本実(ホンザネ)

こんにちは橋詰です。
昨日の長野さんからの質問、はじめて○○した話。
先日、初めてオムレツに成功しました。
今まで卵のみで作ろうとしていたのですが、なかなか上手きませんでした。
ところが、バターと牛乳を使用したら簡単にオムレツになりました。
クックパッド、いいですね。

それでは本題です
床板の継ぎ目は、本実(ホンザネ)という細工がされています。
d0256297_2039199.jpg

ちなみに左を雌実(メスザネ)、右を雄実(オスザネ)といいます。
または、「メンタ」「オンタ」なんて呼んだりもします。

この加工があれば、
①大工さんが釘を打ちます
d0256297_20321149.jpg

②次のフローリングを寄せます
d0256297_20345869.jpg

③雌実と雄実がジョイント
d0256297_20354720.jpg

すると、打った釘が見えてこない上に、木が伸縮しても床下が透けて見えることがありません。

こういった、仕上がってしまえばわからない工夫が現場にはたくさんあるなぁ、と改めて思った秋の夜長でした。
d0256297_2040687.jpg

※雌実の反対側は雄実になっています


明日はメンテナンスリフォーム部の和田さんです。

初めて○○した話おしえてください。
[PR]
トラックバックURL : http://aibakouzib.exblog.jp/tb/21251219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2014-10-28 20:58 | 工事 橋詰 | Trackback | Comments(0)