木造ドミノ 間仕切り配線

みなさんこんにちは、アーテックの野田です。

今年の残りもあと十日ばかりです、早いものですね。

あわてて怪我や事故など起こさないように自分も気をつけていきます。

皆様も風邪を引いたりされないようにお気をつけください。


今回は、木造ドミノの現場にて軽量鉄骨間柱による部屋の間仕切り部分の

配線工事を行っている様子を少しお伝えします。

d0256297_23025631.jpg

この銀色に輝いている角材が間仕切りの下地になります。

d0256297_23031228.jpg

この壁の中に配線を通したいと思います。

d0256297_23032619.jpg

充電ドリルの先にホールソー(金工用錐)にてパイプを通すための穴を開けます。

d0256297_23034059.jpg

あけた穴にケーブル保護用のパイプを通します。 今回はCD管を使います。

保護パイプを固定して、スイッチボックスまで電線を通します。


今回の写真では2箇所しか穴を開けていませんが、部屋の入り口のスイッチや

コンセントまで外周部にある配線長押から必要に応じて何本も穴を開けます。

仕上がってしまうと目にすることはありませんが、自宅の部屋の配線が

壁や天井のどこを通っているのかを考えてみるのも面白いのではないでしょうか?


次回の工事部ブログは渡邊さんです。
ぜひご覧ください。
お楽しみに!!




にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
d0157375_19495884.gif

あいばの不動産
d0256297_07552763.jpg


↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「つむじi-works」 ブログ HP
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  

[PR]
トラックバックURL : http://aibakouzib.exblog.jp/tb/26252312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2017-12-20 23:07 | 電気工事 野田 | Trackback | Comments(0)