造作家具の小技

こんにちは相田です。

弊社の青葉町ドミノハウスモデルルームのリビングには造作の収納兼用ベンチがあります。
大工さんの手によるもので、使い勝手もよく好評をいただいています。
d0256297_2074438.jpg

d0256297_2085039.jpg

ただ個人的に座面の後部の処理について、もっとほかのおさめ方がないか考えていました。
物をしまうときに外せる座面は、前に荷重がかかった時に後ろが跳ね上がらないように下の写真のような桟が打ってあります。
d0256297_2095538.jpg

ここを少し変えてみました。
まず、プロトタイプを作り検証します。
板の端を斜めにして、ぴったり合う角度の壁際の受け材に差し込むようにしました。
d0256297_20104241.jpg

こちらが実際の施工例です。
d0256297_20113517.jpg

d0256297_20144996.jpg


多少なりともすっきりしたのではないでしょうか?
ただし、板のスパンが長い場合はモデルルームの様に裏に桟を打った方が強度的に望ましいと思います。

かなり些末な話になってしまいましたが、私たち現場監督は日ごろからそんなことも考えつつ、現場を管理しています。

あすのブログ担当は相羽建設の Born To Be Wild.
ハーレー乗りの桶田氏です。


にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
↑ランキング挑戦中です!あなたの1クリックが男たちの励みになります!!
d0157375_19495884.gif
↑メインHPはこちらですぜひご覧ください!

AIBA家づくり予備校 ブログ
「薪ストーブのある暮らし~ソーラータウン多摩湖町」:ソーラータウン多摩湖町 ブログ
「ソーラータウン府中」:東京都のまちづくり・府中市での16棟分譲住宅 ブログ
「あいばこ」:暮らしを楽しむイベント&リフォームショールーム HPブログ
「あいらば」:相羽建設の設計 ブログ  



[PR]
トラックバックURL : http://aibakouzib.exblog.jp/tb/20380346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aibakouzibu | 2014-02-20 20:32 | Trackback | Comments(0)