ハレとケ

相羽建設にはハッキリと「ハレ」と「ケ」があります。


ウィキぺディアをみると

「ハレとケ」とは、柳田國男によって見出された、時間論をともなう日本人の伝統的な世界観のひとつ。

民俗学文化人類学において「ハレとケ」という場合、

ハレ(晴れ、霽れ)は儀礼年中行事などの「非日常」

(褻)は普段の生活である「日常」を表している。


先日の手仕事フェスタの加工場は「ハレ」

d0256297_17233335.jpg
d0256297_17324887.jpg

職人さんが黙々と作業している今日の加工場は「ケ」

d0256297_16475386.jpg
d0256297_16480683.jpg
d0256297_16481671.jpg

建物や街・場所は、その時の状況によってガラッと表情を変えます。


そして、相羽建設のもう一つの拠点「つむじ」

今週の土曜日は月の第一土曜日ということで、

月に一度の「つむじ市」が開かれます。これは「ハレ」

d0256297_17055112.jpg
晴れるといいです。


明日はメンテナンスリフォーム部の桑山さんです。

お楽しみに!




[PR]
トラックバックURL : http://aibakouzib.exblog.jp/tb/23375442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2016-08-04 16:41 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)