実は住まいによって塗装時期は変わります。

例えば玄関ドアの位置が南側よりも、東側ドアの方が劣化が進む場合があります。

紫外線や風雨の影響の受け方で劣化状況は大きく変わります。

その中でも安定しているのが建物北側の玄関ドアですね。

紫外線が受けにくく、大きな庇が出ている場合は、10年経過しても良い状態の場合もあります。

d0256297_19213866.jpg





にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ




















この玄関ドアの写真をみると・・・

風雨のあたるハンドル付近及びドアの下の方にグレー色に変色している部分が見えます。

このグレー色が出てくる部分が見えたら、塗装をする時期と言えます。

自分で塗装する場合はグレー色が出る前に塗装すると良いかと思います。
d0256297_19262187.jpg



























塗装屋さんが仕事をする場合は、しっかりと下地の調整を行います。

しっかりと調整してグレー色が綺麗になっているのが写真でわかるかと思います。

このサンダーがけによる下地調整が自分で行うのはなかなか大変です。

d0256297_19291698.jpg



























入念な下地調整が終わると、塗装になります。

多くのお客様がDIYで玄関塗装にチャレンジしています。

玄関は住まいの顔と思いますので、早いうちに塗装を行うことをオススメします。

点検時にも確認してアドバイスしています。

気になる方はメンテナンス部にご相談ください。






d0157375_19495884.gif





あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-16 19:34 | メンテ・リフォーム佐々木 | Trackback | Comments(0)

京都へ

こんにちは桑山です。

先週の連休中に親戚の結婚式があり京都に行ってきました。
d0256297_16590264.jpg
しっかりと京都市内を訪れたのは中学の修学旅行以来だったので実に15年ぶりでした。
当時は建築を仕事にするとは考えていなかったのでぼんやりと見ていて思い出として残っているのは歴史的な建物よりは太秦の映画村のだったりします。

と、まぁそんな感じの修学旅行だったのでせっかくだから大人になった今同じ場所を訪れてみたらみたらどう感じるのか?と中学時代修学旅行で訪れた先をトレースして観光してみました。

京都市内はいくつものバスが循環していて1日500円でバス乗り放題でした。
d0256297_17122342.jpeg

移動手段も手に入れたので、まずは朝一番に「二条城」を訪れました。

入場口になっている「東大手門」
d0256297_16571606.jpg
装飾の美しい「唐門」
d0256297_16572458.jpg


d0256297_17041827.jpg
内部は撮影禁止でしたが鴬張りの床で有名な「二の丸御殿」
d0256297_16573413.jpg
お城好きの私としてはかなり見ごたえのあるお城でした。

次に訪れたのは鹿苑寺(金閣寺)
言うまでもなく金ぴかの「金閣舎利殿」
d0256297_16581581.jpg
金閣寺はとにかく人の数がすごかった、京都市内は外国人観光客がたくさんいるんですが金閣寺周辺は特に多くいたんじゃないかと感じました。

最後に清水寺
「清水の舞台」
d0256297_16585772.jpg
学問、恋愛、長寿のご利益で有名な「音羽の滝」
屋根の吹き替え工事中で、足場は丸太で組まれていてこれはこれでいいものを見たなと感じました。


滞在したのは2日間でしたが京都を感じた充実の2日間でした。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-12 09:30 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

桜が咲いた現場。

工事部 堀野です。
連休も終わり、夏に向けて気温もぐんぐん上がりつつありますね。
皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか。
私は家族と新潟方面へ行ってきました。
久しぶりの撮影旅行です。

d0256297_19471427.jpg
8×10というカメラ。木製です。




転職してから最初の現場がいよいよお引渡しになります。
何もない敷地に徐々に建物が立ち上がっていく光景は何度見ても壮観です。


d0256297_19491081.jpg
2016.12.1  何もない敷地。



d0256297_19531758.jpg
2017.1.8  基礎完成 (施工・小林土木)



d0256297_19571475.jpg
2017.1.18 上棟



d0256297_19591076.jpg
 


d0256297_19591818.jpg


d0256297_19585723.jpg

現場施工を担当したのは、秋山大工と金成大工。
我が社が誇る腕利きの2人に美しい家を仕上げてもらいました。



d0256297_19592950.jpg
外壁には全てガルバリウム鋼板で仕上げています。
職人仕事の丁寧さ・迅速さは圧巻でした。(施工・丸伸鋼商)



新年幕開けと同時に始まった初現場。
仕上げ工事の頃には見事な桜が目の前に広がっていました。
大きな窓と広いウッドデッキがあるこの家では、
春が来るのが待ち遠しくなりますね。

d0256297_19594174.jpg


d0256297_19594950.jpg

この素敵な家の完成見学会が、
いよいよ今週末の13日(土)・14日(日)にあります。
要予約制のイベントです。
ご興味のある方は是非ともお申し込みの上、おいで下さいませ。
詳細は当社ホームページをご覧ください。

明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!




[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-10 20:18 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。


連休も終わってしまいましたが、楽しまれた方も多いと思います。

自分も仲間と長野県にある有名なお食事処へ行ってきました。

仲間の益子大工さんの注文した中華丼です。すごい迫力のどんぶりです。

d0256297_21154536.jpg

自分は無難にラーメンと餃子を頂いてきました。

どちらもとても美味しかったです。

また行こうか?と仲間と盛り上がりました。


今回は現場で引込柱を立てる作業の様子を少しお伝えします。

まず、柱を立てるための穴を掘るのですが、直径30cm位で深さが1.2m位掘らなければいけません。

普通のスコップで掘ると地面付近が広がってしまい、地面付近も1m位の穴になってしまうと思います。

そこで縦に細い穴を掘るためのスコップがこれです。

d0256297_21143809.jpg

これは2本の細いスコップをはさみのように蝶番でつないだ形をしています。

掘ってみましょう。

d0256297_21145637.jpg

先の方に土が挟まっているのがわかると思います。

d0256297_21150396.jpg

繰り返してどんどん掘ります。

d0256297_21151144.jpg

スコップの柄の頭が潜るくらいまで惚れました

d0256297_21151882.jpg

穴が掘れたので、引込柱を立てます。
このとき、長さが全長7m近くあり、重さも60kg以上あるので

現場に入っている仲間の力も借りて一気に穴に柱を落とし込んで立てます。

d0256297_21152882.jpg

無事に立ちましたので、向きや曲りを確認してコンクリートを流し込んで寝巻き(柱の基礎)をします。

d0256297_21153774.jpg

内部外部の仕上げもすべて終わった後、電力会社さんが引き込み線を繋ぎに来てくれれば無事に受電となります。

以上、現場の作業の様子でした。


次回の工事部ブログは渡邉さんです。

ぜひご覧ください。

お楽しみに!!





[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-08 21:21 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)

リフォームして残すもの

こんにちは桑山です。

今回はリフォームして残したものについて。

下の写真1枚目はリフォーム前の状態写真中央やや左に写っている柱、こちらが今回残したものです。

d0256297_16192440.jpg

2枚目の写真はリフォーム後、全体の雰囲気が変わっているのでわかりづらいですが、近くのアングルから撮った写真です、右から二本目の柱が残した柱です。

柱の位置が変わっているのがお分かりになるでしょうか?

d0256297_16193119.jpg

そのままだと新しいキッチンのシンクにぶつかってしまうので撤去することになった柱を保管しておいて別の場所に移設しました。

なぜそうしたのか?

材料がもったいないから移設したわけではなく。

実はお子さんの成長記録を刻んだ柱だったのです。

d0256297_16300060.jpg

リフォームの現場だと「使えるものは使う」「使えないものは処分する」という判断を迫られます。

しかし、それとは別に「残したいから残す」という選択をすることがあります。

お客様の思い出をどうやったら残せるだろうという事を考える時間もリフォームのやりがいであり楽しいところです。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-24 17:07 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

「普通」じゃない普通。

工事部・堀野です。
本社から現場へ向かう途中、綺麗に咲き誇っていた桜並木が
徐々に新緑に包まれていくのを日々目の当たりにして本格的な春の到来を感じている今日この頃です。

担当している現場にて、大工さんがランバー材にトリマーという機械で溝を掘り進めていました。

d0256297_22284426.jpg


  
d0256297_22300432.jpg


一般の方でこの写真だけ見て何か分かった人は、建築の才能があります。
驚いた人やうわあ......と思った人は建築関係者の方ですね。

当社では階段を全て手刻みで造作・施工しています。
メーカー既製品の建材・住設を使うことが当たり前といっても過言ではない現在、
手刻みの階段を採用している工務店は本当に少ないです。
傍から見れば簡単そうに進めている作業ですが、緻密な計算と相当な技量が求められます。
今では当たり前ではなくなったことを普通のように行い、美しい住宅を作る。
そんな相羽建設の家創りに惚れて転職した人間がここにいます。


d0256297_22410635.jpg



感心して写真を撮っていたら、「そんなに珍しいかね」なんて大工さんから呆れられる始末。
お邪魔でしたね、すいません.......。
2階では4月に入社した新人大工の佐藤君が真剣な姿勢で鉋の刃を研いでいました。

d0256297_22483079.jpg


職人の命ともいえる道具の手入れを、親方から学び練習を重ねる。
次の世代への技術継承と人材育成も当社は力を注いでいます。
いつか一人前の大工さんになった日には、是非一緒に現場やりましょう!
そのために自分も頑張ります。


次回は桑山さんのブログです。
お楽しみに!



[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-21 23:00 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)

家に遊び心を(電車編)

こんにちは桑山です。

先日工事した現場、ちょっとした遊び心で階段の横に息子さんの好きな電車のレールを設置しました。

始発の駅は2階の廊下と隣接しているので「ろうか駅」
d0256297_17290165.jpg
階段の途中には水平の部分を設けて駅を作りました、ちょうど照明の真下の位置だったので駅名が「ライト駅」
d0256297_17325711.jpg
階段の周り口のところにはカーブを設置、大工さんの力作です。
d0256297_17363455.jpg
スムーズに電車もカーブを曲がりほっと一安心
d0256297_17371768.jpg
カーブを曲がった先の窓の上は本棚が近くにあるので「図書室駅」
d0256297_17394275.jpg
後日伺うと黒板塗料を塗ったドアに路線図と時刻表が描かれていました。
d0256297_17294360.jpg
この家にはほかにも電車の車掌さんが使うような扉の窓も設置してあります。
d0256297_17471437.jpg
d0256297_17470725.jpg
必ずしも必要なものではないですが、生活が豊かになる遊び心を取り入れた工事を相羽建設では行っています。

次回のブログはリフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-07 17:55 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

角波 外装材

現場では、

板金屋さんが外壁の施工をしていました。
カタチは角波、色はガンメタ(銀黒)

一枚一枚がフローリングの本実と同じ様な形状になっています。
本実(ホンザネ):2014年10月28日のブログより

d0256297_19224400.jpg

そのため、2枚並べると

d0256297_19245856.jpg


d0256297_19251453.jpg

継ぎ目が分かりません

d0256297_19254110.jpg

実際に施工するとこのような感じです。

職人さんが1枚1枚
窓、パイプや屋根の形に加工します。

d0256297_19270108.jpg


d0256297_19271256.jpg


d0256297_19273121.jpg


d0256297_19272152.jpg

職人さんが手際よく作業している様子は見ていてカッコイイです。

そしてそんな職人さんになれるチャンス、今年もやってきます!!
今年でなんと6回目!!!!!!

d0256297_19501608.jpg
お申込はお早めに!

明日はメンテナンスリフォーム部の桑山さんです。

お楽しみに~!





[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-06 19:51 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)

緑色の手帳。

工事部・堀野です。

桜が徐々に花を咲かせつつある今日この頃。
移動中に満開に向かっている桜をみると、春になったという事を実感させてくれます。


さて、あっという間に4月。
外を歩けば新しいスーツに身を包んだ新社会人の方を沢山お見掛けいたします。
社会人たるものメモは大事!
というわけで今回は普段私が愛用しているモノをご紹介いたします。
d0256297_21050614.jpg

コクヨさんが販売している測量野帳です。
普段から作業着に入れて持ち歩いているため、ボロボロですね。
しかし水に濡れてもボロボロにならない・片手で持ってメモが可能など、
ハードな現場ではなかなか頼りになる優れものです。

測量野帳が発売されたのは1959年。発売の10年前(1949年)に測量法が制定されたのをきっかけにニーズが増大した
測量業務の現場の声を反映し開発されました。発売当時からデザインはほとんど変更されていないそうですよ。

d0256297_21051384.jpg


中身です。
3㎜方眼の帳面が使いやすくて愛用しています。
何だ白紙じゃないか!と思われるかもしれませんが、色々書き込んでいます。

現場の大工さんやお施主様との打ち合わせ、納まり方法のスケッチ、地図、部材寸法、発注メモ、
現場スケジュール、かわいいあの子の電話番号等々・・・。

なので中身は秘密です。


d0256297_21052029.jpg


















測量野帳は文具マニアの方々にも人気みたいですね。
野帳の使い手を「ヤチョラー」というのだとか。

会社内にもヤチョラーがもっと増えたら嬉しいと思った堀野でした。


明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-05 21:23 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)