「現場」は誰かの仕事でできている。

こんにちは!橋詰です。

相羽建設ではただいま「つむじ」というモデルハウスの建設を行っています。

このモデルハウス、実はテーマがあります。
それは、
「手仕事」と「食」をテーマに地域の食と文化が出会い、豊かな交流が生まれる場
というものです。

モデルハウスになぜテーマが?
そもそもなぜ「つむじ」?
「Why TUMUJI?」

いろいろな、なぜ?あると思いますが、
くわしくはこちらをご覧ください。
「つむじ」ができるまで

d0256297_21452153.jpg

d0256297_21443842.jpg
d0256297_2145260.jpg


モデルのテーマに
手仕事・地域・交流というものがありますが、
ふと自分の家づくりと言う仕事を思い返したとき、

地元の職人さんの手仕事によって成り立っているのがこの仕事で、
それも一人ではなく、たくさんの人の手によって成り立っている。
そんなの職人さんたちがそれぞれにプロの技をを発揮する場所、
それが今の自分の職場である現場なんだなぁ

と、コーヒーを飲みながら思ったのでした。

そして、そんな手仕事の集大成である、つむじモデルの第一弾
「つむじ i-worksモデルハウス」がいよいよOPENします!

2月28日・3月1日は完成見学会です!!!
みなさんぜひお越しください。

明日はメンテナンスリフォーム部の桑山さんです。
お楽しみに!
[PR]
トラックバックURL : http://aibakouzib.exblog.jp/tb/21573736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2015-02-20 23:13 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)