緑色の手帳。

工事部・堀野です。

桜が徐々に花を咲かせつつある今日この頃。
移動中に満開に向かっている桜をみると、春になったという事を実感させてくれます。


さて、あっという間に4月。
外を歩けば新しいスーツに身を包んだ新社会人の方を沢山お見掛けいたします。
社会人たるものメモは大事!
というわけで今回は普段私が愛用しているモノをご紹介いたします。
d0256297_21050614.jpg

コクヨさんが販売している測量野帳です。
普段から作業着に入れて持ち歩いているため、ボロボロですね。
しかし水に濡れてもボロボロにならない・片手で持ってメモが可能など、
ハードな現場ではなかなか頼りになる優れものです。

測量野帳が発売されたのは1959年。発売の10年前(1949年)に測量法が制定されたのをきっかけにニーズが増大した
測量業務の現場の声を反映し開発されました。発売当時からデザインはほとんど変更されていないそうですよ。

d0256297_21051384.jpg


中身です。
3㎜方眼の帳面が使いやすくて愛用しています。
何だ白紙じゃないか!と思われるかもしれませんが、色々書き込んでいます。

現場の大工さんやお施主様との打ち合わせ、納まり方法のスケッチ、地図、部材寸法、発注メモ、
現場スケジュール、かわいいあの子の電話番号等々・・・。

なので中身は秘密です。


d0256297_21052029.jpg


















測量野帳は文具マニアの方々にも人気みたいですね。
野帳の使い手を「ヤチョラー」というのだとか。

会社内にもヤチョラーがもっと増えたら嬉しいと思った堀野でした。


明日は橋詰さんのブログです。
お楽しみに!

[PR]
トラックバックURL : http://aibakouzib.exblog.jp/tb/24054878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2017-04-05 21:23 | 工事 堀野 | Trackback | Comments(0)