薩摩中霧島壁

この日、現場では増田左官工業さんが左官壁の施工をしていました。

薩摩中霧島のハケ引き仕上げです。
d0256297_21340782.jpg
道具を見ていると、光によって水平を出すレーザーがありました。
聞くと、最初の基準となるハケ引きするのに使うとのことでした。
確かに何か基準がないと真っ直ぐに線を引くのは難しいですよね。
d0256297_21342924.jpg
d0256297_21345236.jpg
最初に鏝で平らに仕上げ、壁の乾燥の具合を見て触れるか触れない程度ハケで表面を軽く擦っているようでした。
d0256297_21352569.jpg
鏝も刷毛も大小さまざまあります。
d0256297_21372393.jpg
d0256297_21371413.jpg
左官屋さんが仕事している様子を見ているのは面白いです。

そういえば左官屋さんって、何で「左官」なんですかね?
漆喰屋さんでも土屋さんでも壁屋さんでもなくて。

その説にはいろいろありますが、私が好きなのは
左官屋さんが壁を仕上げている最中に参勤交代の大名行列が来ても、
作業を止めなくてもいいように「官(位の高い)」の字を与えたという説ですがどうでしょう。

皆さんも調べてみると面白い発見があるかもしれませんよ。

橋詰

明日のブログはメンテナンスリフォーム部の桑山さんです。
お楽しみに!

[PR]
トラックバックURL : http://aibakouzib.exblog.jp/tb/22641918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2015-12-10 21:38 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)