カテゴリ:メンテ・リフォーム桑山( 146 )

ノコギリのあれこれ

こんにちは桑山です。

以前の記事(123)で木材や大工道具について書いたものが何件かありましたが、
そういえば鋸(ノコギリ)について書いたことがなかったので
今回は大工さんにはなくてはならない道具、鋸について書いていきたいと思います。
d0256297_10104780.jpg

写真左から、金属を切る「金鋸」枝を切る「剪定鋸」残りが木材を切る「両刃鋸」「片刃鋸」「導突き鋸」

一口に鋸と言いましてもいろいろと種類があるのですが、木材用のものは
大きく分けると「縦挽き」と「横挽き」に分けることができます。

ほとんどの両刃鋸には縦挽き横挽きの両方がついています。
写真左の刃の目が荒いほうが縦挽き写真右の刃の目の細かいほうが横挽きです。
d0256297_10240008.jpg

さて縦挽き横挽きとは何か、それは切る木材の繊維の方向によって決まります。
繊維と平行に切るほうを縦挽き(写真左)、繊維と直交して切る(写真右)ほうを横挽きと言います。

同じ木材を切るのでも繊維の方向の違いで鋸を変える必要があります。

刃の形状の細かな話は省きますが、縦挽きは繊維を縦に削りながら切り進み、横挽きは繊維を横に断ち切りながら切り進みます。

ちなみに斜めに切る際は繊維を断ち切る切り方になるので横挽きの刃を使用します。
d0256297_10530239.jpg
DIYなどで木材を切断するために鋸を買う場合は切る方向のことを考えて購入されるといいかもしれません。

さて上記部分を知っているだけでもかなりのものですが、ここからはおまけで鋸のさらにディープな部分アサリ」について、これを知っているのは大工さんか金物屋さんぐらいだと思います。

下の写真は鋸の刃を正面から撮った写真で左が縦挽き右が横挽きです。
分かりにくいですが、印の方に鋸の刃一枚一枚が左右に分かれています。
d0256297_11464868.jpg
これは同じ方向に刃が寄っていると木材を切る際に力が片方にかかり斜めになってしまうためで左右に分かれていることで力が分散されて真っ直ぐ切ることができます。
また、本体部分より左右に刃が少し出ていることで、切り進んでも木材に挟み込まれるのを防止しています。
この刃が左右に出ている部分を「アサリ」と言います。

長々と書きましたが、前半部分の縦挽き横挽きだけでも理解していれば、DIYでの木材加工が少し楽になると思います。

次回はメンテナンスリフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-09-11 10:00 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

大工調べ

こんにちは桑山です。

実はわたくし趣味の一つに落語を聞くというものがありまして、
なんとなくですが就職するまでは職人さんのイメージは落語をもとにしていたような
気がしますし、未だにかっこいい職人さんといえば江戸っ子が啖呵を切る感じを思い描きます。

写真は新宿にある寄席の末廣亭。
d0256297_10523244.jpg
落語の演目に「大工調べ」という演目があります。
40分くらいのネタなのですがざっくりとした内容を書くと

与太郎という大工さんが棟梁に仕事に誘われたのに道具がないから仕事ができないという
棟梁がなぜ道具がないかと話を聞くと家賃を滞納していたところ家賃が払えるまでの質草として
大家さんに大工道具を取られてしっまたという、仕事ができない状況を見かねた棟梁が
お金を貸すけど少し足りない道具がなけりゃ仕事ができないからとまずは道具を返してくれと
大家さんと話すけど、返してくれない仲裁に入ったはずの棟梁が大家さんとケンカになってしまい・・・
といった内容です。

大工調べのサゲ(落語のオチ)に「細工は流々、仕上げを御覧(ごろう)じろ」という言葉が出てきます。
なんか職人さんっぽくてかっこよくないですか?
意味としては「仕事の仕方はいろいろあるから、途中で口は出さずに仕上げを見て判断しろ」という感じです。
現在職人さんでそんな言い回しをする方にはあったことがないですが、
やはりどの職人さんも、口には出さずとも根底にはこの考え方があるように思います。

現場監督の仕事としては職人さんのやり方に途中で口を出さなければならない場面が発生します。
それを元に軽い口論になる事がありますが、それはお互いの仕事にプライドを持っているからこそ起こる口論だと思うので、しっかりと話し合って職人さんとの信頼関係を築いて良い物作りをしていくのが大事だと感じております。


明日のブログはメンテナンスリフォーム部の林さんです。

AIBAのイベント情報

「小川団地リノベーション」お披露目会・販売会

d0256297_20565866.jpg


日付

99-10日(土-日)

時間

10:00-17:00

会場

東京都小平市小川東町二丁目13-7-7-402(小川団地7号棟402号室)

定員:なし

参加費:無料

*ご予約不要。お好きな時間にお越し下さい。

詳しくは→こちら


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg



↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-08-29 10:04 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

暑い日でも

こんにちはメンテナンスリフォーム部の桑山です。

暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

こう暑いとクーラーの効いた部屋でのんびり読書でもしながら過ごせると最高なのですが、現場監督としては外に出ないわけにもいかないので、汗拭き用のタオルや着替えを用意して現場に出ていきます。

そして、私のこだわりとしては暑い日でも常に長袖です。

これには3つ理由があります。

1つは蚊対策
外で仕事しているとかなり刺されるので少しでも露出を少なくしています。
d0256297_12485673.jpg

2つ目は日焼け対策
以前屋根の上で1日作業をしていた際に半袖だったためシャワーを浴びることもできない日焼けを腕にしたので気を付けています。
現在は常に長袖なので手首から先が黒く日焼けしています。
d0256297_12533081.jpeg


3つ目はケガの予防
これは季節と関係ないですが一番重要で鉄筋の結束線や木のささくれなど肌が露出しているとひっかけてケガをしてしまうことがあります自分の血で現場を汚したりしたらとても残念なので。
鉄筋同士を結わいている細い針金が結束線です、これで結構ケガをします。
d0256297_13000253.jpg


というわけで以上の3つの理由から夏場は長袖です。
代わりに冬場に半袖ということもないのでよくよく考えると私は一年中長袖でした。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。

イベント告知

日付 8月19日(土)
時間 9:30-12:00
会場 小平市小川東町…西武多摩湖線「八坂」駅から徒歩6分
定員:5組(予約優先)
*駐車場はございません。お近くのコインPをご利用ください。
*体験会は事前予約の方優先となります。内覧のみの方も大歓迎!

詳しくはリンクをご覧になってください。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-08-16 10:00 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

東村山でリフォーム

こんにちは桑山です。

今回は東村山市で行ったリフォーム現場のビフォーアフターを載せてみたいと思います。

以前はグループホームだった建物を戸建ての住宅への改修工事

最初の写真は2階廊下から撮った個室入口の写真
d0256297_21460018.jpg
2枚目の写真は、解体時の写真、各部屋の間仕切り壁を取っ払って大きな一つの部屋に
d0256297_21510797.jpg
3枚目の写真は完成時、大きなリビング空間、
d0256297_21485499.jpg
4枚目の写真は1枚目の写真右側の部屋で元々6畳の個室をバルコニーにしてリビングの延長空間に。
d0256297_21483860.jpg
続いての写真はリビングから見たキッチン
d0256297_21443164.jpg

梁を補強し必要な柱を残しながら大きなリビングを作っていきます。
d0256297_21455154.jpg

続いての写真1枚目は解体時、4畳半の個室の床を取り除いています。
d0256297_21443791.jpg
柱を立て、徐々に階段を作っていきます。
d0256297_22120046.jpg
d0256297_22121703.jpg
手摺にもこだわった回り階段吹き抜けの空間が気持ち良さを演出してくれます。
d0256297_21451955.jpg
d0256297_21484512.jpg
今回は大規模なリノベーション工事だったので全てを紹介しきれませんが素敵な空間が作れたのではないかと思います。


イベント告知
明日7月30日()は年に一度の祭典
d0256297_16430669.jpg
手しごとフェスタ」詳しくはリンクをご覧になってください

当社の加工場「アイバワークス」でお子さんと一緒に夏休みの思い出を作りに来て見てください。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-29 22:33 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

7月ですが大掃除

こんにちは桑山です。

相羽建設の事務所で本日7月ですが大掃除を行っております、

大掃除の一環で事務所のフリーデスク化を行いました。
d0256297_16280608.jpg
固定の事務机を持たずに各々空いているスペースで仕事ができるように物を整理しています。
そして、一人一台のキャスター付きワゴンで私物を管理して
d0256297_16280500.jpg
さらには机にもなるという代物です。

事務所に一人でいる際には空いているスペースを存分に使い作業を行います。

もちろんキャスター付きワゴンは手作りで、既存の机の下に納まるように考えて設計しました。

パソコンも収納できます。
d0256297_16382168.jpg
自分で制作したキャスターワゴン兼机、仕事がはかどりそうです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-07-11 16:39 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

ビフォーアフター

こんにちは桑山です。

たまにはリフォーム部っぽい投稿もしなければと思ったので、
今回は何枚かビフォーアフターの写真を載せてみようかと思います。

まずは玄関
上が工事前、下が工事後です。
もともとアパートだった建物で外階段を取り外してメインの玄関へアプローチには芝を植えてシンボルツリーにカエデを植えています。
d0256297_19504390.jpg
 
d0256297_19510090.jpg

続いてキッチン、以前のブログでも載せましたが柱を移設してきっちんをL字型にシンクの位置がダイニング側に向いたので料理をしながら家族との会話ができます。
 
d0256297_20375161.jpg



洗面脱衣室、外につながるドアをつぶして収納に床を杉の無垢材に壁面は調湿効果のある湯布珪藻土を塗っています。
d0256297_20172430.jpg
d0256297_20152927.jpg


ビフォーアフター同じアングルで写真を撮るの忘れてしまいがちなので、またブログに載せられるように写真撮りためておこうと思います。

明日のブログはメンテナンスリフォーム部の林さんです。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-06-27 20:39 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

現場DEカメラ

こんにちは桑山です。

最近はほとんどの人がスマホを持っていますね。

私が入社した6年前はスマホの普及率もそれほど高くなかったような気がしますが、
今では60代の職人さんでもスマホを持っていて、LINEやfaceboookで現場の写真を送ってきて、
どう納めればいい?とかこんな感じで仕上がったよと現場の写真を送ってきてくれたりします。

現場に足を運ぶ回数が減ってその分段取りに割く時間が増え効率的に仕事ができるようになっている気がします。

さて前置きが長くなりましたが、最近スマホのアプリで「現場DEカメラ」というものを入れてみました。
d0256297_17201579.jpg
このアプリどんな機能があるかというと
d0256297_17200613.jpg
こんな感じで写真の中に看板が入っています。

これのどこがいいのかというと、普段は手書きで看板を書いて写真に納めたい対象物と看板を調節して
手を伸ばしたりしながら写真を撮るので片手にカメラ片手に看板と両手がふさがってしまうのですが、
このアプリを使いうと片手が空いているので、撮りたいものとカメラの間の邪魔なものを動かしてどけることができます。

そして、もう一点いいところは
d0256297_17202246.jpg
このように看板なしの写真と看板入りの写真、両方を同時に撮ることができるのです。

看板を入れて写真を撮った後でも看板の後ろ側を見ることができて、意外と写し忘れる細かな納まりも
後から確認できたりします。

意外と邪魔になる看板をスマホで撮る事で荷物が減り大変重宝しています。


明日はメンテナンス リフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-06-13 17:42 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

床の断熱材

こんにちは桑山です。

リフォームの現場で床下に断熱材が入っていない現場がありました。
d0256297_19455080.jpg
現在ある床を壊して断熱材を入れる事はできるのですが、費用がかさんでしまいます。

床下に空間がある場合は発泡ウレタンを吹き付けての断熱を行うこともあるのですが、
今回は床下の空間もなかったので、LIXILのフロアインプラスを採用しました。
d0256297_19451300.jpg
厚さ15mmという薄さですが真空断熱材というもので十分な断熱性能を発揮してくれます。
d0256297_19445807.jpg
ピンク色の部分にだけ釘を打つことができるので慎重に穴をあけないようにしながら床を貼って完成です。
底冷えのする床からの改善ができたのではないかと思います。

建築業界いろんな建材が出ているので、カタログを見ているだけでも勉強になります。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-25 19:56 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

京都へ

こんにちは桑山です。

先週の連休中に親戚の結婚式があり京都に行ってきました。
d0256297_16590264.jpg
しっかりと京都市内を訪れたのは中学の修学旅行以来だったので実に15年ぶりでした。
当時は建築を仕事にするとは考えていなかったのでぼんやりと見ていて思い出として残っているのは歴史的な建物よりは太秦の映画村のだったりします。

と、まぁそんな感じの修学旅行だったのでせっかくだから大人になった今同じ場所を訪れてみたらみたらどう感じるのか?と中学時代修学旅行で訪れた先をトレースして観光してみました。

京都市内はいくつものバスが循環していて1日500円でバス乗り放題でした。
d0256297_17122342.jpeg

移動手段も手に入れたので、まずは朝一番に「二条城」を訪れました。

入場口になっている「東大手門」
d0256297_16571606.jpg
装飾の美しい「唐門」
d0256297_16572458.jpg


d0256297_17041827.jpg
内部は撮影禁止でしたが鴬張りの床で有名な「二の丸御殿」
d0256297_16573413.jpg
お城好きの私としてはかなり見ごたえのあるお城でした。

次に訪れたのは鹿苑寺(金閣寺)
言うまでもなく金ぴかの「金閣舎利殿」
d0256297_16581581.jpg
金閣寺はとにかく人の数がすごかった、京都市内は外国人観光客がたくさんいるんですが金閣寺周辺は特に多くいたんじゃないかと感じました。

最後に清水寺
「清水の舞台」
d0256297_16585772.jpg
学問、恋愛、長寿のご利益で有名な「音羽の滝」
屋根の吹き替え工事中で、足場は丸太で組まれていてこれはこれでいいものを見たなと感じました。


滞在したのは2日間でしたが京都を感じた充実の2日間でした。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-05-12 09:30 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)

リフォームして残すもの

こんにちは桑山です。

今回はリフォームして残したものについて。

下の写真1枚目はリフォーム前の状態写真中央やや左に写っている柱、こちらが今回残したものです。

d0256297_16192440.jpg

2枚目の写真はリフォーム後、全体の雰囲気が変わっているのでわかりづらいですが、近くのアングルから撮った写真です、右から二本目の柱が残した柱です。

柱の位置が変わっているのがお分かりになるでしょうか?

d0256297_16193119.jpg

そのままだと新しいキッチンのシンクにぶつかってしまうので撤去することになった柱を保管しておいて別の場所に移設しました。

なぜそうしたのか?

材料がもったいないから移設したわけではなく。

実はお子さんの成長記録を刻んだ柱だったのです。

d0256297_16300060.jpg

リフォームの現場だと「使えるものは使う」「使えないものは処分する」という判断を迫られます。

しかし、それとは別に「残したいから残す」という選択をすることがあります。

お客様の思い出をどうやったら残せるだろうという事を考える時間もリフォームのやりがいであり楽しいところです。

明日はメンテナンスリフォーム部の林さんです。



にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
by aibakouzibu | 2017-04-24 17:07 | メンテ・リフォーム桑山 | Trackback | Comments(0)